「大人に刺さるかも。純粋でストレート」、『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』廣瀬友祐・村井成仁(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「大人に刺さるかも。純粋でストレート」、『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』廣瀬友祐・村井成仁(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年6月2日

2023年6月9日(金)から6月18日(日)まで東京・品川プリンスホテル ステラボールで、6月24日(土)と6月25日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』に、シンドバッド役で出演する廣瀬友祐さんと、サブマド・サルージャ役で出演する村井成仁さんのインタビュー後編です。「下」の無料部分では、作品のストーリー、互いの役について伺った内容と、普段あまり2.5次元作品をご覧にならないお客様に向けたメッセージを紹介します。有料部分には、プライベートでもいろいろなことを話すというお二人が、お互いのことについてお話ししてくださった内容などをお届けします。

『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳

ーー『マギ』という作品の内容と、それぞれの役について、ご紹介ください。

廣瀬:(村井さんに)お願いします!

村井:俺!?

廣瀬・村井:(笑)。

村井:まず、今回は前作の続きを描く「第2弾」なんですが、前作を観れていなくても楽しんでいただけるような内容になっています。登場人物がアラジン、アリババ、シンドバッドと、皆さんきっとどこかで会ったことのある名前ですよね。

『シンドバッドの冒険』を読んだことがあるとか、『アラジン』の映画や舞台を観たことがあるとか、『アリババと40人の盗賊』も知っているとか。聞き馴染みのある名前が出てくるという点で、とっつきやすいんじゃないかなと思います。

「マギとは…」ですが、一言でいうと「魔法使い」。なので一見、魔法バトル系なのかな?とも思うんですが、むしろ人間ドラマがメインです。友情だったり、勇気だったり、かけがえのない誰かとの出会いだったり、そういう人間ドラマが主軸にあるので、すごくシンプルに心動かされると思います。

簡単なあらすじとしては、かつては栄えていたけど、今では悪政に苦しむバルバット王国を舞台に、義賊として活動するアリババ・サルージャ(演:猪野広樹)率いる盗賊団がシンドリア王国の国王シンドバッドの力を借りながら、悪政を何とかしようと奮闘する中での人間ドラマ+魔法要素といった物語です。僕はその悪政の元凶である国王アブマド・サルージャの弟、副王サブマド・サルージャ役ですが、この人が意外とキーマンなんです。

廣瀬:一見、地味なんだけどね。影が薄いのにおいしい役。アラジンとアリババを主役に、冒険ファンタジーではあるけれど、一見綺麗ごとのように見えるメッセージが研ぎ澄まされて届けられたときには、大人の方が刺さるんじゃないかなっていうものがいっぱいあります。そういうものが取り込まれている作品だと思うんですよね。

原作の絵のタッチがかわいらしいし、むら(村井さん)も言ったように魔法とか、ちょっとファンタジー系、現実離れしたものを想像するけれども、実はその一番真ん中には、人間の本質を捉えているメッセージがたくさん込められています。普段あまり2.5次元作品を観に来ないお客様に、最初の入り口として観ていただけたら、すごく新たな扉が開くと思いますし、僕らもそうしたいという想いがあります。

村井:今って、面と向かって純粋に、ストレートにメッセージを伝えるって、気恥ずかしかったりするような時代ですよね。だからこそ刺さってくるのかな?

廣瀬:そうね。

村井:原作を読んでも、今回の舞台を観ても、良い意味でそれぞれ違った角度で刺さってくると思います。

廣瀬:登場人物の一言でハッとさせられることがありますよね。この作品には、そういう芯を突かれるような気づきがあるんじゃないかなと思います。僕が演じるシンドバッドは、バルバット編においては、話の主軸になる登場人物の、アリババ、アラジン(宮島優心さん)、カシム(廣瀬大介さん)たちの背中を押すというか、そういうきっかけを与える、頼りがいのあるお兄さんみたいなポジションです。

「原作を愛している人たちの中には、シンドバッドを愛してる人たちが多いよ」とすごくプレッシャーをかけられているぐらい人気のある役です。でも、今回自分が演じる上で、そこに納得というか、かっこいいなと思う役ですね。僕自身もシンドバッドみたいな人間性には、ずっと憧れを持つんだろうなと思うんです。もうとにかく頼りがいのあるお兄さん。でも作品の中で、「おじさん」と言われるんですよ。むらに「おじさん」と呼ばれるの!「お前もな!」って言いたくなる(笑)。

村井:公式のキャラクタープロフィールによると、僕が演じる役は22歳なんです(笑)。

廣瀬:むらに自分が「おじさん」と呼ばれるのが面白い(笑)。サブマドの絵を見た時、多分あまり出てこなさそうだな、むらもったいない……と思ったら、見せ場があってね。ギャップがあるから、やりがいのある役だよね。

