「ルドルフの楽屋からの戦友」、『キングアーサー』、浦井健治・伊礼彼方(上) | アイデアニュース ;

新着 予定 プレゼント 動画

「ルドルフの楽屋からの戦友」、『キングアーサー』、浦井健治・伊礼彼方(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年12月24日

ミュージカル『キングアーサー』が、2023年1月12日(木)から2月5日(日)まで東京・新国立劇場中劇場で、2月11日(土・祝)から2月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場大劇場で、2月24日(金)から2月26日(日)まで兵庫・兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホールで、3月4日(土)から3月5日(日)まで愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで上演されます。

アイデアニュースでは、アーサー役の浦井健治さんと、メレアガン役の伊礼彼方さん(加藤和樹さんとダブルキャスト)にインタビューしました。「上」では、2008年のミュージカル『エリザベート』でのルドルフ役以来続いているお二人ならではのお話や、お互いへの想い、ショーアップされた本作では芝居を見せることも求められていると感じたということなどについて伺った内容を紹介します。後日掲載するインタビュー後編では、稽古が始まった後のお二人のインタビューをお届けする予定です。

浦井健治さん(右)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
浦井健治さん(右)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

ーーお二人のご出演が発表になった時から、ぜひ対談をお願いしたいと思っておりました。懐かしさはありますか?

浦井:もちろん!

伊礼:ありますね。

浦井:会っていなくても、会っている感覚があります。

伊礼:わかる。

浦井:彼方が頑張っている姿は格好いいですし、同世代ということが励みになるんです。特にコロナ禍になって、彼方がいろんなことを考えて行動しているのは、すごく刺激になっています。自分も含めて先輩と呼ばれる立場になってきても、色々言い合えるのは嬉しいし、だんだんその貴重さを感じるようになるんですよね。

伊礼:2008年の『エリザベート』から一緒ですからね。小学校や中学校の友達みたいな感じ。会っていないけれど、会えばすぐにその頃に戻るみたいな。

浦井:あるね! 和樹ともそうでしょ?

伊礼:そうそう。撮影でもそうだったけど、健ちゃんは真面目にやってくれないから。

浦井:彼方とだと嬉しくなって、楽しくなっちゃうんですよ。

伊礼:そのスイッチが入っちゃうんだよね。二人とも語彙力もなくなるね。

浦井:なくなる!

伊礼:小学生同士みたいな(笑)。

ーー子どもに返ってしまうんですね。

伊礼:だから楽しいですよ。

浦井:出会った当時はとにかくがむしゃらで、よくわかっていなかったけれど、いろんな人に揉まれていて。二人で定食屋さんに入ったり、牛丼を食べに行ったり、そういう時間も楽しかったね。

伊礼:そういう頃があったね。

ーー『キングアーサー』が上演される2023年となると、2008年から15年が経ちますね。お互いを客観的にご覧になってみると、いかがですか?

伊礼:俺は彼の背中をずっと見ているので。

浦井:俺も背中を見てるよ。

伊礼:早々に売れた同世代だから。

浦井:いやいや。

伊礼:彼は、当時から自己プロデュースがちゃんとできていて、客観的に周りが見えて、自分はこうするんだと覚悟を決めて、言葉にできていたんですよ。覚えてる? ルドルフの楽屋で「俺はこうする」と言っていたからね。

浦井:あったね。

伊礼:俺はもっと自由奔放に、「健ちゃんの逆を行くわ」と軽く言ったけれども、それが心地良かったですし、実際にその道で、どんどんのし上がっていっていると実感しているので、ようやく追いついてきた感じですね。最初は、すごく先を行かれてしまったから。

浦井:とんでもない。自分も必死に駆け抜けてきた感じ。彼方は、ストレートプレイをすごく大切に二人芝居をしていたり、マネージャーさんと二人三脚でやっていたり、社長になったり、周りの人達に何ができるかと考えたり、自分のことをまずは置いておいてとか、いろんな意味で人間力がすごいのが彼方なんだよ。それを一番感じたのが、彼方が自分のルーツである故郷のアルゼンチンに行くという話を見た時でしたね。

伊礼:その話した?

浦井:何かに書いてあったの。ルーツを見に行き、きっといろいろと感じたからこそ、彼方は、さらに変わっていったんじゃない? 今は『レ・ミゼラブル』のジャベール、『ミス・サイゴン』のエンジニアをやっている。ジャベールを観たときに、ものすごく衝撃を受けたんです。村井國夫さんがおっしゃっていたジャベール像を彼方の色で演じていて、すごく戦ったんだろうなと思うんですよ。彼方がそういうレベルでやっていることを、悔しいけど素敵だなとも思ったんです。

彼がいろんな人に頼られて、ミュージカル界を活性化している状況は、きっといろんな人が、期待している部分だとも思います。「そんなの関係ないよ」と言えちゃうのも彼方だと思うし、そういう彼の強さを感じます。とにかく色んなことをやって、作品や未来というところを考えているところは、前とは違う。いや、前も考えていたんだろうけど!

