「孤独がないと個性もない」『第30回 読売演劇大賞 優秀男優賞』、廣瀬友祐 (下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「孤独がないと個性もない」『第30回 読売演劇大賞 優秀男優賞』、廣瀬友祐 (下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年5月28日

2022年の演劇界の成果をたたえる第30回 読売演劇大賞の贈賞式が、2023年2月24日(金)に行われました。優秀男優賞を受賞された廣瀬友祐さんのインタビュー後編です。

「下」では、香山弥左衛門役(海宝直人さんとダブルキャスト)で出演された『太平洋序曲』のこと、今年がどんな年になりそうかというお話、ご自身にとっての「個性と孤独」のこと、共演者やカンパニーなど、一緒に仕事をしている人たちにこそ認めてもらいたいという、廣瀬さんの想いの背景についてお話ししてくださった内容などを紹介します。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

(※インタビューは、3月末に実施しました)

ーー『太平洋序曲』が開幕していかがでしたか? 拝見して、いい意味で様々な予想していなかった驚きがありました。ダブルキャスト6名の組み合わせによっても、想像していた以上に変化があって、とても面白かったです。

舞台に乗っても難しいのは変わらず、基本的に今もそうなんですが、ダブルキャストになると、連続してできないから慣れないというか、常に初日感を感じながらです。特に僕は東京公演に関しては、3連休が2回あって、連休明けはド緊張でした。でも、基本的に舞台はそうだと思いますが、お客さんが入ることによって完成するシーンとか、つかめたものとかはいっぱいあります。だからそこで、より良いシーンや、いい作品にするために、その日ごとに変わるキャストとの僕自身の違いみたいなものに対しては、変に構えずに、計算しないで向き合いたいという想いで日々やっています。

久々のペアだとしても、「どんな感じでやってた?」とか聞かずに、舞台上で接するときに感じたものを通して生まれる積み重ねをと思っているので、初日に比べたら楽しくなってきました。セットもシンプルだし、自分が演じている香山が歌う曲の中では、特に「Poems」は割と静かな中で歌う曲だから、すごく緊張はします。でも、ソンドハイムの曲の、稽古中には全然できなかったところとか、ソンドハイムの音符の変化に自然と馴染んできている感じは、やっとこさ出てきたかなと。

ーーソンドハイム作曲の作品への出演は、3作品目ですよね。

今回は、特に難しいです。俺がちょっと考えるようになったのかな(笑)。今まで何も考えずにやってたのかな。今までは、ソンドハイムの曲のなかでも、割とキャッチーで歌いやすいっていうか、あまり不協和音が入ってこないような曲を歌っていたのかなって思います。『メリリー・ウィー・ロール・アロング』の何人かで歌う曲には、ちょっとごちゃごちゃした印象はありましたが、今回は、ソロでこんなにもリズムの変化があったり、同じ流れと思いきや1音だけ違うみたいな。曲調が静かでもあり、和楽器的なものも使っているんです。

演出のプランとしても、できる限り生っぽい感じで、スピーカーに頼らず、「生まれる質感」で届けたいという想いがあるんです。なので、本当だったらステージ上のことをもうちょっと聞こえるようにしたいって思うところも、「いや、これぐらいで届けたい」という感じでステージ上でやっているので、緊張感と難しさを今回一番感じています。

 ーー静かな舞台ですよね。観劇していても、いつも以上に物音一つ立ててはいけない気持ちになるぐらい、いろんな音が静かに響く感じがします。

今まではあまり深く考えずにやっていましたが、これまでのソンドハイム作品の中では、今回が一番ソロで歌わせてもらうことが多いので、余計に難しさを感じたのかもしれないです。

ーー『太平洋序曲』では、公式グッズのデザインをされましたよね。Tシャツは普段も着れる可愛さですね。

普通に着てもらえたら嬉しいですね。

ーー公式グッズのデザインをされるという経験は、いかがでしたか?

