「目の前のことの積み重ね」『第30回 読売演劇大賞 優秀男優賞』、廣瀬友祐 (上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「目の前のことの積み重ね」『第30回 読売演劇大賞 優秀男優賞』、廣瀬友祐 (上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年5月27日

2022年の演劇界の成果をたたえる第30回 読売演劇大賞の贈賞式が、2023年2月24日(金)に行われました。アイデアニュースでは、優秀男優賞を受賞された廣瀬友祐さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。上では、受賞された直後の想い、最優秀男優賞を受賞された段田安則さんのスピーチのこと、「たとえ1人でも、その人を幸せにできる表現をしたい」という想いなどについて伺った内容を紹介します。

下では、香山弥左衛門役(海宝直人さんとダブルキャスト)で出演された『太平洋序曲』のこと、今年がどんな年になりそうかというお話、ご自身にとっての「個性と孤独」のこと、共演者やカンパニーなど、一緒に仕事をしている人たちにこそ認めてもらいたいという、廣瀬さんの想いの背景についてお話ししてくださった内容などを紹介します。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

(※インタビューは、3月末に実施しました)

ーー読売演劇大賞優秀俳優賞の贈賞式が終わりましたが、実感はわいていますか?

贈賞式で名前を呼ばれて登壇した、その一瞬だったんですけど、あの瞬間だけ実感というか本当にとらせてもらえたんだと感じました。でも、ステージを降りて元の席に戻ったら、「あれ夢だったのかな」みたいな感覚になりました。実感したのは本当にその瞬間ぐらいで、夢のような何かという感じです。

わかりやすい評価を日々もらえるわけでもなく、自分の物差しも世間的な物差しも曖昧というか、多種多様な、それぞれの魅力が活きるからこその世界でもあると思うんです。スポーツとは違って勝敗がはっきりしているわけでもないですから。その中で、迷ったり立ち止まったりしながら、「自分が今、正しいところに出ているか」「今、向かっている先がいいのか」などと考えることが多々ある中で、今回ありがたい賞をいただけたことに関しては、やっぱり自信を持つべきだろうし、感謝しています。

ーー贈賞式を経てトロフィーをもらってとなると、ちょっと感覚が変わるという感じですか?

どちらかと言ったら、プレッシャーというか、この賞をいただいたからには、生半可な気持ちではと。今までも、どんな仕事にせよ、そうやって向き合ってきたつもりですが、今まで以上に誠実に、真摯に向き合わねばという思いにはなりましたね。

ーー受賞された方々のスピーチを聞きながら、何か思うことはありましたか?

 一番印象に残っていて感動的だったのは、やっぱり大賞を受賞された「劇団チョコレートケーキ」の方々のスピーチです。世間的にも実力が認められていて、今までにもいろいろな作品を上演されていて、その中で今回30回目の対象年に公演した作品で受賞された。

尊敬してやまない先輩方は、間違いなく素晴らしいし、また何か違う切り口で本当に夢を掴まれたというか、そんな世界が広がった瞬間でした。新しい扉を開けた瞬間の光景を見た感じがして、この世界にある「夢」というものを僕自身も改めて感じられました。基本は、辛いことの方が多いんですが、こんなにも幸せな瞬間が、この世界にあるんだなということが、僕自身にとっても光になりました。

ーー受賞のトロフィーは、ご自宅ですか?

 はい! もう、緊張で、汗だくで、超汚れてたんですよ(笑)。磨いて、拭いて、綺麗にしまって置いてあります。

ーー会場の様子を拝見していて、望海(風斗)さんと会った時に、知ってる人同士がいたときの、ほっとした感じが、お互いに出ているなと思いました。

会場入りした時に、まず説明を聞く時間があって、望海さんが隣に来てくれて。ガッツリ決めたカッコいい望海さんも、「はぁ、もう、怖いっ……」みたいな同じ気持ちでいたので、その姿を見ながら「良かった!」と、ちょっと気が楽になって(笑)。全員全く知らないとはならなかったので、本当にありがたかったですよね。

ーー会場内や、その前後などでお話しされた方々など、何か印象的な出会いはありましたか?

緊張していたので、ほぼ誰とも喋っていないんですけれど、テーブルに一緒に座ったシンコーチームの社長とスタッフに、改めておめでとうと言っていただきました。これまでにもお世話になってきた制作プロデューサーだったり、お会いした方々とは挨拶しながら「おめでとうございます」と声をかけてもらったりして、嬉しかったです。

今回受賞させていただいたことで、対応が変わる大人の方々もいる世界だと思うんですよね。数字的なものやビジネスとしての選択がされた時に、その選択を受け取る側として、どこか愛が薄れているなと感じてしまったりとか、何か寂しいなって感じてしまったり、僕自身悲しい瞬間もあったんです。もちろんそれは、ビジネスをしていく上で、必要なことでもありますし、そういう方々も、その瞬間瞬間を一生懸命選択しての結果だったとも思うんです。

でもやはり、この賞をいただいたことで、今まではそんなに興味をもっていらっしゃらなかった方がわかりやすく来られるということもあるので、僕自身は、そういうところを見極めながらと。本当に愛を感じたり、本心で接してくれて、本心でそう思ってくれている人たちからのお祝いメッセージなどは、やっぱりすごく嬉しかったです。

