「出ずっぱりのシンドバッド」「おいしい役のサブマド」、『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』廣瀬友祐・村井成仁(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「出ずっぱりのシンドバッド」「おいしい役のサブマド」、『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』廣瀬友祐・村井成仁(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年6月1日

2023年6月9日(金)から6月18日(日)まで東京・品川プリンスホテル ステラボールで、6月24日(土)と6月25日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールで、『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』が上演されます。アイデアニュースでは、シンドバッド役の廣瀬友祐さんと、サブマド・サルージャ役の村井成仁さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

「上」の無料部分では、稽古場写真とともに、稽古のこと、廣瀬さんが最年長の現場であるということ、その姿を見ながら村井さんが感じていること、廣瀬さんが密かに心掛けていることなどについて伺った内容を紹介します。有料部分では、『パジャマゲーム』から6年ぶりに『太平洋序曲』で共演したお二人と、海宝直人さんの3人で旅行したいというお話、初めての共演の時から「互いに印象が変わらない」ということなどについてお話ししてくださった内容を紹介します。「下」の無料部分では、作品のストーリー、互いの役について伺った内容と、普段あまり2.5次元作品をご覧にならないお客様に向けたメッセージを紹介します。有料部分には、プライベートでもいろいろなことを話すというお二人が、お互いのことについてお話ししてくださった内容などをお届けします。

廣瀬友祐さん(右)と村井成仁さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん(右)と村井成仁さん=撮影・岩村美佳

ーー稽古が始まって、どんな印象ですか?

廣瀬:むら(村井さん)が演じるサブマド・サルージャという役がね、すごいおいしい役なんですけど、出番的にはそんなにしょっちゅう出てくるわけではないから…。現状の前半部分の稽古には全然いなくて、むらを頼りにしたかったのに、「稽古場にいてくれない」って、早速ちょっと出鼻くじかれました(笑)。

村井:(笑)。稽古に合流してこんなスピードで出来上がってるんだってびっくりしました。

廣瀬:そうだね。

ーー数々のミュージカル作品に出演されていますが、その中でも早い感覚ですか?

村井:今回だけなのかもしれないですけど、僕が普段携わる作品だと歌稽古から始まるんですが、先にミザンスをつけている感じなんです。

ーーまず舞台の形を作っていっているんですね。

村井:それをやりながら合間で歌稽古もやったり、振り付けをやったりしているんですけど、とにかくスピードが速くてね

廣瀬:かといって、余裕があるわけでもないしね。むらと対照的に、僕が演じるシンドバッドは思った以上に出てるんですよ(笑)。

村井:(笑)。

廣瀬:出番が多いのはわかっていたことだけど、台本を冷静に1ページ1ページ開いていくと、どのページにもシンドバッドっていう名前が見えて。

今回、話の主軸になるのは、アリババ(猪野広樹さん)とカシム(廣瀬大介さん)の2人ですが、猪野広樹くんが演じているアリババもほぼ出ずっぱりで「大変だな、広樹」と思いながらちょっと余裕な感じで構えていたら、常に一緒に出ているみたいなところがあって。立ち稽古が始まってすぐに、広樹もみんなも基本的に台本を持たずに、7割ぐらいのミザンスも流れで作っていきました。だから、覚えなきゃいけないセリフもそうだし、段取り的なものもそうだし、情報量がすごくて。でも、もう前半部分の稽古が、今日で終わるのか。

村井:今日で終わりますね。大変ですね。毎度のことですけど。

ーー廣瀬さんは、キャリアの最初は2.5次元作品に出演されていましたが、村井さんは2.5次元作品は初めてですか?

村井:そうですね。ジャンルという意味では初めてだと思います。手塚治虫の『ブッダ』をミュージカルにした、栗山(民也)さん演出の作品には出演したことはありますが、おそらく「2.5次元」というジャンルを意識して作っていなかったと思うので、世で言う2.5次元作品としては初めてです。

ーー何か違いは感じていますか?

