「ほぼ全シーン出てドタバタ」、『A Brilliant Christmas』本田康祐・百名ヒロキ(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ほぼ全シーン出てドタバタ」、『A Brilliant Christmas』本田康祐・百名ヒロキ(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2023年11月2日

2023年11⽉2⽇(⽊)から11⽉12⽇(⽇)までヒューリックホール東京で、2023年11⽉17⽇(⾦)から11⽉19⽇(⽇)までCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで舞台『A Brilliant Christmas』が上演されます。職につかず毎日遊んでいる主人公・東条一輝を、本田康祐さん(OWV)と百名ヒロキさんがダブルキャストで演じます。物語の舞台は、クリスマス前のホテル。職につかずに毎日遊んでばかりのドラ息子・一輝を見かねた母親の東条彩子(栗山絵美さん)は、嫌がる彼を友人の虫島昆之助(温水洋一さん)が支配人をしているホテルでベルボーイとして働かせることに。実はこのホテルでは、5年に1度、クリスマスにショーをしないといけない決まりがあったのですが、支配人一同ショーのことをすっかり忘れていたのでした。無事にショーは成功するのか、そしてホテルに棲みつく座敷童子(倉本琉平さん)の正体とは。休憩なしノンストップで繰り広げられる、クリスマス前のドタバタコメディ作品です。

アイデアニュースでは、本田さんと百名さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。「上」では、稽古をしながら感じていること、お互いの「かわいい」ところ、お二人が役作りの中で難しいと感じているところ、今回が初舞台となる本田さんが、舞台の発声について思ったことなどについてお話ししてくださった内容を紹介します。「下」では、作品の見どころ、コメディ作品ならではの難しさ、本田さんが今感じているアーティスト活動と舞台の共通点、いろいろな作品に出演する中で「変な緊張をしなくなった」という百名さんのお話や本田さんが緊張する時のことなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

本田康祐さん(右)と百名ヒロキさん=撮影・NORI
本田康祐さん(右)と百名ヒロキさん=撮影・NORI

ーーお稽古する中での手応えなどはいかがですか?

百名:まだ全員キャストが揃ってないのもあって。これから全員が揃っていくので、またそこで変わるんだろうなと思っています。僕たちはほぼ全シーン出てますからね。

ーーそうなんですか?

本田:ほぼ出てますね。

ーーほぼ全シーン登場となると、すごいですね。

百名:水飲むためだけに、舞台裏に帰るみたいな(笑)。

ーー話もドタバタコメディと伺っていますが、動きもバタバタですね。

百名:そうです。周りの方がどんどんこれから慣れて、もっとドタバタしてくださると思うんで、それに振り回されていく…みたいな役なんです。

本田:なんか特に「こう」って決まっている役でもないというか。俯瞰して全体を見ているような役なので、難しいんですけど、そこは良かったなと思っています。

百名:あー。

本田:逆に「キャラ強い」設定とかだったら、舞台が初めての僕としては演じきれるかどうか少し不安な部分もあったので。

百名:周りに助けをもらいながら作っていく役だよね。

本田:ダブルキャストだから、交互に稽古をさせてもらっているんです。稽古の順番は、みんなじゃんけんで決めてるんですけど、僕はもう…絶対、最初の回を百名くんに譲っています。

百名:(笑)。

本田:絶対に、「最初やってください!」って。で、百名くんがやっているのを見て、「あー!」ってやって。その間にセリフも覚えて、「ここ、こうだったな」って照らし合わせながらです。先輩の演技を間近で見られるので、ダブルキャストで良かったなと思います。

百名:確かにダブルキャストだと俯瞰して見れるので、「ここは、次やる時には、こうしよう」と思えますね。「あー、こう見えてんだな」みたいな。

ーーそうなると、一緒に役作りをされているような感覚ですか?

本田:そうですね。僕は本当に百名くんが一緒でよかったですね。

百名:いやいや、こちらこそだよ。でも中本さんは、同じダメ出しはしないんです。キャラや人によって変わるというか。

本田:「その人のダメ出しをしてるから、ダブルキャストの人は聞かなくていいし、気にしなくていい」って。だから、僕ら二人とも、演技の細かいところが全然違ったりしていますよね。すごいなと思うのが、百名くんが稽古をぱっとやった時って、「百名くんそのままでね」って言われているんです。僕はやっぱり至らないことがたくさんあるので、「ここ、こうしたほうがいいよ」とか結構言われるので、やっぱりすごいな、って毎回思いますね。一輝は、一人で喋るシーンも結構多くて。

百名:最初の電話のシーンとかね。

本田:掛け合いとかだったら、テンションを相手に合わせて話せるから、やりやすいというか。一人で喋るシーンはやっぱり難しくて。

百名:独白みたいな感じだもんね。お客さんの方に話しかけるみたいなシーンも結構あるんですけど、そのテンションが難しいよね。初めての舞台で、この台詞量は大変だろうなと思います。俺だったら…って思う。康祐くんは何も気にせずやってらっしゃるから、すごいなって思います。

本田:いやいや。でも、頑張ってます。稽古の中で、百名くんの芝居をまず観る機会があるから、本当によかったです。一人だけだったら自分の演技って、録画しておいた映像を見るまではみえないじゃないですか。稽古中の今でもわかっていないところもありますが、やっぱり百名くんが最初にやってくれるから、そのイメージも持ちながら、逆に「俺もうちょっとなんか違う言い方しよう」と思ったりもしますし。

百名:それ感じてますよ(笑)。

本田:パクってるところもあるけど…。吸収させてもらって。

百名:全然いいじゃん!むしろ、それをしないとだよね。俺もパクってるとこありますよ。

本田:ないでしょ!(笑)。

百名:あるよ!「この間の取り方、もらおう」とかさ。

本田:ほんと?

