「曲がらずに逃げずに、まっすぐ生きたいと思って」、『砂の城』池田純矢(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「曲がらずに逃げずに、まっすぐ生きたいと思って」、『砂の城』池田純矢(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年10月14日

2022年10月15日(土)から10月30日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールで、2022年11月3日(木・祝)から11月13日(日)まで、大阪・ABC ホールで上演される、エン*ゲキ#06即興音楽舞踏劇『砂の城』の作・演出・出演を務める池田純矢さんのインタビュー後編です。「下」では、『砂の城』は、ご自身のお話であるということ、池田さんが考える「芸術」のこと、30代を迎える節目に思うことなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

――『砂の城』は「準備期間含めて、長い間あたためていた作品」だそうですね。

ストーリーはそうですね。物語にするつもりはなかったというか…。言うなれば自分自身の話なので。

――池田さんご自身のお話なのですね。

僕はファンタジーが好きで、エンターテインメントが好きで。これまでずっと、そういうものを作るのが好きだと思っていたんです。僕の中のトップオブトップは、クリストファー・ノーランで「ノーランのような作品を作りたい」というのが、僕自身のひとつの「核」なんです。『-4D-imetor』(2021年)は、やりたい方向をすごく突き詰めて書けたので「よく書けたかな」と自分ではひとつ納得だったんです。ただ、「その次に何をしよう」と思ったときに「簡単なもので挑むことができない」と思ったのと、自分のそのときのいろんな心境や環境の重なりもあって、すごく人生のどん底にあったんです。

そんなときに、「どん底の自分。どん底を経験した自分は、いま一番に何を現実として受け入れて、リアルとして描けるだろう」と思ったときに、やっぱり「負の感情」だったんですね。今まで僕は、それを板の上に乗せたり本にするのは、はばかられると思っていたし、自分自身の超個人的な痛みなので「人に見せるもんじゃない」とも思っていたんです。それを切り売りしている人のことを見て「ダセェ」とも思ってました。

――そうだったんですね。しかし『砂の城』という作品が産声をあげました。

なんか、考えが変わったんです(笑)。「長い間あたためていた」という言い方はちょっと違うのかもしれないですが、長い間ずっと、自分の中にくすぶっていたもの。もしかしたら、どこか心の奥底で描きたいと思っていたかもしれない自分の醜い部分。そういうものを表現として生み出したときに、「芸術」になるんじゃないかなと思ったんです。

僕は「芸術」という分野が大好きなんですが、今まで作っていた作品が、果たして「芸術的か?」と言われると、そうではないと思います。じゃあ「芸術とは何だ?」という話になってしまうと、話が長くなりすぎるので割愛しますけど、とにかく自分も「芸術に向き合うべきだよな」という気持ちがありました。多分きっと、もう二度と書かないし、二度と書けない。これを上回る自分自身の話は絶対にないと思えるほど、自分自身の塊のようなストーリーになりましたが、自分の中での「芸術」とは、やはりすごく個人的なものだったのかなと思うんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、池田さんが考える「芸術」のこと、30代を迎える節目に思うこと、お客さまへのメッセージについて伺った内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■突き詰めたときの「己」というものの表現こそが、「芸術」たり得るんじゃないか

■今回の物語に、自分自身は「一秒たりとも出たくない」というのが本音だった(笑)

■これからは傷ついてもいいし、傷つけてもいいから、まっすぐ生きたいと思った

■偽物なんて1個もなく、「本当に上質な本物」だけの空間を、今作っている最中

<エン*ゲキ#06即興音楽舞踏劇『砂の城』>
【東京公演】2022年10月15日(土)〜10月30日(日) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】2022年11月3日(木・祝)〜11月13日(日) ABC ホール
公式サイト
https://enxgeki.com

『砂の城』 関連記事:

⇒すべて見る

池田純矢 関連記事:

⇒すべて見る

※池田純矢さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月13日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. さく より:

    舞台砂の城観劇しました
    生々しいという印象を受けるほどに人間を感じる作品でした
    記事内にあるような己の表現、本物をという部分がこの生々しい人間らしいという印象に繋がるのでしょうかね
    出たくないと思うのはきっとそれほど内臓を見せてくれてるのでしょうね
    そんな作品を観ることが出来た出会うことが出来たことに感謝です

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.