「人間の助け合い」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』浦井健治・加藤和樹・田代万里生(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「人間の助け合い」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』浦井健治・加藤和樹・田代万里生(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2024年3月24日

ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』が、2024年3月7日(木)に開幕しました。3月29日(金)まで東京・日生劇場で、4月4日(木)から4月14日(日)まで大阪・SkyシアターMBSで、4月19日(金)から4月21日(日)まで愛知県芸術劇場 大ホールで、4月26日(金)から4月28日(日)まで福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールで、5月3日(金・祝)から5月4日(土)まで熊本城ホール メインホールで、5月11日(土)から5月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場 大劇場で上演されます。出演されている、浦井健治さん(ケビンT&その他)、加藤和樹さん(ボブ&その他)、田代万里生さん(ケビンJ&その他)のインタビュー後編です。「下」の無料部分では、稽古が佳境に入っているタイミングで感じていること、この作品をご覧になるみなさまにお伝えしたいことなどについて伺った内容を、有料部分では、みなさんそれぞれにとっての、「人と人との出会い」についてお話ししてくださった内容を紹介します。

(左から)加藤和樹さん、田代万里生さん、浦井健治さん=撮影・岩村美佳
(左から)加藤和樹さん、田代万里生さん、浦井健治さん=撮影・岩村美佳

(※2月末にインタビューしました)

ーーこの作品の座組が決まった当初の作品への印象や思いは、稽古が佳境の今、かなり変わりましたか?

3人:違うよね。

浦井:最初は、このメンツだから、きっと楽しい時間になるだろうし、そういう空気感の中で素晴らしい作品になるんじゃない?という話を、マネージャーなんかと話してましたし、もちろんその通りになってるんですけど、それ以上にこの作品のメッセージに、僕は打ちのめされているというか。作品から得られるダイレクトなメッセージ、エネルギーに勇気づけられていて。もちろんこのメンバーだからということもあります。そして、「万里生くんとカップルになる!」というところも、最初に思っていた雰囲気じゃなくて、すごくヒリヒリしています。

田代:全然違うね。手も繋げない!(笑)。

浦井・加藤:(笑)。

浦井:カップルということを、売りじゃなく、価値観や生き方を認め合い、その上で未来へ繋げていくふたりです。だから、「それがカップルというスタンスであるかどうか」をどうチョイスするかで、二人が成長していくし、それぐらいに、かなり変わっています。漠然とした、「楽しいね」というものではなく、作品に殴られている感じはあります。

田代:最初は、12人それぞれの得意技をみんなが出して、すごいことになる作品なのかなと。打ち上げ花火大会のフィナーレみたいなものが続く100分間なのかなと思っていたら、全く逆でした。どんどんみんな日に日にそぎ落とされていく感じです。でも削ぎ落とされればされるほど、みんなの本質がこの作品にどんどん生かされていっているのが面白いです。

加藤:この話をいただいたときに光栄でしたし、メンツ的にも下から2番目なので、いろんなことを学べる現場になるなと思っていたんです。それは実際に学べています。でも、それはたぶん俺だけじゃなくて、先輩方もきっと学ぶことがすごく多い現場なんだなと。

本当にそれぞれが大変だし、みんなで支え合い、気持ちを一つにしないと出来ない作品だから、このメンバーで心を一つにするというのが、今すごく嬉しいというか。このメンバーの一員で嬉しいけれど、自分もその一部を担っているんだという自覚というか、覚悟みたいなものを、今すごく感じていますね。責任感というか。

田代:毎日合宿してるみたいなんですよ。

加藤:本当に。ようやく自分だけのことじゃなくて、周りも何となく見れるようになってきて、でも助けてはいけないとかいろいろルールがあって。役割が明確に決まっているので、他の人が椅子を動かすのを触っちゃいけないとか。万が一ミスをすることもあるかもしれないですが、そのプレッシャーの中で本番をやり続けるというのは、相当ヒリヒリするなと思います。

ーー今のお話を伺っていると、この作品に出演する今回の時間は、皆さんのキャリアの中でものすごく大きいことになりますよね。

加藤:こんなにいろんな頭を使いながら集中することは、ないかもしれないですね。

田代:この作品は、セリフの分量、歌の分量、配置の番号とか、いろいろな決まりごとの分量が多く、出番の前はとてもドキドキするはずなんです。でも、他の作品の方が役作りとして出番の前に、「次のセリフなんだったっけ?」とそわそわしたり、事前に気持ちを作ってから舞台に出ているなと。なぜかというと、この作品ではそれがやりたくてもできないんですよ。一瞬一瞬でシーンが変わっていきますから。41場面もあるので、事前に役の気持ちを固めてシーンに臨むというより、そのときに感じた感情で、その場所にいる、存在するということを、常に100分間していかないと成り立たないんです。前準備として1回頭に入れたら、あとはただ「存在するだけ」みたいな感じがしています。

浦井:長いシーンでも、2ページないもんね。1ページちょっとしかなくて。

田代:体感としては30秒ぐらいで。1分でもう、次のシーンに行っちゃうみたいな。

ーーきっと脳が疲れちゃいますよね。

加藤:そう、本当に頭が。

田代:汗をかく現場じゃないんですよ(笑)。

加藤:頭がボーッとするというか(笑)。

田代:7時間の稽古で出ていないシーンがないから、単純にほぼ休憩がない。

加藤:基本的にずっと稽古しているから。

浦井:それを数ヶ月も続けてきたんですよね。

加藤:そうですよね。普通は同じ稽古時間の中で、出番がないときに休んだりするけど、今回はそれが一切ないから。

田代:しかも全員ですよ。「先に帰っていいです」ってないもんね。他の作品だったらあるんですよ。「明日は浦井さんお休みで大丈夫です」とか。

加藤:「万里生さんは3時入りで」とか。

田代:今回は、一切ない!