この賞をいただくまでやってきたことは、僕にとって自分自身をひとつ肯定できるものでもありますし、僕を応援したいと思って、応援してくれているファンのみんなの気持ちも、ちょっと肯定してあげられるような出来事になったのかなということが、何よりも嬉しかったです。自分の喜びというよりも、周りが喜んでくれたのがありがたかったです。

ーーそうなんですね。

本心というところでいうと、次は、ミュージカル『マギ ーバルバッド狂騒曲ー』で、2.5次元作品を久々にやります。演出家の吉谷晃太郎さんが、熱烈にラブレターみたいなものを会社づてに送ってきてくれて、1回会ってほしいと。以前、1回仕事で関わったことがあるんですが、直接会いに来てくださっていろいろ話をして、もうそれだけでやる価値があるというか。

今までにそんなことはなかったし、海外輸入物はもちろん素晴らしいですが、商業的で大きな作品にばかりかまけて、「本当に大切な根底にあるものを、見失ってませんか?」みたいな現象が結構あると思いますし、こんなにも僕というものにこだわってくれて、求めてくれてる人に応えない選択肢はないと、今回やらせてもらうことになりました。すごく楽しみたいと思っています。

<取材協力>
衣装:スーツ・ネクタイ・靴[すべて参考商品](BOSS)/ヒューゴ ボス ジャパン(TEL: 03-5774-7670)
その他/スタイリスト私物
スタイリスト:秋山貴紀(A Inc.)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、最優秀男優賞を受賞された段田安則さんのスピーチのこと、「たとえ1人でも、その人を幸せにできる表現をしたい」という想いなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。28日掲載予定のインタビュー「下」では、香山弥左衛門役(海宝直人さんとダブルキャスト)で出演された『太平洋序曲』のこと、今年がどんな年になりそうかというお話、ご自身にとっての「個性と孤独」のこと、共演者やカンパニーなど、一緒に仕事をしている人たちにこそ認めてもらいたいという、廣瀬さんの想いの背景についてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「おめでとう、すごいじゃん」って喜んでくれた家族。母は「改めて頑張らないとね」と

■段田安則さんのスピーチに、「人生の全て」に対する向き合い方の素晴らしさも感じた

■たとえ1人でも、その人を幸せにできる表現を。贈賞式の直後はもう「次の稽古を」と

■段田さんのように、いつまでも謙虚で、その人ならではの空気感や光を持ってる方に憧れる

<ライブ情報>
廣瀬友祐 10th Anniversary Live tour ~ refresH ~
日程・エリア:2023年7月13日(木)大阪、7月14 日(金)愛知、7月21日(金) 東京
※ ライブの詳細は後日発表になります
※ 2023年7月9日(日)神奈川で、廣瀬友祐ファンクラブ「H」限定 ツアー直前 FC イベント開催予定
公式サイト
https://hiroseyusuke.info

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

※廣瀬友祐さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月27日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん(右)=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きよねぇ より:

    この記事がきっかけで有料会員になりました。昨年、廣瀬さんを舞台で拝見してから応援しています。今回受賞されて私の目に狂いはなかった!と。廣瀬さんのお気持ち、考え方やお人柄を深く知ることができてよりファンになりました。これからは過去のインタビューの有料部分をじっくり読ませて頂く楽しみができました。素敵な写真もありがとうございます♪

  2. ありあり より:

    廣瀬さんのいつも謙虚で控えめな中にブレないご自身の考えがあるところが好きです。このインタビューを読んで改めて応援し続けたいと思いました!素敵な写真もありがとうございました♪

  3. すてき より:

    授賞式のテーブルでの裏話が聞けて嬉しかったです。
    段田さんのスピーチの感想など尊敬する役者さんのお話も聞けました。
    これからも廣瀬さんの個性が輝くことを期待しています。
    アイデアニュースのお写真いつも素敵です!

  4. よっしー より:

    廣瀬さんの表現者に対するお気持ちがよくわかる素晴らしいインタビュー、そして素敵なお写真をありがとうございます。

  5. えのえの より:

    素敵な取材とお写真をありがとうございます。いつも優しい記事がうれしいです。受賞は認めていただいた証であり、廣瀬さんをご覧になったことのない方にはわかりやすい評価です。これをきっかけに、さらに機会を広げて、ご本人のささえになればと思います。ありがとうございました。

  6. m より:

    とても素晴らしいインタビューでした。知りたかった心情やご家族との面白くも素敵なお話、廣瀬さんらしいお考えやお気持ちが知れてとても嬉しいです。これからも廣瀬友祐さんのご活躍を応援しております。

  7. ひろろん より:

    素敵なお写真と素晴らしいインタビューありがとうございます。
    受賞したことを発表された時に本当に嬉しくて一日中泣きっぱなしだったのに、このインタビューでまた泣いてしまいました。
    廣瀬さんの謙虚なところや、突き詰めて努力する姿勢、素晴らしい表現力が受賞に繋がったと思っていましたが、改めて本当に素敵な考え方をされている方だなと感じました。
    いつも深掘りしてくださるアイデアニュースさんのインタビューありがたいです。
    下も楽しみにしています!

  8. パンダうさぎ より:

    廣瀬さんの、これまでの功績が、今回の素晴らしい賞で沢山の方にも伝わったと思います。色々なお役に挑戦されて、日々進化し続けるお姿が、これからも益々楽しみになってきました。ライブや舞台で、更なる飛躍を願っています。

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.