「野望は強めな野心家。ジュリアンに似ているところも」、『赤と黒』三浦宏規(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「野望は強めな野心家。ジュリアンに似ているところも」、『赤と黒』三浦宏規(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年12月6日

フレンチロックミュージカル『赤と黒』が、2023年12月8日(金)から12月27日(水)まで、東京芸術劇場プレイハウスで、2024年1月3日(水)から1月9日(火)まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。スタンダールの同名小説を原作とし、フレンチロックで綴られる本作の主人公・ジュリアン・ソレルを演じるのは三浦宏規さん、演出を手がけるのは、世界各国に新風をもたらしたミュージカル『SIX』の共同演出家としてクレジットを持つジェイミー・アーミテージさんです。本作は、ジェイミーさんの日本初演出作品となります。

アイデアニュースでは、三浦宏規さんにインタビューしました。無料部分では合同取材の内容を、有料部分では独自取材の内容をお届けします。「上」の無料部分では、ジュリアン役での出演が決まった時の気持ち、三浦さんご自身とジュリアンの共通点や相違点などについてお話ししてくださった内容を、有料部分では、「三浦さんにとってダンスとは」というお話、今回の作品での「ダンス」の重要性、歌の技術のこと、玉置浩二さんの歌への想いなどについてお話ししてくださった内容を紹介します。「下」の無料部分では、キービジュアルがソロ撮影であったこと、役への向き合い方、演出家のジェイミーさんとお話ししたことなどについて伺った内容を、有料部分では、表現する上でいつも思っていること、役とご自身との距離感と演じやすさ、初舞台から10年ほど経った今思うこと、周りの人に恵まれてきたことへの感謝などについてお話ししてくださった内容を紹介します。

三浦宏規さん=撮影・岩村美佳
三浦宏規さん=撮影・岩村美佳

ーー出演が決まったときの印象やご感想をお聞かせください。

梅芸さんと仕事をさせていただくのが初めてなので、「僕にどういうイメージを持ってくださっているんだろう?」と思いました。何をご覧になって、どう思ってこの役をオファーしてくださったんだろうと。いまでこそ『のだめカンタービレ』の千秋先輩などを演じているので、僕のイメージも変わってきたかもしれませんが、このお話をいただいた当時は、「子どもも子ども」という感じだったと思うんですよね。ですので、その時の僕にチャレンジさせたいとか、何を感じてくださっていたのかは分かりませんが、純粋に嬉しかったです。自分にとっては新たなチャレンジだと思いましたし、絶対やりたいと思いました。

ーー作品についてはご存知でしたか?

いえ、知らなかったです。お話をいただいたときに、いろいろ拝見しましたが、「この役、俺で合ってますか?」と思いました。当時の僕のイメージ的には、あまり近くない役だったと思うので。でも、役者は自分のイメージではないものをやりたいと思うじゃないですか。だから嬉しいなと思いました。

ーー当時の三浦さんの役のイメージと被らないところも、この役に惹かれたポイントなんですね。

そう思いました。

ーージュリアンを演じる上で準備したことや、こんな要素が彼には必要なのではなど、現在感じていらっしゃることをお聞かせください。

やるべきことは、すごくたくさんあると思いますが、まずフレンチロックミュージカルなので、楽曲がすごくかっこよくて、めちゃくちゃキーが高いんですよ(笑)。シャウトっぽいような歌詞もありますし。公演数がそれなりに多いので、負担はあると思います。でも、このかっこいい楽曲をいいクオリティで表現したいです。

訳詞の福田響志くんは昔から知っていて、まだ若くて僕の1個下くらいなのですが、すごくいい訳詞をしてくださっていて。1曲だけプロモーションのために録らせていただいたんですが、響志の訳した詞で歌うことが、とても感慨深かったです。

楽曲がかっこいいから、とてもテンションが上がるんですが、クオリティを落とさないように歌うというのは、自分の中でひとつ挑戦だなと思います。また役としては、二面性がある人物なんですよね。「野望、野心」といったものをすごく強く持っているんです。同時にコンプレックスも抱えているので、ハングリーな気持ちも強くて。でも、彼は基本的には、それを外には出さず、全部抑え込んで生きています。

そういう部分は、ミュージカルの場合だとモノローグで爆発したり、歌ったりするわけじゃないですか。今回も、そういうところで爆発力があって、フレンチロックミュージカルならではの面白さが出ていると思います。ジュリアンは、暴走しそうなぐらいのパワーを抑えながら生きているから、すごくフラストレーションが溜まっているんだろうなと。そんな中で素敵な女性に出会って、「どうなっちゃうの?」みたいな感じです。

ーーすごく感情が忙しそうな作品ですよね。

そうですね。でも、ジュリアンの気持ちはすごく分かるところもあります。僕も、わりと気持ちがあっち行ったり、こっちに行ったりしてしまうんですよね。しかも強めに。熱の注ぎ方の移り変わりが、僕自身も激しくて、あっちに情熱を注いだり、こっちに情熱を注いだりと。あ、でも恋愛では違いますよ(笑)。仕事の部分ではそうなんですが、恋愛は僕は一途なんで。

ーー三浦さんご自身は、野望は秘めているタイプですか?