村井:前回の第1弾の映像を見させていただいたのですが、エンタメ性がすごく高く、当たり前ですが既に漫画、アニメとして作品が完成されている分その世界にスムーズに入っていけるし、日本のオリジナル作品だから、言葉やメッセージがすごく刺さりやすいというか。普段ブロードウェイ作品や翻訳劇を多く観ている方々にも、ぜひ観てもらいたいなと思います。

ーーいまおっしゃった「エンタメ性」というのは、具体的にどんなところでしょうか?

村井:まず、歌やダンスはもちろんですが、アクションも多いし、映像も上手に使われていてファンタジーの世界に自然と没入できる感じ。『マギ』自体のストーリーにある、すごく純粋で、どんな人にも刺さるようなメッセージがダイレクトに届く。久しぶりに「新鮮さ」を感じています。ブロードウェイミュージカル、グランドミュージカルに続けて出演させてもらった分、また違った新鮮な世界ですごく新鮮に楽しくやらせてもらっています。

ーー表現が違っていたら申し訳ないですが、大人になって遊園地とかにいくと、「やっぱり楽しい! 忘れてたけどでも好きなんだよね!」みたいなことに近いですか?

廣瀬:そういうところあるよね。

村井:あるある。今までなかなか2.5次元を観に行く機会もなかったんだけど、やっぱり観なきゃいけない。

廣瀬:観たことある?

村井:実はないのよ。最近、帝劇とかでもやり始めているような作品とか、「これは2.5…?」的なストレートのお芝居は観に行ったことがあっても、いわゆる「ザ・2.5次元ミュージカル」というものは観たことはないんだよね。『刀剣乱舞』とか有名作品も、観に行ってみたいなという気持ちはありながら、まだ一度も観に行けてないんです。でもやっぱり早く観なきゃと思いました。

廣瀬:僕は最初の現場が2.5次元だったから、この稽古場の雰囲気と音楽とか、見せ方としてのテイストみたいなのが、どこか懐かしいなと思う部分もありつつも、歳を重ねていろんな現場に携わらせてもらった中で、新鮮に映る部分もいっぱいあります。

でもやはり改めて、時代を作ってきた先輩たちに対して、最大限のリスペクトをしながらも、壊していかなきゃいけない部分がどの時代でもあると思います。逆にまだまだ30代半ばで、何か凝り固まっちゃうというか、変に自分のスタンダードを縮めないためにも、エンタメの世界にいる中で、ボーダーラインを引くのは、とてもある意味危険なことだなと思っていた中で、今回の出演を決めました。日本の文化である漫画やアニメ、ゲームをモチーフや原作にした2.5次元というカテゴリーは需要があるし、お客さんもすごく求めているものですから。

とにかく多くの2.5次元現場を経験している彼らの取り組み方みたいなものには、改めて尊敬できる部分もありますし、自分自身も今回、役者としてもそうだし、いろんな意味で成長できる要素がたくさんあると思うんですよね。座組の中では最年長ですし、僕自身としての挑戦もたくさんあります。

でもやっぱり、僕らは僕らがやってきたことを何か与えないと、一緒にやる意味はないなと。毎日どうしようかなって考えていますね。

ーーめちゃくちゃ刺激になっているってことですよね。

村井:刺激はすごいですね。

廣瀬:面白いよね。いろんな意味でね。

村井:今回、アーティストとして活動されている方もたくさん出ているので、そういう部分も刺激になりますよ。

廣瀬:半分以上アーティストで、すごいよね。

村井:ね!あと面白いといえば、ひろくん(廣瀬さん)が最年長だって、びっくりよね。

廣瀬:ちょっとしっかりしなきゃね(笑)。

村井:大丈夫!しっかりしてる!!!

廣瀬:しっかりしてるでしょ!?

村井:すごいしっかりしているし、あんまり見たことないひろくんが見えてる。

廣瀬:でしょ。だって、むらが稽古にいないんだもん!

