「キュン死にする」「ハードルを(笑)」『キングアーサー』、加藤和樹・太田基裕(下) | アイデアニュース ;

新着 予定 プレゼント 動画

「キュン死にする」「ハードルを(笑)」『キングアーサー』、加藤和樹・太田基裕(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年1月12日

2023年2月5日(日)まで東京・新国立劇場中劇場で、2月11日(土・祝)から2月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場大劇場で、2月24日(金)から2月26日(日)まで兵庫・兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホールで、3月4日(土)から3月5日(日)まで愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで上演されるミュージカル『キングアーサー』に、メレアガン役で出演する加藤和樹さん(伊礼彼方さんとダブルキャスト)と、ランスロット役で出演する太田基裕さん(平間壮一さんとダブルキャスト)のインタビュー後編です。「下」では、作品の印象や魅力だと思うこと、ランスロットのナンバーのこと、2020年にお二人が共演されたミュージカル『ローマの休日』のこと、お互いの活躍などについて伺った内容と、読者の方へのメッセージを紹介します。

加藤和樹さん(右)と太田基裕さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん(右)と太田基裕さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、12月中旬に実施しました)

ーー今回の座組みはいかがですか? 面白くなると思うアピールポイントをお聞かせください。

太田:びっくり箱をバーンと開けていくような感じになりそうです。本当に濃いから、次から次へと「盛り盛り盛り」という感じです。

加藤:お腹いっぱいになって帰ることになると思います。

太田:それは間違いない気がします。それぞれの楽曲の見せ場がちゃんとありますし、ライブエンターテイメントという感じがしますね。

ーーショーっぽい感じですか?

太田:ショー感はあるかもしれないです。アンサンブルの方がすごく動いてくださって、本当にもうマッスルミュージカルみたいで、かなり華やかです。劇場に入って照明などが加わったら、すごくライブ感のある作品になると思います。

加藤:すごいものを見たなと思ってもらえれば嬉しいですね。

ーー先程、「人間くさいランスロット」とおっしゃっていましたが、ショーのような雰囲気の中でお芝居部分を見せるのは難しくないですか?

太田:難しいですが、そういうエッセンスが入ってこないと、それはそれでやりづらいところがあるので。

加藤:今は足し算をしている段階なので、ここからどんどん引き算をしていく作業に入っていくと思います。アンサンブルが踊っている人数の調整や、この動きはいらないなどのシーンもあるとは思うので。とにかく今は増し増しで作っていって、あとから考えようみたいなところはあります。

ーーそうすると、お芝居部分は引き算が始まってからでしょうか?

太田:そうですね。少し落ち着いてからかもしれないですね。

ーー太田さんはどんなナンバーがありますか?

太田:王妃(グィネヴィア)に対する思いを歌った甘々な感じの曲が多いですね。最後には「ウェイクアップ」という曲があるんですが、それは自分の葛藤、忠誠心なのか、愛なのか、何を選べばいいのか、目を覚ませと自分を鼓舞するような歌です。最後にランスロットなりの成長が垣間見えたらいいなと思います。でも、基本は王妃様ありきの曲ですね。

ーーこれまで歌ってきた歌と比べると、新しい感じですか?

太田:新しい…そうか。

ーーあまり甘々なイメージがないかなと思ったのですが。

太田:意外とそうですね。確かにそうかもしれません。誰かを想う曲は、そんなにないですね。和樹さんほどは、ないですね。

(一同笑)

太田:和樹さんは『ローマの休日』でもあったじゃないですか。

加藤:そうね(笑)。

太田:そういう意味では、もしかしたら珍しいのかもしれないです。

ーー新しい魅力を拝見できそうですね。

太田:はい、がんばります。

加藤:キュン死にする女子が多く出るんじゃないですか?

太田:あまりハードルを上げないでください(笑)。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2020年にお二人が共演されたミュージカル『ローマの休日』のこと、お互いの活躍などについて伺った内容や読者の方へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■加藤:『ローマの休日』で芝居をできる喜びを 太田:ハッピーな作品で救われた

■加藤:2.5次元作品でも存在感を残しているもっくん。両方やれるのは本当にすごい

■太田:加藤さんの2.5次元。いつか観たいですね。僕が引きずり出します(笑)

■太田:さわやかにピシッと清らかな空気を 加藤:気持ち的に前に進んでいくことに

<ミュージカル『キングアーサー』>
【東京公演】2023年2月5日(日)まで 新国立劇場 中劇場(※1月17日より開幕)
【群馬公演】2023年2月11日(土・祝)~12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
【兵庫公演】2023年2月24日(金)~26日(日) 兵庫県立芸術文化センター  KOBELCO大ホール
【愛知公演】2023年3月4日(土)~5日(日) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/kingarthur2023/

『キングアーサー』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

太田基裕 関連記事:

⇒すべて見る

※加藤和樹さんと太田基裕さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月11日(土・祝)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

加藤和樹さん(左)と太田基裕さん=撮影・岩村美佳
加藤和樹さん(左)と太田基裕さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きゃっびー より:

    和樹さんと太田くんの素敵なお話をありがとうございます。
    楽しみがマシマシになりました!!
    和樹さんと太田くんの2.5次元も実現できると嬉しいね♡

  2. kyoko より:

    アイデアニュースの記事をいつも楽しみにしております。おふたりと岩村さんが作り出す和やかな雰囲気が文面から伝わってくるようで…今回も素敵なインタビューでした。おふたりが感じている作品や楽曲のイメージなどから世界観が浮かんできて、観劇の日が更に楽しみになりました。どうか無事に幕が上がりますように…。

  3. non より:

    ローマの休日には本当に救われました。私の中のもっくんはあのイメージなので、甘々なナンバーを歌うもっくんが楽しみです笑
    記事を読んでいるとどんな演出になったのか早く観て確認したいです!

  4. りかりん より:

    キングアーサーの世界観や楽曲や演じられる人物像などを、加藤さん太田さんのお二人がとても柔らかく仲良し感満載でお話してくださっていて素敵です。共演されたローマの休日は本当に皆を明るい気持ちにしてくれた大好きな作品で、このお話も聞けて嬉しく思いました。2.5次元作品への思いもしかり。岩村さんのインタビュー記事はいつも細かいところもピンポイントで来る(笑)のが楽しいですし、ファンとしては感謝です!

最近の記事

■ 2023年1月掲載分
■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.