「軽くも観えるけど、すごく深い」、『クラウディア』、小栗基裕・平間壮一(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「軽くも観えるけど、すごく深い」、『クラウディア』、小栗基裕・平間壮一(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月3日

2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される、岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』で、毘子蔵(ヒコゾウ)を演じる小栗基裕さんと(廣瀬友祐さんとダブルキャスト)、龍の子を演じる平間壮一さん(新原泰佑さんとダブルキャスト)のインタビュー、後編です。

下では、作品の魅力だと感じるところ、作品のテーマについて思うこと、時勢を踏まえながら今それぞれに感じていることなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳
小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは5月に実施したものです)

ーーこの作品において、魅力を感じているところについて教えてください。

平間:軽く観ようと思えば、すごく軽く観ることができる作品だと思います。何も考えずに観ていると、面白い場面が多くて、最後は真剣な話になるなと。基本的に「愛」のような一見分かりやすいものについての話ですが、形がないから分かりやすいようで、分かりにくいものじゃないですか。

考えようと思ったらすごく深い作品ですし、「今日はただ楽しんで観よう」と思ったら、とても楽しんで観られます。そういうメッセージ性の強い部分がありながら、かといって押し付けがましい部分がないところが、僕はすごく好きですね。

小栗:やはりなぜ人間は争うんだろうと、ここ最近はずっと考えてしまいます。ウクライナのこともありますし、そもそもどうしてそうなるんだろうと。そもそもの根源を探っても探っても答えがないじゃないですか。でも、繰り返してしまうし、最近は戦争をテーマにした作品に触れることがなぜか重なって。

戦争が起きているときだけではなく、そのあともずっと傷跡を残してしまうものなのに、それでもまた起こってしまう。なぜなのかと、この作品を通しても、すごく考えさせられています。 いろいろな要素が詰まっていると作品だと思います。同じ人間だけれど、嫌いあう。ある種、同じ宗教なのに、相入れない。共通点を探せばいくらでもあるのに、 なぜ争うのか。そういうことを考えてしまいますし、観ている方にとっても、考えるきっかけになればいいなと思います。

ーー岸谷さんも製作発表で話されていましたが、時勢と重なってしまったかのようなところがありますよね。

平間:やはりお金なんですかね。

ーー争う原因ですね。

平間:よく考えるんです。お金がなくなったら、どうなるんですか?

ーー物々交換でしょうか。

平間:そうですよね。でも、なぜ人は人の上に立ちたがるのか。別にお金だけではなくとも。

小栗:劇中でもあるんです。結局、なぜなんだったか。でも、もうそういうものなんだと。

平間:割り切った感じ。

小栗:それを考えても分からないから続けてしまう。それでいいのか?みたいな。

平間:僕は神風特攻隊の話を聞いたことがあります。生き残った方にインタビューさせていただく機会があったんです。アメリカの飛行機が目の前にあって、「どっちが撃つ?」と思ったけれども、撃たずにお互い去ることが、よくあったらしいです。お互いの顔が見える距離だったみたいで。その方は戦わずに島へ降りて戦争が終わったみたいなんですが、なぜ殺すかは向こうもこっちも分からないものだったそうです。意味がないならば、上の人たちがじゃんけんでもしてよと思いますね。

ーーそういうことを考える舞台なんですね。答えは出ないでしょうが、考えるきっかけにもなりそうですね。

小栗:楽しい場面もたくさんあるので、そこを重たく構えずに観て、何か少しでも残ったら。いいバランスで作られているなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、時勢を踏まえながら今それぞれに感じていることなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■平間:舞台を普段観ていない方たちにも観ていただいて、心を動かしてもらえたら

■小栗:ダンスに加え舞台やお芝居の勉強もするようになって、いろいろと考え始めた

■平間:今回は五朗さんと寺脇さんが出ない形。新しい地球ゴージャスとして頑張る

■小栗:観て、エネルギーを自分の中に感じてほしい。みんなで元気に生きていきたい

<Daiwa House Special音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

小栗基裕 関連記事:

⇒すべて見る

平間壮一 関連記事:

⇒すべて見る

※小栗基裕さんと平間壮一さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月2日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳
小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. MOMO より:

    圧倒的な熱量のステージでした。
    幸いにも大阪公演大千穐楽で小栗さん、平間さんの共演回を観ることが出来ました。
    東京公演の一旦中止を経て、唯一となったこの奇跡に立ちあえた幸せを生涯決して忘れません。

  2. まるこ より:

    クラウディア、観せて頂きました。
    予定していた平間さんのと共演は観れませんでしたが本当に素晴らしかったです。
    これからの小栗さんの活躍に期待しか無いです。

  3. まるこ より:

    数少ないお二人の共演の1回を観せて頂きます。思いっきり熱量を感じて来ます。

  4. MOMO より:

    後半も興味深いインタビューと共に、お二人の素敵なショットをたくさんありがとうございます!!
    ジュークボックスミュージカルは初体験なのですが、全身でその熱量とメッセージを浴びてきます!!
    どうか大千穐楽まで無事走り抜けられますように🙏

最近の記事

■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.