村井:みんなが「ひろさん、ひろさん」って頼りにしている空気も感じるし、役柄的にもシンドバッドってそういう役柄だもんね。役とひろくん自身がすごくマッチしていて、稽古場の雰囲気もそうなってるのが素敵よね。

廣瀬:最年長は、初めてだもん。

村井:横で見ていると、コミュニケーションの取り方とか、努めて「最年長である」という空気感を作ってる感じがして。かなり意識してるんだろうなって。

廣瀬:今回すごい意識しているのが名前の呼び方で。基本人見知りだから、普段の現場だと、下の名前で呼ぶところまでいくのにすごく時間がかかるんだけど、ここはちょっと頑張って。

村井:他の現場を知ってる分、めっちゃ面白いよ。頑張っているんだろうなって(笑)。

廣瀬:下の名前を聞いたら、もうその場ですぐ呼び捨てで、名前で呼ぶっていうのを自分の中で一つ課題にして取り組んでいて。後輩というか、年下の人たちにはね。なるべく言いたくないことなんだけど、ネタバレ(苦笑)。

ーーバレちゃいますね(笑)。

村井:頑張っているのが(笑)。

廣瀬:なるべく隠したいことなんだけれど(笑)。でも、僕自身もやっぱり先輩に、出会いの入口から、下の名前で呼ばれると嬉しいんですよ。

ーーそれだけで、距離感が変わりますよね。

廣瀬:今回、それもまた一つ学んだことだなって。これを経て、どうなるかわからないですが、今回の現場ですごく、納得感があったな。自分自身も感じていたように感じてくれる、優しい人たちの集まりなので、よかったです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『パジャマゲーム』から6年ぶりに『太平洋序曲』で共演したお二人と海宝直人さんの3人で旅行したいというお話、初めての共演の時から「互いに印象が変わらない」ということなどについてお話ししてくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2日掲載予定のインタビュー「下」の無料部分では、作品のストーリー、互いの役について伺った内容と、普段あまり2.5次元作品をご覧にならないお客様に向けたメッセージを紹介します。有料部分には、プライベートでもいろいろなことを話すというお二人が、お互いのことについてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■廣瀬:むらとなおちゃん(海宝直人さん)と、旅行したい。気を遣わない2人だから

■村井:多分3人とも同じ思い。『太平洋序曲』で、久しぶりに同じ作品に出演できた

■廣瀬:むらは「みんなの休憩所」(笑) 村井:言われて、こんな嬉しいことはない

■廣瀬:むらの落ち着きのある感じが、大好物。誰に対してもそう。村井:(笑)

<『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』>
【東京公演】2023年6月9日(金)〜6月18日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
【大阪公演】2023年6月24日(土)~6月25日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.musical-magi.com

『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』  関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

村井成仁 関連記事:

⇒すべて見る

※有料会員の方はコメントを書くことができますので、どうかよろしくお願いいたします。

『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. らんらん より:

    村井さん、廣瀬さんのお二人の舞台は何度か拝見しており拝見する度にえっ?同じ俳優さん?って毎回思っています。今回は2.5の世界。私自身、2.5の舞台を観るのは初めてなのでとても楽しみです。お二人の事をまたえっ?って思ってしまうのだろうなと…今からとても楽しみです!

  2. パンダうさぎ より:

    お二人の会話の中に、目に見えずに通ずるものが見れることで、作品がさらによくなっていくんだなぁと直感致しました。廣瀬さんは久しぶりの2.5次元作品、村井さんは初めてということもあり、益々初日が楽しみです。

  3. ありあり より:

    廣瀬さん&村井さんの対談、アイデアニュースさんならではの組み合わせですね!嬉しいです♪
    お二人の自然体な雰囲気が伝わってきました!マギ、楽しみになってきました☆

  4. どれみ より:

    村井さん、廣瀬さんの人柄や関係性がよくわかる楽しいインタビュー記事でした☆
    私も初の2.5次元ミュージカル観劇になります!
    マギ、楽しみにしています!

  5. ひろろん より:

    お二人のリラックスした雰囲気を感じる素敵なインタビューと、カッコイイお写真ありがとうございます!
    人見知りの廣瀬さんが最年長として頑張っている姿がとても素敵だなと思いました。村井さんがいて安心している様子も素敵ですね。
    私も観る機会のなかった2.5次元ミュージカルを観るきっかけをもらえて良かったなと思っています。
    ますますマギが楽しみになりました!

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.