村井:そうだね。人間っぽいというか。皆みたいに化け物とは戦えないけど、自分の中で、自分と戦って、自分を乗り越えていくみたいな。小さく見えても本人にとってはとてつもなく大きな一歩で。アリババやシンドバッドと再会したことによって、この人たちと一緒だったら、乗り越えられるかもって、踏み出していく姿は尊敬できる。

廣瀬:強い役だよね。今までの自分を変えられる力を、自分で持っているからね。アブマドとサブマドの兄弟が面白いですよ。

ーー作品について、お伝えしたいことを一言ずつお願いできますか。

廣瀬:僕自身は、役者としてミュージカルだろうが、ストレートプレイだろうが、映像だろうが、全部根本は同じだと思っている中で、2.5次元と言われる作品に、今回久々に出演して、いろんな意味で挑戦しています。不安でもあるし、恐怖ももちろんあるんですが、それはこれまでのどの現場も同じで、今作も自分にとって今必要なことだと思って、ぜひ参加したい、このラブコールに応えたいという思いで参加させてもらっています。

そういう中で、純真なキャスト、スタッフの人たちの取り組み方を見て、ものを作って届ける我々が忘れちゃいけない感覚を現場でも強く感じていて、お客さんに届けるものとして、初日が開くまでも、開いてからも、常にちゃんと上を目指して、商品を磨いていきたいという想いの中で、今回現場に携わらせてもらっています。

もしかしたら、むらと僕とのインタビューを、あまり2.5次元作品になじみのない方が読んでくれているかもしれないし、「観るかどうか、ちょっとどうしようかな」って思っている人たちもいると思うんですが、ぜひ観に来ていただけたら、新しい感覚を届けられると思います。いい意味で、抵抗があったものをとっぱらえるように、僕らも頑張りたいと思ってるので、観に来てくれたら嬉しいです。

村井:今回2.5次元作品は初めましてですが、僕も同じくやるべきことは変わりません。プロデューサーさんや、演出の吉谷(晃太朗)さんが、再現性をすごく重視する2.5次元作品もある中で、『マギ』カンパニーでは、役者自身が持っている個性を大事にしたいと、おっしゃってました。

もちろんベースとして原作を重んじつつも、「再現性」に縛られぎずに、皆でトライを重ねながら作っている中で、2.5次元の魅力も体感しながら、2.5次元作品を観たことがないという方々への入口としては、とても最適な作品なのではと感じています。「日本のオリジナル」の良さもたくさんありますし、ちょっと最近海外作品過多だなぁという方もふっと腰掛けてみるつもりで観にきていただけたら嬉しいです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、プライベートでもいろいろなことを話すというお二人が、お互いのことについてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■廣瀬:久々に会っても互いに「居て当たり前」な空気感 村井:絶対に裏切らない人

■村井:知れば知るほど「かっこいいのに、こんないい人いる?」っていうそのまんま

■村井:お互いの悩みとか、ものすごいプライベートの話も、深いところまで話したり

■廣瀬:スタンスを崩さず、誰とでも接することができるむらの強さ。拝みたくなる!

<『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』>
【東京公演】2023年6月9日(金)〜6月18日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
【大阪公演】2023年6月24日(土)~6月25日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.musical-magi.com

『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』  関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

村井成仁 関連記事:

⇒すべて見る

※有料会員の方はコメントを書くことができますので、どうかよろしくお願いいたします。

『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳
『ミュージカル「マギ」ーバルバッド狂騒曲ー』稽古場写真=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きよねぇ より:

    2.5次元ミュージカルが初めてなのでついていけるかな?と少し心配していましたが、インタビューを読んでそんな心配は無くなりました!それぞれのキャラクターやストーリーを楽しみつつ、その中にあるメッセージをしっかりと受け取りたいなと思います。お二人の関係性がよく分かる濃いインタビューありがとうございました!稽古中のお写真も!

  2. パンダうさぎ より:

    上に続き、下の記事も、とても微笑ましいお二人にほっこり出来ました。廣瀬さんのお人柄、村井さんのお人柄、それぞれを理解しているから、この作品に活かせる事がたくさんあるのだと感じました。そして、旅行に行かれた際は、本当にお写真などアップして頂きたいです。

  3. とふぃ より:

    それぞれのお人柄、お二人の関係性、作品への思い、いろんなことがしっかり伝わるインタビューで 本当に楽しく読ませていただきました。

  4. よっしー より:

    素敵なインタビューにお写真ありがとうございます。
    特にお稽古場の写真とても嬉しいです。
    お二人のインタビューとお稽古場の写真で観劇が楽しみです。

  5. ひろろん より:

    素敵なインタビューとお写真ありがとうございます!
    マギのどういうところに着目したらいいのか、そういう指針が見れたインタビューでした。
    廣瀬さんの裏表のない素敵なお人柄を、廣瀬さんのことをよく知っていて廣瀬さんが信頼している村井さんから聞けたのもとても嬉しかったです。
    太平洋序曲で村井さんの低音にキュンとしたので、今回も素敵な演技を観れるのが楽しみです!

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.