伊礼:ははは! でも、考えるようになりましたね。以前からそういう活動もしていますし、やっぱりミュージカルの底上げをしたいという思いもあるから。僕もその一つのピースになれればいいなと思っています。だからミュージカル業界の引っ張り方が、健ちゃんと違うんですよ。彼は前に出ることによって、ファンの方々の応援を増やしていく。僕は若いヤツらのケツをたたいて、少しでも中を風通しよくしていきたい。「太陽と月」みたいなところがあるんじゃないかと。これが、役どころでいう「ヒーローとダークヒーロー」みたいな。

浦井:ダークやりたいよ!

※アイデアニュース有料会員限定部分には、お互いへの想い、ショーアップされた本作では芝居を見せることも求められていると感じたということなどについて伺った内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。後日掲載予定のインタビュー後編では、稽古が始まった後のお二人のインタビューをお届けする予定です。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■浦井:2008年当時から、共演者や舞台の後輩達に、思いを伝えていた彼方

■伊礼:「意見を言っていい」と示してきた。最近の会議で、挙手する人が一人増えた

■浦井:彼方や成河とは違って、「ぽん」とやっちゃう。感覚だけでは怖くなることも

■伊礼:キングアーサーが浦井健治で、メレアガンを加藤和樹と僕。攻めているなと

<ミュージカル『キングアーサー』>
【東京公演】2023年1月12日(木)~2月5日(日) 新国立劇場 中劇場
【群馬公演】2023年2月11日(土・祝)~12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
【兵庫公演】2023年2月24日(金)~26日(日) 兵庫県立芸術文化センター  KOBELCO大ホール
【愛知公演】2023年3月4日(土)~5日(日) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/kingarthur2023/

『キングアーサー』 関連記事:

⇒すべて見る

浦井健治 関連記事:

⇒すべて見る

伊礼彼方 関連記事:

⇒すべて見る

※浦井健治さんと伊礼彼方さんのサイン入りチェキを、有料会員2名さまに抽選でプレゼントします。応募締め切りと応募フォームは後編でご案内します。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

浦井健治さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳
浦井健治さん(左)と伊礼彼方さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. さくらんぼ より:

    戦友のお二人、素敵な作品での共演、対談読み応えあり、キングアーサーますます楽しみ増し、嬉しいです。

  2. とみこ より:

    二人のインタビュー面白いです!!中々ここまで突っ込んだ話は普通無いのでいろいろ勉強になります。ありがとうごさいます。これからこの二人がどんな作品でどんな役をするのかとても楽しみです。またインタビューよろしくお願いいたします!!

  3. マリア より:

    お二人のインタビューありがとうございます。わちゃわちゃしているだけでなく、お二人ともしっかりした考えを持っているからこそ、いつも輝いているのだと思いました。

  4. ちょち より:

    大好きなお二人の対談、ありがとうございます!
    お二人の考え方や感性には共感することだらけ。
    お芝居も歌声も素顔もすべてが大好きなお二人です。
    戦友が対峙するキング・アーサー、存分に楽しみたいと思います。

  5. ヒロ より:

    キングアーサーの上演が発表され、キャストが発表されて、さらに期待が増し、先日の稽古場覗き見を見てワクワクが止まりません!
    浦井さんと伊礼さん、その他のキャストの皆様との関係性も含めて創り上げられている作品だなぁとインタビューからも伝わってきました。
    後半も楽しみです♪

  6. もも より:

    とても大切な仲間であることがうかがえますね。お二人ともそれぞれとても素敵だと思うし、それぞれの考えがあるからこそ、一緒に何か作り上げると倍以上の表現が見られると思うと本当に楽しみです!

  7. ぽち より:

    凄く読み応えのある二人の記事でした。浦井君と伊礼君の二人の深い絆と役者としての芯の部分をガッツリ読めてよかったです。今回も本当に素敵な記事を有難うございます。

  8. はるき より:

    おふたりが揃うといつも深い話、想いをされてる内容を知ることができ聞嬉しいです
    おふたりがお互いに尊敬し、想い合ってることがよく伝わってきます。
    そして、楽しそうでなにより(^^)

    後半も楽しみにしてます

最近の記事

■ 2023年1月掲載分
■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.