「アァ!?コラァ!とはならないはず(笑)」、『スリル・ミー』尾上松也・廣瀬友祐(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「アァ!?コラァ!とはならないはず(笑)」、『スリル・ミー』尾上松也・廣瀬友祐(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年9月6日

2023年9月7日(木)から10月3日(火)まで東京芸術劇場シアターウエストで、10月7日(土)から9日(月・祝)までサンケイホールブリーゼで、10月11日(水)と12日(木)にキャナルシティ劇場で、10月14日(土)と15日(日)にウインクあいち大ホールで、10月21日(土)と22日(日)に高崎芸術劇場スタジオシアターで上演されるミュージカル『スリル・ミー』に出演する、尾上松也さん(私)と廣瀬友祐(彼)さんペアのインタビュー後編です。

「下」では、「私」と「彼」それぞれの人物像について、『エリザベート』での共演においてのお互いへの率直な印象について伺った内容とお客様へのメッセージを紹介します。

尾上松也さん(右)と廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
尾上松也さん(右)と廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

――「私」と「彼」は、それぞれどんな人物像だと考えていらっしゃいますか?

松也:前回は、サスペンスミュージカルやシリアスミュージカルというよりは、僕の中では「私」が「彼」に対する愛の物語だろうというようなイメージでした。それが結果、傍から見ると非常に異質で滑稽で、気味が悪く、恐怖に感じるという風に見えてしまうだけであって、想いという上では純粋な「彼」への愛というイメージでやっていた気がします。基本線は今回もそういうことになっていくと思いますけど、そこにいろんな経験をさせていただいたがゆえの、プラスアルファの何かが生まれたらいいなとは思っていますね。

――廣瀬さんは、「彼」のことをどう思っていますか?

廣瀬:うーん……分からないです。

――何か映像をご覧になったりされましたか?

廣瀬:はい。ちょいちょいは見させてもらっているんですけど。結局はニーチェの思想をはき違えているというか。「彼」の実際の事件を元にしているそうですが、どんな人物というのは分かりませんが、そうなる可能性は、現代でも紙一重なんだろうなと思う瞬間は多々あるというか。そこがちょっと選択が違うだけで、そういう人物って意外と周りにいるよと思うようなところはあります。でも、僕自身は「彼」が嫌いなんですよね。

――好きな人はあまりいないかもしれませんね(笑)。

廣瀬:(笑)。

――久し振りの再会で、共演というか相手役ですが、お互いに今どんなご印象ですか? もしくは、当時の印象について伺えますか?

廣瀬:『エリザベート』の時の印象で言ったら、やっぱり「セオリー通りやらない男」ということですね。僕にとってはすごく面白くて、好きだったんですよね。僕も元々ミュージカルをやりたい人間ではなかったから、ミュージカル界のベテランたちが出ている作品の中で、松也くんがすごく新鮮で、多分ミュージカル界では「普通はやらないだろう」みたいなことを何の気なしにやってしまう尾上松也という表現者には、シンプルにすごく惹かれていました。

まだまだ未熟者ではありますが、特にいろんな経験をさせていただく中で、何となくのセオリーというか、スタンダードなものって感覚的に分かってきた時に、「それを選ぶってくそつまんねえよな」と思う表現を、どこか自分に問い続けなきゃいけないんだろうなというのは、この先もそうなんですけど。

でも松也くんには、「俺がそう簡単に、思った通りのことをすると思うなよ」みたいなものを、生き様としても感じるし、舞台の上でも感じていましたので。そこからはテレビで見たり、ある時は金髪の悪い恰好をしていましたけども。それを見てしまった時には、『スリル・ミー』……? 「私」……? と。

松也:確かに。あれはちょっと想像できない。お前は「彼」だろって。

(一同笑い)

廣瀬:うまい言葉が出てきませんが、僕としてはシンプルに憧れと「面白い表現者」というのがずっとあります。やっぱり尊敬していますし。歌舞伎界においても、若いうちから苦労してきた話も、テレビとかで見る表面的なものですけれど、苦労人ということも知っているからこそ、同世代でも大尊敬できる人という印象ですね。