百名:「こっちのほうがいいわ」って。自分からは出てこない間の取り方とかあるから。

本田:嬉しいですね。

ーーすごくお話が弾んでいるのですが、確かお二人は前回の取材が初対面のような感じでしたよね?

本田:前回の取材が、ほぼ初めてでしたね。その前は、撮影の時に、ほんの3秒くらい挨拶したくらいだったので。

ーーそこから、お稽古を重ねながらお互いのことを徐々にわかっていきながらの今、みたいな感じですか?

本田:そうです。えっと、百名くんのかわいいところは…。

百名:そんな質問あったっけ?(笑)。

ーーどうぞ教えてください!

本田:挙げていいですか? えっと、お弁当をつくってくるところ…。「かわいい」と思って。

百名:お弁当じゃない日もあるよ。バナナ一本!みたいな(笑)。

本田:もうね、そういうのがかわいいんですよ。「かわいい」とか言うと「昨日の残り物詰めただけだから!」って照れたりして。そこもかわいいなって思います。

百名:それを言ったら、康祐くんのかわいいところは…。

本田:ないでしょ!

百名:ビタミンジュースばっかり飲んでるところ!

二人:(爆笑)。

百名:ビタミンが含まれているジュースを3本くらい飲んでるよね。別々の種類の。レモン、フルーツ…みたいな。

本田:ビタミンめっちゃ摂れてます!

百名:だよね。エナジードリンクよりはマシかなって思って見守ってるよ。僕もビタミン系のドリンク買いたくなってくる。

本田:マジっすか。ビタミンジュース一緒に飲みましょう(笑)。

ーーすごくいい雰囲気ですね。

百名:普段からね、結構喋るんですよ。

本田:そうですよね。

百名:ステージ上では、ダブルキャストだから一緒に会話をすることはないけど、休憩時間にはよく喋っているんです。一番楽に喋れる人が、康祐くんだから。

本田:僕もなんですよ。

百名:稽古が始まったらそんなに話はできないもんね。

本田:それぞれで台本を読んだりしてますよね。

百名:台本を確認して、また次のシーンの確認をして…っていう感じだよね。

ーーダブルキャストなので、もしかするとなかなか稽古場でお二人が会うことも珍しいのかな?と思っていたりしました。

百名:あ、でも忙しくなるよね?

本田:そう、ツアーが始まるんですよ。

ーーそうですよね。こんなふうに、いい関係性の中で作品を作られている中で、お互い役作りで影響を受けているところなどはありますか?

本田:一輝を演じていて難しいなと思うのは、「ネガティブ」じゃないけど「仕事なんてやりたくない」っていうところから、「やる気になる」という気持ちの移り変わりみたいなところがあって。そのシーンがすごく難しいんですよ。

百名:ここで変化、っていうのがはっきりしてないもんね。

本田:そう。いつの間にかポジティブなことを言っているシーンになるので、そういうところをどうやって消化しようかなとすごく思っていたりします。正直まだ掴みきれていないところがまだいっぱいあって。だからもっと役に入り込むっていうんですかね? そのあたりを考えなきゃいけないなって改めて感じさせられながら、今はまだ探している段階です。セリフの数も多いんですけど、人と対話しているシーンがそこまでなくて。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、お二人が役作りの中で難しいと感じているところ、今回が初舞台となる本田さんが、舞台の発声について思ったことなどについてお話ししてくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。インタビュー「下」では、作品の見どころ、コメディ作品ならではの難しさ、本田さんが今感じているアーティスト活動と舞台の共通点、いろいろな作品に出演する中で「変な緊張をしなくなった」という百名さんのお話、本田さんが緊張する時のことなどについて伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■本田:俯瞰していることが多い役だから、佇まいがすごく難しい。感情の推移を常に意識

■百名:言葉の辻褄だけ合わせて台詞を言うと「ちょっと真面目すぎるかな?」となったり

■百名:コメディだからテンションを上げなきゃ。その中で「やる気のなさ」をどう出すか

■本田:舞台ならではの声色に、まだ慣れず苦戦。百名くんをみていて、すごいなと思う

<『A Brilliant Christmas』>
【東京公演】2023年11⽉2⽇(⽊)〜11⽉12⽇(⽇) ヒューリックホール東京
【大阪公演】2023年11⽉17⽇(⾦)〜11⽉19⽇(⽇) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
公式サイト
https://wondervillage.jp/brilliantchristmas/

『A Brilliant Christmas』 関連記事:

⇒すべて見る

本田康祐(OWV) 関連記事:

⇒すべて見る

百名ヒロキ 関連記事:

⇒すべて見る

※本田康祐さんと百名ヒロキさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月2日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

本田康祐さん(右)と百名ヒロキさん=撮影・NORI
本田康祐さん(右)と百名ヒロキさん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. より:

    全公演お疲れ様でした!上下共にインタビュー読んだ上で両キャストとも観劇させていただき、それぞれの一輝を楽しむことができました。本編、ショータイム共に一足お先に素敵なクリスマスを過ごすことができました♪ありがとうございました!

  2. すあま より:

    本当にいい雰囲気なのが文章でも分かるようです
    面白い従業員に翻弄されるドラ息子、のイメージが少しついてきました
    具体的な試行錯誤のポイントが知れるのも嬉しかったです
    本田康祐くんは初舞台ですが、こんなインタビューを読める機会がこれからも沢山あれば嬉しいなと思いました

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.