「“即興音楽舞踏劇”とは、新しいジャンル」、『砂の城』池田純矢(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「“即興音楽舞踏劇”とは、新しいジャンル」、『砂の城』池田純矢(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年10月13日

エン*ゲキ#06即興音楽舞踏劇『砂の城』が、2022年10月15日(土)から10月30日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールで、2022年11月3日(木・祝)から11月13日(日)まで、大阪・ABC ホールで上演されます。本作は、役者・池田純矢さんが自身の脚本・演出・出演により《演劇とは娯楽であるべきだ》の理念の基、誰もが楽しめる王道エンターテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画、「エン*ゲキ」シリーズの6作目です。テオ役の中山優馬さん、レオニダス役の岐洲匠さん、エウリデュケ役の夏川アサさん、アッタロス役の野島健児さん、ゲルギオス役の池田純矢さん、そしてアデル役の鈴木勝吾さん、さらにバルツァ役の升毅さんが出演します。

アイデアニュースでは、“即興音楽舞踏劇”と題し、即興で音楽を奏で、舞うという挑戦的で革新的な試みとなる本作で、作・演出・出演を務める池田純矢さんにインタビューしました。インタビューは、上下に分けてお届けします。「上」では、「即興音楽劇」というジャンルの着想の背景、中山さんとご自身の共通点だと思うこと、キャスティングに込められた想いなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、『砂の城』は、ご自身のお話であるということ、池田さんが考える「芸術」のこと、30代を迎える節目に思うことなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

――公式のコメントでは「アドリブミュージカル」という言葉を使っていらっしゃいましたが、「即興音楽舞踏劇」とは、具体的にはどのようなものなのでしょう?

わかりやすく端的に表すなら「アドリブ・ミュージカル」なのですが、そもそも「ミュージカル」でもなければ「アドリブ」でもないんです。「では、なんぞや?」となりますが、本当に端的に言うならば、「演劇のニュージャンル」だと思ってください。ジャンルといえば、「ストレートプレイ」「ミュージカル」「音楽劇」「ロックオペラ」などがありますが、そこに新しく、今までになかった「即興音楽舞踏劇」というジャンルが加わると思っていただけたら。

――「即興音楽舞踏劇」を着想された原点、きっかけを教えてください。

発想の原点というところで言うと、主演の中山優馬くんとプライベートで2人で飲んで話していたときに出てきた案なんです。僕らは似ている部分が結構あって、この世界に入ったのが2006年で、同期なんです。当時、僕は14歳で優馬が12歳だから、子供と大人の狭間というか、「子役」と言うほど子供ではないけれど、全然大人でもない。その狭間の時期から、この芸能界という世界に、お互い16年身を置いてやってきて、ここまで生きてこれたのは、僕らの特性といいますか……「狙って90点を取れる」んですよ。

――お仕事で「狙って90点が取れる」ということですか?

例えば、ダンス、芝居、アクションなど、何でもある程度の理解と経験があればコンスタントに、常に90点を狙える。舞台でいうと、「再現性が高い芝居を、高クオリティでできる」ということです。これって一見、すごく良いことのように思うんですが、120点を出せる役者が当然ながら居るんですよ。

でもその人は日々0点だったりする。そういう俳優が、120点を出すのを、僕らはできないからすごく羨ましく見ていて。何故なら「0か100か」というぐらい全てを捨てないと、そういう表現にはたどり着けないからなんです。でも僕たちは、90点を下回るということ、イコール「淘汰される」世界で生きてきてしまったので、90点を下回ることは恐怖。お互いそこから一歩抜け出せないんです。「どうすれば90点を下回らずに、120点に到達できるんだろう」というところが元々のスタートなんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、中山さんとご自身の共通点だと思うこと、キャスティングに込められた想いなどについて伺った内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。14日掲載予定のインタビュー「下」では、『砂の城』は、ご自身のお話であるということ、池田さんが考える「芸術」のこと、30代を迎える節目に思うこと、お客さまへのメッセージについて伺った内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■一瞬も自分に戻ることなく存在することができたら、120点を叩き出せるのではと

■「絶対観に行くよ!」と言ってくださった升さんに、土下座で出演オファーを(笑)

■優馬と並べた時の美しさで岐洲くん。オーディションで、すごく気になった夏川さん

■「爆発をしなくてもいい俳優に」という意味合いを込めて、勝ちゃんにアデル役を

<エン*ゲキ#06即興音楽舞踏劇『砂の城』>
【東京公演】2022年10月15日(土)〜10月30日(日) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】2022年11月3日(木・祝)〜11月13日(日) ABC ホール
公式サイト
https://enxgeki.com

『砂の城』 関連記事:

⇒すべて見る

池田純矢 関連記事:

⇒すべて見る

※池田純矢さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月13日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 蒼月 より:

    ずっと前から応援している純矢くんの、覚悟を決めた1作、しかと見届けました

  2. ミナト より:

    エンゲキシリーズの最新作のインタビューありがとうございました。
    久しぶりの舞台です。舞台を見る感覚というものが薄くなってしまった現在、「生」の魅力を存分に見せてもらえると思うと楽しみでなりません。また、共演者の皆様を語る言葉に深い愛を感じられるような素敵なインタビューでした。最後になりましたが、こちらのお写真はいつも本当に最高としか言えず、今回もアンニュイなお顔とポーズの魅せ方に感謝です。いつもありがとうございます。

  3. そら より:

    池田さんのインタビューはいくら読んでも足りないぐらいなのでとてもありがたいです!舞台も初日にいきます。とても久しぶりの観劇なので、本番も楽しみにしています。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.