松也:僕はそれで言うと、『エリザベート』で初めて一緒になった時に、まさに廣瀬くんのおっしゃる通りで、僕は歌舞伎が主戦場で、『エリザベート』の時はいわゆる本格的なミュージカルは『ロミオ&ジュリエット』以来2作目で、僕以外はほぼ皆さんミュージカルを中心に活躍している方たちばかりでしたので、どちらかというと意図的にセオリーとは違うことをしていました。

僕が出演する意味として、その世界に準ずるために僕を起用したとしたら、それは大きな間違いですし、「小池さんから求められていることはそういうことなのだろう」と、勝手に意識しました。それでも小池さんには「やりすぎだよ」と思われたかもしれないですけど。ですが、僕が出るなら、セオリー通りやっても面白くはないだろうと思いましたので、どちらかというとあえて、違うほう、違うほう、というような意識を持っていました。

あと、もう少し若かったので、「ナメられてたまるか」という、そういう意識ですね。そんなことは皆さんにはしませんが、反骨精神みたいな意識もあったので、全然違うことをしていたというのもありました。そんな中でも、皆さんが笑ってくれるような、まさにそういう空気がありましたし、「そんなことすんのか」と完全に全員に引かれているな、みたいな瞬間もありましたね。

廣瀬:ハハハ。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『エリザベート』での共演においてのお互いへの率直な印象について伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■松也:「廣瀬って、なんか違うね」と。カッコよくて怖かった 廣瀬:怖かったのはこっち!(笑)

■松也:メインキャストで廣瀬くんの名前が出てくる度に、「やっぱり廣瀬来たな!」と

■廣瀬:松也くんと同じように、これが最後になってもいいくらいの覚悟で、世界感にどっぷりと

■松也:他のペアは、観ないほうがいいんだけどね。つられちゃう 廣瀬:それを聞いてほっと(笑)

<ミュージカル『スリル・ミー』>
【東京公演】2023年9月7日(木)~10月3日(火) 東京芸術劇場シアターウエスト
【大阪公演】2023年10月7日(土)~10月9日(月・祝) サンケイホールブリーゼ
【福岡公演】2023年10月11日(水)・10月12日(木) キャナルシティ劇場
【名古屋公演】2023年10月14日(土)・10月15日(日) ウインクあいち 大ホール
【群馬公演】2023年10月21日(土)・10月22日(日) 高崎芸術劇場 スタジオシアター
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/thrillme2023/

『スリル・ミー』 関連記事:

⇒すべて見る

尾上松也 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

※尾上松也さんと廣瀬友祐さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月5日(木)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

尾上松也さん(右)と廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
尾上松也さん(右)と廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りぃな より:

    最近廣瀬さんを好きになったので、尖ってる廣瀬さんが全く想像つかなくて笑ってしまいました。
    重圧なペアのスリルミー、早く体感したいです。

  2. えぴてん より:

    私と彼。舞台上では2人の感情は噛み合わないけれど、松也さんと廣瀬さん2人の計算された息ピッタリのお芝居に引き込まれてあっという間の100分間でした。

  3. ひろろん より:

    めちゃくちゃ笑いながら読みました!
    尖っていた若者時代のお2人、可愛すぎますねー。
    スリルミー自体を初めて観るので、廣瀬さんが「嫌い」という彼がどんな人物像なのかとても気になります。
    明日が楽しみでしょうがありません!

  4. まる より:

    上下一気に読ませて頂きました。楽しいインタビューをありがとうございました。
    同い年のお二人がお互い様々な経験を経ての再開、共演とても楽しみです。

  5. しまっころ より:

    お二人の公演前の心境や意気込み、お二人の関係性などがわかる興味深いインタビューで上下ともとても楽しく読ませて頂きました。
    年長組ならではの深みのある濃厚な世界を目撃するのが今から楽しみです!

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.