「翻訳で喜劇。挑戦した」、『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』、佐々木蔵之介(下) | アイデアニュース ;

新着 予定 プレゼント 動画

「翻訳で喜劇。挑戦した」、『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』、佐々木蔵之介(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2023年1月7日

2022年11月23日(水・祝)に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕し、12月15日(木)に宮城・えずこホールでの公演を経て、2023年1月6日(金)から1月9日(月・祝)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで、1月14日(土)に高知県立県民文化ホールで上演される『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』で、主人公アルパゴンを演じる佐々木蔵之介さんのインタビュー後編です。「下」では、アルパゴンとお金の話、「楽しい!」という喜劇ではないということ、佐々木さんの舞台への想い、本作は舞台だからこその作品だというお話、喜劇ならではの客席と舞台上との関係性のことなどについて伺った内容を紹介します。

佐々木蔵之介さん=撮影・山本尚侍
佐々木蔵之介さん=撮影・山本尚侍

(※インタビューは、大阪公演開幕前に実施しました)

ーー原作となったモリエールの『守銭奴』を読みながら、「アルパゴンはなぜ、これほどの守銭奴になったのか?」と疑問に思いました。描かれているのは一日の話ですが、アルパゴンのこの一日の前後に、何か設定のようなものは考えていらっしゃいますか?

考えていないです。僕はこの「一日の話」だけでいいと思ってやっています。彼がなぜ、そんなふうになったのかと謎解きをする気もないし、物語最後の決着自体に、ちょっとおとぎ話的なところもありますから。もちろん、掘っていけば原因はあるのでしょうが、「なぜ彼がそうなったのか」ということには、別に答えが提示されているわけでもなく、そもそも演劇は、答えを提示するものでもないです。

アルパゴンの、「お金を使わないようにしよう」「お金を多く持ちたい」ということの目的が、幸せになりたいとか、楽をしたいとかではなく、「お金を集める」ことだけなんだという話になっている。だから、彼自身がその目的を見失うと、自分のことも見失い、周りの関係性も全て失っているのだという話です。話の最初は、「ケチだ」「喜劇だ」と言いながら、最後には、彼が一番の悲劇の人物であるということが見えていくのかなと、公演をやりながら思っていました。

彼が最後にお金を取り戻した時に、もはや誰も、彼を笑うことも憐れむこともできない状態になっていて、喜劇と言いながらも、締めくくりがそうなるのかと。演出は、そういうふうにされています。

ーー「喜劇」と銘打たれてはいますが、確かにそうなると悲劇ですね。

実際に劇場で、舞台美術を見ていただくのがいいかなと思います。ビニールがまとわりつくような閉塞感、ちょっと吹き荒ぶ風、冷たい雨が降っているとか、犬の遠吠えが聞こえるとか、耳をつんざくようなベルの音が鳴るとか。そういう演出が最初になされているので、内容としては喜劇として進んでいくのですが、非常に怖い感じがあります。

「何を観ているのだろう?何が起こるんだろう?」というようなところから入っていくのではと思います。だから本当に、「やあー!楽しい!」という喜劇ではなくて。そして、演出家の真骨頂なのだと思うのですが、場面が転換されると、一気に祝祭の模様になって、また全然別のテイストに変わります。日本の色彩感覚とは違うでしょう。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、佐々木さんの舞台への想い、本作は舞台だからこその作品だというお話、喜劇ならではの客席と舞台上との関係性のことなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■一ヶ月稽古して、一ヶ月半から二ヶ月ほど本番を。一つの作品を続ける時間は貴重

■本作は、観客と板の上の人間とが、虚構だけれども分かり合えてこそ進められる演劇

■「見せつけて、笑う」のではなく「お互いわかりあって、笑う」。喜劇の方が難しい

■舞台『守銭奴』も、映画『嘘八百 なにわ夢の陣』も。大阪城繋がりのダブル初日

<『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』>
【東京公演】2022年11月23日(水・祝)~12月11日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【宮城公演】2022年12月15日(木) えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール
【大阪公演】2023年1月6日(金)~1月9日(月・祝) 森ノ宮ピロティホール
【高知公演】2023年1月14日(土) 高知県立県民文化ホール オレンジホール
公式サイト
https://www.purcarete-fes.jp/shusendo

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 関連記事:

⇒すべて見る

佐々木蔵之介 関連記事:

⇒すべて見る

※佐々木蔵之介さんのサイン色紙を、有料会員1名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月7日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

佐々木蔵之介さん=撮影・山本尚侍
佐々木蔵之介さん=撮影・山本尚侍

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2023年1月掲載分
■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.