「ポールとコリーの最大の敵はアパート」、『裸足で散歩』加藤和樹(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ポールとコリーの最大の敵はアパート」、『裸足で散歩』加藤和樹(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年9月10日

2022年9月13日(火)に東京で開幕する舞台『裸足で散歩』で、ポールを演じる加藤和樹さんのインタビュー後編です。「下」では、本作の見せどころ、ポールとコリーのキャラクターについて、ストレートプレイだからこその感覚、舞台『冬のライオン』の演出をされた森新太郎さんとのことなどについて伺った内容と、読者の方へのメッセージを紹介します。

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

ーー今回の作品では、どのあたりが見せどころになりそうですか?

やはりコリーとの関係性ですね。最初は本当にラブラブなのですが、夫婦になることでお互いをどう見ているのか、相手にどうなってほしいのかという欲求がすれ違ってケンカになり、離婚の話まで出るわけです。ありがちだなとも思いますが…いきなり結婚して、まだ6日目でしょ?って(笑)。「こんな人だとは思っていなかった」ということが次々と浮き彫りになっていくので、お互いについて初めて知っていく部分が多い状況なんです。

そこで全てがわかるわけもないのに、起こったことを何もかも真に受けてしまって、「もうあなたとはやってられない」と。「早くね? 」とも思うんですが(笑)。元吉さんもおっしゃっていましたが、「二人にとっての最大の敵は、このアパートである」と。

ーーアパートですか?

二人が住んでいたのがこのアパートでなければ、きっとうまくいっていたんです。階段や間取りも変ですし、しかも寒いし…とか。このアパートでなければ、二人とも幸せに、ポールの仕事もうまくいくし、コリーも自分のやりたいことができたはずなので、状況をどう克服していくかが課題になるわけです。

そして、このアパートをにやってくるコリーのお母さんとヴェラスコさんを、二人でどうやり過ごすというか、どう味方につけるか。コリーは、みんなが幸せになることが、自分たちの幸せにもつながるし、自分が幸せだからこそ、みんなにも同じように幸せになってほしいという、めちゃくちゃ前向きでポジティブな人なんです。根っからのハッピーポーなんですね。

でも、ポールからすると「お母さんにはお母さんの幸せがあるよ。どうして、変なおじさん(ヴェラスコさん)と結びつけようとするの?それはおかしいよ」と。彼は、すごく現実主義だからこそ、堅物だとも言われたり、自分の殻を破れないところがあります。コリーの言葉を借りれば「ただ、見ている人」になるんです。状況を客観視して、自己分析をする。ポールのそういうところは、僕自身とも似ています。そりゃ、この二人は合わないよなと思います(笑)。

ーーポールとコリーの出会いまでのことは、高田さんと共有されていますか?

元吉さんに言われたことも踏まえつつ、なんとなくではありますが、ビビッと運命的な出会いを果たして、お互いがいないと生きていけない!となり、勢いで結婚したという感じです。

ーー現代だと、逆に、あまりないシチュエーションなのかもしれないですね。

そうかもしれません。当時、結婚して奥さんがいるということが、男として仕事をしていく上で、ひとつのステイタスにもなっていたので、離婚の話については、ポールはすごくシビアになるんです。ポールとコリーの結婚観の違いもあって。コリーは、結婚したら、ずっと一緒に過ごしたい!という考えなのですが、ポールは、結婚したからには自分はちゃんと働いて、お金を稼いで、まずはそこからと、安定した生活を求めます。

それは二人の育ちの違いもあるのだと思います。コリーは、お嬢様で箱入り娘。すごくお上品なお母さまがいて、自由奔放に育ってきた。一方で、ポールは真面目にコツコツ勉強して、やっと弁護士になれた。石橋を叩いて渡るタイプなので、冒険はしないんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ストレートプレイだからこその感覚、舞台『冬のライオン』の演出をされた森新太郎さんとのことについて伺った内容や読者の方へのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■ストレートプレイならではの、どっぷりと芝居に浸かることができる時間を

■相手あってのことだから、本番でも変わっていく。そこを感じながら芝居したい

■森さんが「俺は、白井さんより優しかっただろ? いろんなところで言えよ」と(笑)

■皆さまの日常に寄り添える作品。クスクスと笑えて、心がほんのり少し軽くなる

<舞台『裸足で散歩』>
【東京公演】2022年9月13日(火) 有楽町よみうりホール(プレビュー公演)
【東京公演】2022年9月17日(土)〜9月29日(木) 自由劇場
【兵庫公演】2022年10月1日(土)〜10月2日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【大阪公演】2022年10月5日(水) 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
【神奈川公演】2022年10月8日(土)〜10月9日(日) KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
【東京多摩公演】2022年10月11日(火) パルテノン多摩 大ホール
公式サイト
https://hadashidesanpo.jp

『裸足で散歩』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

※加藤和樹さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月9日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできまです。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みゆたん より:

    毎回内容が充実していて読み応えがあり大満足です。今回の作品は和樹君初めてのコメディですが、想像を遥かに超えた面白さでした♪笑い過ぎて泣きました(笑)また新たな和樹君を観られて最高でした!

  2. より:

    後半も楽しく読ませていただきました。登場人物の関係性やそれぞれの本音など、作品をイメージできる言葉がたくさんあって観劇する日がより楽しみになりました。有料部分のお写真がとても好きなので、ぜひたくさんの人に見てもらいたい!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.