野望は強めで、野心家です(笑)。普段、人にそういうことは言わないじゃないですか。最近、「ひょうひょうと、淡々としていて、すべてが順調そうだね」とよく言われるんですが、そんなことはないんです。でも、周りからそう思われるのはいいことじゃないですか。もしかすると妬まれているのかもしれませんが、自分としては順風満帆ではありません。夜寝るときに、考え込むポーズになったりしますから。だからといって、すごく考え込んでいるわけではないんですけど。それくらい、自分では大変な日々を送っているつもりなんですが、周りからはそう言われることが多いです。

ーージュリアンの要素について、三浦さんにも寄り添える部分がありそうだなと今お話を聞いて感じました。

そういう意味では、僕もジュリアンのように影を持っているんじゃないかなと。 

ーー仕事の部分では、普段感情が行ったり来たりするとおっしゃっていましたが、それは自分で制御する方ですか?

人には抑制していますが、家だと一人で爆発することがあるんです。わりと自由に生きているつもりなんですが、最近悩みも多くなってくるお年頃みたいです。困っちゃう。

ーー勢いだけではいけない年代になってきた、みたいな感じでしょうか。

はい、いろいろ考えてしまいます。

ーーこれまでは見えなかったものが、見えてきた感じですか?

そうかもしれないです。視野が広がった分、いろんなところに目がいきますし、そのおかげですごく大変な思いもしています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「三浦さんにとってダンスとは」というお話、今回の作品での「ダンス」の重要性、歌の技術のこと、玉置浩二さんの歌への想いなどについてお話ししてくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。7日掲載予定のインタビュー「下」の無料部分では、キービジュアルがソロ撮影であったこと、役への向き合い方、演出家のジェイミーさんとお話ししたことなどについて伺った内容を、有料部分では、表現する上でいつも思っていること、役とご自身との距離感と演じやすさ、初舞台から10年ほど経った今思うこと、周りの人に恵まれてきたことへの感謝などについてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■ダンスでできることは、本当に無限。『赤と黒』は、ダンスがすごく大事な作品になりそう

■歌の技術は、手応えを感じては、なくなったりの繰り返し。凹んだり、自信がついたり

■歌は、昔から好きな玉置浩二さんの存在が大きい。体が楽器で、歌わずに喋っているなと

■僕の中で、玉置浩二さんは別格のアーティスト。今年も行ったコンサートで、全曲泣いた

<フレンチロックミュージカル『赤と黒』>
【東京公演】2023年12月8日(金)〜12月27日(水) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2024年1月3日(水)〜1月9日(火) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://www.umegei.com/rouge-noir2023/

『赤と黒』 関連記事:

⇒すべて見る

三浦宏規 関連記事:

⇒すべて見る

※三浦宏規さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2024年1月6日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

三浦宏規さん=撮影・岩村美佳
三浦宏規さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. バーバラ より:

    2021年のGREASEで初めて三浦さんを見て、歌、ダンス、演技すべてができることに感動しました。その後出演される舞台を次々と拝見して、どの作品を見ても「この役は三浦さんにぴったりだわ」と思うことが多く、素敵な俳優さんです。「赤と黒」も期待以上におしゃれな作品で、何回も劇場に通いました。アイデアニュースのインタンビューは舞台を見る前にも後にも楽しみを膨らませてくださるので、大事に読んでいます。ありがとうございます。

  2. コト より:

    これから赤と黒を観劇予定なので記事を読んで楽しみになりました。

  3. きりか より:

    取材では御本人はイメージと近くないと思っていたようですが、今まで色々なステージで三浦さんを見てきた身としてはジュリアンはハマり役になるのではないかと期待しております。歌への向き合い方を知ることができて更に今後も楽しみになりました。岩村さんが撮られたお写真も素敵でした。ありがとうございます。

  4. 羊子 より:

    はじめて三浦さんを拝見したのが2014年の『サロメ』でした。当時はまだ頼りなげな少年でしたが、舞台で拝見する度にどんどん素敵な青年になって、身内でもないのに感慨深いですw
    『サロメ』で共演した東山義久さんとの約10年ぶりの共演も楽しみです。

  5. パンダ より:

    10代の頃から拝見していますが最近の三浦さんにはふとした瞬間に漂う色気や艶を感じます。そんな24歳の今、ジュリアンに出会われたのは運命では?!チャーミングで表現豊か、歌唱もダンスもできる俳優さんでこれからも楽しみです。長生きしなければと改めて思いました!

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.