「愛することと、愛されること」、『クラウディア』、廣瀬友祐・田村芽実対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「愛することと、愛されること」、『クラウディア』、廣瀬友祐・田村芽実対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月6日

2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される、岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』で、毘子蔵(ヒコゾウ)を演じる廣瀬友祐さんと(小栗基裕さんとダブルキャスト)、クラウディアを演じる田村芽実さん(門山葉子さんとダブルキャスト)のインタビュー、後編です。

下では、毘子蔵という役について廣瀬さんが考えていること、クラウディアと「愛」について、お客さまに届けたいこと、初めての地球ゴージャス公演出演への想いについて伺った内容と、お互いへのエール、お客さまへのメッセージを紹介します。

廣瀬友祐さん(左)と田村芽実さん(右)=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん(左)と田村芽実さん(右)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは5月に実施したものです)

ーー毘子蔵という役について、廣瀬さんはどのようなことを考えていらっしゃいますか?

廣瀬:役割的にもクラウディアは、めいめいが言ったように、背負っているものが大きいと思うんです。でも、毘子蔵は一国の長ではありますが、このクラウディアの世界観よりは、ただその瞬間を必死に生きている男だと思うんです。だから、クラウディアや細亜羅などは気づいてしまっているがゆえのつらさ、悲しさ、儚さが最終的に出ると思いますが、それ以外の人間は気づいてないからこその悲しみが出るのだと思うんです。最終的に愚かさに辿り着くまでの道筋が違うので、その辺りをどう見せるかはこれからの稽古で仕上げていくんだろうなと思います。

この作品で、「愛すること」と「愛されること」が、すごく僕の中で引っかかるんです。「愛すること」と「愛されること」、自分はどっちに最初に気づくのだろうと。「愛してしまったから、愛というものに気づくのか、愛されたから気づくのか」ということを、今自分の中で考えていて、そこが変われば捉え方も変わるだろうなと思っています。

ーー今の段階では、どちらが先だと思っていらっしゃいますか?

廣瀬:まだあまり深くは考えられていませんが、ストーリーの流れで考えると「愛すること」なのかなと思っています。今のところそうですが、最終的に愛されることにも気づくので。その気づき具合の威力が、どっちの方が破壊力があって、最終的な毘子蔵の生き様みたいなものに繋がっていくのかは、これからかなと。五朗さんは「毘子蔵はあまり分かっていなくていい」みたいなことを、ちらっとおっしゃっていました。

稽古の段階で、このメンバーで作りあげていったときに感じ取るもの、見えてくるものが変わってくるのだとしたら、そういう方向性も可能性としてはあるので、これからどうなるかなと。クラウディアとの関係から変化していく部分もあって、そこで最初の愛というものに触れるのだとしたら、そういう作り方になっていくかもしれませんし、愛されることによって、もっと違うものになるかもしれません。でも本当に大雑把に捉えていて、今はとにかく怪我をしないようにしようと思っています。

ーーそれは大事なことですね。田村さんは、今の廣瀬さんの話についてお話ししたいことはありますか?

田村:クラウディアは愛することを止められない、川の流れのように愛情があふれ出てしまう女性だと思いますが、やはり毘子蔵など、ほかの人の愛の捉え方は、彼女とはまったく違うなと思っています。本読みをした時点で、織愛と毘子蔵の最後のシーンを読んでいるのを聞いているだけで涙が止まらなくて、本当に心を打たれて感動するシーンなんです。一番泣いてしまうシーンなので、そこはふたりの愛の答え合わせのようだなと感じました。自分の感情というところから紐解くと、愛される、愛するということはこの作品の大きなパート、テーマになっているなと、今の廣瀬さんのお話を聞きながら感じていました。

ーーそこが大きな主題でもあるし、観客にも届けたい部分でしょうか。

田村:お客さまも心を打たれるのではと思います。主役の細亜羅とクラウディアの大きな恋愛が動いているシーンも、もちろん心を打つと思いますが、実はその裏で、織愛は毘子蔵を愛していく。その一番最後の恋愛のシーンは、本当に胸を打つものがありました。

ーーでは、廣瀬さんはそこが見せ場になりますか?

廣瀬:僕は怪我しないようにする…(笑)。

(一同笑)

廣瀬:本当に衰えを感じているんです(笑)。

田村:今おいくつでしたか?

廣瀬:今年37歳。

田村:本当に? イケメンですよね。

廣瀬:ははは! よく言うわ! 去年1年間コロナの影響を受けて、僕も舞台に立てなかった人間なので、その分フィジカル的にだいぶん落ちたんですよね。この間、『INTO THE WOODS』を久々に全公演できましたが、あの作品はフィジカル的に大変な作品ではなかったですから。今回、アクションも久々にやりますし、汗をかきながら肉体を動かすことに対して、今ビビりながら体を作り直している最中でもあります。とにかく、怪我をしたくないですね。

ーー殺陣も見どころですよね。

廣瀬:そうですね。

田村:めっちゃかっこいいと思う。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、初めての地球ゴージャス公演出演への想いについて伺った内容と、お互いへのエール、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■廣瀬:五朗さんや寺脇さんがこの作品をご覧になって、悔しがるくらいのものにする

■田村:マット運動での五朗さんの熱量。私も五郎さんに同じくらいの熱量をぶつける

■田村:あまりにもタイムリーな作品。それを体現する者として、覚悟をもって挑む

■廣瀬:僕らができることはすごく微力。でも、とても大事な変化の一歩目になるかも

<Daiwa House Special音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

田村芽実 関連記事:

⇒すべて見る

※廣瀬友祐さんと田村芽実さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月5日(金)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

田村芽実さん=撮影・岩村美佳
田村芽実さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. パンダうさぎ より:

    廣瀬さんと田村さんの共演舞台を拝見するのは3回目になりますが、とても個性的で感受性豊かなお2人なので、観ていても色々な面から楽しめます。今回廣瀬さんは特にかっこよさが際立つ殺陣のシーンが、印象的です。お二人の益々のご活躍をこれからも楽しみにしています。

  2. さんみみ より:

    意外にも二人の良きバディ感が垣間見える記事で、とても面白かったです。週末の初観劇がさらに楽しみでなりません。

  3. しふぉりん より:

    いつも読み応えのあるインタビューをありがとうございます。お二人の役への思いを知ることができて 大阪公演の観劇がますます楽しみになりました。

  4. 甘栗 より:

    このお二人の組み合わせは意外でした!
    これまでとは一味違う、とても新鮮な対談ですね。
    今回の作品についてのみならず、色々と興味深く読ませて頂きました。
    そしてクラウディアについては、初日観劇の際に感じたことの答え合わせが出来た部分もあり、次回の観劇が更に楽しみになった部分もあり…次の観劇が待ちきれません!
    素敵な記事とお写真、ありかとうございました!

  5. ゆっきーな より:

    すごく穏やかでありながらも、作品への愛が溢れる素敵な対談だと思いました。素晴らしいお写真もありがとうございます!
    作品を通じてさらに2人の表現からたくさんのことを感じたいと思いました。
    素晴らしいインタビューありがとうございました!

最近の記事

■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.