今までにも、自分のオフィシャルグッズをやらせてもらったりはしていたので、さほど新しい感覚ではないですが、自分がそういうふうにやらせてもらってきたからこそ、今回声がかかったというのは、ありがたいです。やってきてよかったなと思っていますし、クリアファイルにもなるなんて!と思いました。

制作からギャラをいただいてのデザイン制作は初めてで「変なもん作れない」みたいな。今までももちろん、お客様に購入いただいていたので、お金をいただくという責任はありましたが、自分主導といいますか、自分で「良い」と思って描いて、それを喜んでもらえたらよし!という感じだったんです。だから、イメージが固まっていたら大体1日や半日ぐらいでデザイン画を描いていたんですが、今回は2日間かけました。

自分の表現方法の一つとして、作品のオフィシャルグッズにまでさせていただけることは、すごく嬉しいですし、お芝居や歌ではないですが、自分というものが表現として形になるデザイナーという面でも、これからも何か広げていきたいです。

<取材協力>
衣装:スーツ・ネクタイ・靴[すべて参考商品](BOSS)/ヒューゴ ボス ジャパン(TEL: 03-5774-7670)
その他/スタイリスト私物
スタイリスト:秋山貴紀(A Inc.)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、今年がどんな年になりそうかというお話、ご自身にとっての「個性と孤独」のこと、共演者やカンパニーなど、一緒に仕事をしている人たちにこそ認めてもらいたいという、廣瀬さんの想いの背景についてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■今年も表現をマイペースに磨く。応援してくださる方が幸せになってくれたら嬉しい

■役者や表現者は、本当に孤独。そこに向き合うために何かしらの犠牲を払っている

■ギリギリ立っていられるか、立ち上がれるかぐらいの孤独を、常に感じていたい

■いつも一緒にいる共演者にこそ、常に新鮮な表現を。西田大輔さんの劇団で教わった

<ライブ情報>
廣瀬友祐 10th Anniversary Live tour ~ refresH ~
日程・エリア:2023年7月13日(木)大阪、7月14 日(金)愛知、7月21日(金) 東京
※ ライブの詳細は後日発表になります
※ 2023年7月9日(日)神奈川で、廣瀬友祐ファンクラブ「H」限定 ツアー直前 FC イベント開催予定
公式サイト
https://hiroseyusuke.info

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

※廣瀬友祐さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月27日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. エリコ より:

    表現者としても毎公演新鮮で沢山の顔をお持ちで同じ人と思えない程の役になりきっているので凄い努力されてる方で圧倒されます。
    アーティストとしてもイケメンで歌も上手いしお茶目な一面もあり応援したくなるファンの1人です。
    飾らない人柄が大好きです。
    マギ2のような面白い一面もまた舞台で観てみたいです。

  2. すてき より:

    廣瀬さんは本当に自分の気持ちに正直にお話ししている印象ですよね。媚びない誠実さが魅力的です。受賞後も変わらず、でも苦しみながら表現を磨いていく廣瀬さんの今後の活躍が楽しみです。これからも応援します。いつもアイデアニュースの写真素敵です!赤い薔薇とスーツできめた廣瀬さん最高ですね。

  3. パンダうさぎ より:

    太平洋序曲での廣瀬さんのお役が、とても印象的で、これまでにない廣瀬さんがまた拝見出来ました。ソンドハイムさんの楽曲と、廣瀬さんの歌声が絶妙にマッチし、観劇後もしばらく頭の中で流れ続けていました。繊細なところまでの所作や、舞台に向き合っていらっしゃるお姿は、いつもキラキラ輝いています。2023年の後半も楽しみが尽きません。

  4. よっしー より:

    今回も廣瀬さんの色々な思い引き出すインタビューをして頂きありがとうございます。

  5. ゆかゆ より:

    太平洋序曲を観劇した時の様々な感情が甦る素敵なインタビューありがとうございます。有料会員向けにこんなに素敵なお写真もたくん見せてくださり嬉しいです。
    廣瀬さんの香山が唄うpoemsは妻たまてへの静かだけど深い愛情がとても感じられそれを友に聞いてくれって言ってるようでその後のシーンの衝撃と降り幅が大きくて最後までこのシーンが頭から離れませんでした。グッズに廣瀬さんのイラストが太平洋序曲の世界観をぎゅっと詰め込んでありとても嬉しかったです。
    表現者としての廣瀬さんをこれからも応援したいと思いました。

  6. E より:

    インタビュー(上)に続き、とても読み応えのあるインタビュー記事でした。フリーランスの覚悟と成果、廣瀬さんも岩村さんも楽しみにしています。

  7. ひろろん より:

    今回も素敵なインタビューとお写真ありがとうございます!
    カッコよすぎてうっとりしました。
    去年はコメディ作品で個性を、今年は様々な作品でそれぞれ違った廣瀬さんの表現を、と観ていけるのがとてもしあわせだなと思っています。
    太平洋序曲のデザインのお話も聞いてくださっていて嬉しいです。あのクオリティを2日で作り上げたのが凄すぎて驚きました。また作品の公式グッズのデザインもしていただけたらグッズ買うのが楽しみだなと思います。
    これからも応援しています!

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.