「とても身勝手にも見えるかも」、『クラウディア』、廣瀬友祐・田村芽実対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「とても身勝手にも見えるかも」、『クラウディア』、廣瀬友祐・田村芽実対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月5日

岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』が、2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演されます。アイデアニュースでは、毘子蔵(ヒコゾウ)を演じる廣瀬友祐さんと(小栗基裕さんとダブルキャスト)、クラウディアを演じる田村芽実さんにインタビューをしました(門山葉子さんとダブルキャスト)。上、下に分けてお届けします。

上では、稽古やカンパニーについて感じていること、『るろうに剣心』や『WEST SIDE STORY Season2』での共演を経て感じているお互いへの印象のこと、クラウディアという役について田村さんが考えていること、廣瀬さんから見たクラウディアのことなどについて話してくださった内容を紹介します。下では、毘子蔵という役について廣瀬さんが考えていること、クラウディアと「愛」について、お客さまに届けたいこと、初めての地球ゴージャス公演出演への想いについて伺った内容と、お互いへのエール、お客さまへのメッセージを紹介します。

廣瀬友祐さん(左)と田村芽実さん(右)=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん(左)と田村芽実さん(右)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは5月に実施したものです)

ーーお稽古や、カンパニー全体の感触などをお聞かせください。

廣瀬:稽古の段階としては本読みを2回くらいやって、それぞれがアプローチしてみようかなと思っているキャラクターで読み合わせをしたくらいです。ダンスや芝居の流れ、立ち回りが初歩的についたときの作品のもつエネルギーは、多分すごいことになるんだろうなと思えるカンパニーですね。

田村:メインキャストはダブルキャストなのですが、それぞれ違った演じ方や捉え方をしていて、本読みがすごくおもしろかったです。いい意味で、私自身もたくさん迷って、今もどんなお芝居をしようかと悩んでいる最中ですね。

ーーどんな役にするのかは自由なのですか?

田村:五朗さんとご一緒するのは初めてですが、印象としては、本人がもってきたものを拡張していくタイプの演出家さんのような気がしていて。だから、きっと五朗さんの方から「あれをしろ」「これをしろ」ということはないんだろうなと。逆に自分がこういうふうにやりたいですと提示しないと、空っぽなお芝居や役づくりになってしまうのかなと思っています。だから、まずは自分から提示しないといけないのかなという印象はありました。

廣瀬:さすが、めいめい(田村さん)だね。

田村:(笑)。

廣瀬:本当に、めいめいと同じ印象です。五朗さんとは、以前『フラッシュダンス』でご一緒しましたが、まさにご自身がプレイヤーであるからこそ、それぞれの役者に寄り添って、引き出して、引き上げていくようなやり方をされる印象はあります。最初から、そう感じるめいめいは、さすがだなと思います。僕は個人的に、めいめいは好きな俳優さんなんです。全然違う話になりますが、僕は極力嘘をつかないで生きていこうと決めていまして。リップサービスで人を喜ばせることはやめようと、ここ数年で強く感じているので、めいめいのことが嫌いだったら「嫌い」と言っているくらい正直に言っています。

田村:ありがとうございます。今、そう言っていただけて嬉しいですが、私も廣瀬さんにおこがましくも親近感みたいなものをもっていて。お芝居を組み立てたり、役を作っていったりする上での、廣瀬さんの作り方がすごく好きです。『WEST SIDE STORY Season2』の前に、『るろうに剣心』というミュージカルでも一度共演させていただいていますが、廣瀬さんはイケメンだし、すごくかっこいいじゃないですか。

廣瀬:本当にそう思ってる?

田村:いつもイケメンって言ってるじゃないですか!

廣瀬:それは信じてないわ(笑)。

田村:なんでですか(笑)。イケメンなのに、イケメンっぽくないというか。そこではないところで、お芝居を作っていらっしゃるんだなと、見ていてすごく感じています。今回のお芝居では結構キャッチボールをするシーンがあるんですが、それが本当に楽しみです。お芝居の相談なども、素直に腹を割って話せる先輩なのではないかと今から楽しみにしています。

廣瀬:そう言ってもらって、ほっと一安心。本当に僕もおこがましいですが、めいめいと似たような感覚というものはあるんだろうなと感じています。多分、めいめいは、ちょっと「くせ者」だと思うんです。「歪んでいる人間」というか。

田村:なんで分かるんですか!?

廣瀬:まとまった、ベタなところへ行きたくない、ねじれ根性みたいなものがあると思うんです(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、クラウディアという役について田村さんが考えていること、廣瀬さんから見たクラウディアのことなどについて話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6日掲載予定のインタビュー「下」では、毘子蔵という役について廣瀬さんが考えていること、クラウディアと「愛」について、お客さまに届けたいこと、初めての地球ゴージャス公演出演への想いについて伺った内容と、お互いへのエール、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■廣瀬:「クラウディア」でめいめいが目指しているニュアンスは、らしくて面白い

■田村:マリアと同じようにまっすぐなクラウディア。行動を起こす理由に両者の違い

■田村:クラウディアの愛に共感してもらえなければ、かなり嫌な印象を与える役かも

■廣瀬:自分自身が幸せを感じたり、熱をもってその瞬間を生きたりすることに尽きる

<Daiwa House Special音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

田村芽実 関連記事:

⇒すべて見る

※廣瀬友祐さんと田村芽実さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月5日(金)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ねね より:

    廣瀬さんとめいめいの組み合わせ、ダブルキャストがいる中でお互い話し合うのではなくての組み合わせで面白い組み合わせをありがとうございます。クラウディアの壮大さとそれを演者として伝える中で大切にしていることを知れてよかったです。
    ありがとうございます。

  2. パンダうさぎ より:

    廣瀬さんの舞台は、毎回必ず拝見しますが、今回の殺陣のシーンは、物凄くかっこよく、また廣瀬さんの良さがさらに際立っていると感じました。また田村さんの歌声は、心に響き、歌詞もよく理解出来ました。またリピートして拝見させて頂きます。

  3. ゆっきーな より:

    この2人の対談にされた意図も面白いと思いましたし、相変わらず素敵なお写真で嬉しいです。
    めいめいと廣瀬さんが繋がらないようでいて、似ている部分があるというところがとても面白かったです。
    昨日の初日もとても素晴らしいものでしたが、どうやって創った人物像なのかが想像できました。
    次回以降の観劇がより楽しみになりました。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.