加藤:みんな一勢に、12時入りとか。

ーーその感じが、合宿なんですね。

浦井:いつもは大体1ヶ月くらいですけど、今回は稽古期間が長いんですよ。

田代:歌稽古が、開幕5ヶ月前くらいから始まっていたもんね。

浦井:この1〜2ヶ月は立ち稽古に入ってから、毎日7〜8時間ですよ。すごいことだと思う。

田代:でも、やっているだけの成果は毎日出ている気はする。

加藤:それは感じますね。

田代:日々すごいちゃんと前に進んでる感じがして、超楽しいです。

ーー公演回数を重ねたら、それもすごいことになりそうですね。

田代:全一幕で100分。それが50公演以上あるので、合計5000分以上!?!?

浦井・加藤:すごいね…!!

ーーその中の100分間を共有しに、みなさん劇場にいらっしゃると思いますが、伝えておきたいことはありますか?

加藤:お芝居やミュージカルって、やっぱり初日と千秋楽で違う芝居になるというところがありますが、この作品はたぶん、そうならないので。

浦井・田代:うんうん。

加藤:というか、そうなってはいけない作品なんですよ。いつ観に来ていただいても、我々は同じクオリティで届けなければいけないんです。団結力はずっと上がっていくでしょうし、動きは洗練されていくとは思いますが。そこが普通の作品とはちょっと違うところなので、プレッシャーももちろんありますが、常に我々は万全の状態で皆さんをお迎えしたいなと思います。

田代:単純に、「見逃したら勿体ないよ」って思うかな。

加藤:マジで。

田代:もちろん、出演メンバーもですが、やっぱり似たような作品はないと思うんです。サクッと一幕で観れるし、ある意味前知識がなくても。9.11は、僕は高校生ぐらいだったと思うんですが、お客さまのほとんどがリアルタイムに体感していらっしゃるので、歴史物ではなく、現在進行形の物語になりますし、このメンバーでまた観られるかはわからないですし。

加藤:まぁ、なかなかないですよね。

田代:観終わった後に、みんながどういう感想を抱くのかもすごく興味があるな。

加藤:確かに。

浦井:メッセージが強い作品ですし、ぜひご覧になった後で、みんなで語り合っていただきたいですね。この作品は物事や物語から得る印象が、本当にずっと永遠に心に残ると思うんです。ハードルを超えて届くメッセージは普遍的なものだから、みんなが目指すべきものだろうなって。描かれているのは、「人間の助け合い」だと思うんです。

それと、英語圏ネタを日本語に直しているので、日本で過ごす我々が、「アメリカでは常識的なもの」をそのまま受け入れることになるから、お客さまには、それを超えてもらいたいなと思っています。

ーーブロードウェイの映像を拝見すると、観客がずっと笑っていますけど、字幕だけ読んでいても、どこで笑うのかがわらかないんです。

田代:原文を読んでもわからないんですよ。「なんでそこで笑うんだろう?」って。でも、現地の人たちは、もう本能で笑ってるわけじゃないですか。

浦井:現地の人にとっては当たり前のそういうことが起こっているっていうことなんでしょうね。

田代:だから、ブロードウェイのお客さんとはたぶん違う見方を、日本のお客さんはすると思うけれど、間違いなく最後は元気になって帰ると思います。

浦井・加藤:うんうん。

田代:9.11の話だから、重たい話で帰るのかなと思うけど、きっと終演後に劇場を出た時には全然違う感覚なんじゃないかな。

浦井:ガンダーの人たちがいかにあったかくてとか。

田代:すごく気持ちのいい心になるというか。

加藤:あったかいですよね。

浦井:人を助けるのは当たり前のことじゃんっていう人たちの物語。

ーーみなさんの取材をこれまでにもたくさんさせていただいていますが、稽古が佳境な中での取材ということもあるかもしれませんが、言葉に想いがいつも以上に乗っているなと感じております。

加藤:それだけにそれぞれがこの作品にすごく入り込んでるということでもあると思いますし、大変だということです。

田代:確かに開幕直前のこのタイミングでの取材って、あんまりないよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、みなさんそれぞれにとっての、「人と人との出会い」についてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■加藤:今のマネージャーに出会わなければ、「加藤和樹」という存在はなかった

■田代:共演者の影響がすごく大きい。今回も濃いエッセンスをいただいている

■浦井:プロデューサーや演出家のみなさんは、未来に託した取り組みをされている

■田代:お客さまが舞台上にいてもわからないかも 加藤:ポツンといても違和感ない

<ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』>
【東京公演】2024年3月7日(木)~3月29日(金) 日生劇場
【大阪公演】2024年4月4日(木)~4月14日(日) SkyシアターMBS
【愛知公演】2024年4月19日(金)~4月21日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】2024年4月26日(金)~4月28日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【熊本公演】2024年5月3日(金・祝)~5月4日(土) 熊本城ホール メインホール
【群馬公演】2024年5月11日(土)~5月12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/comefromaway2024/

『カム フロム アウェイ』 関連記事:

⇒すべて見る

浦井健治 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

※浦井健治さん、加藤和樹さん、田代万里生さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月23日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

(左から)加藤和樹さん、浦井健治さん、田代万里生さん=撮影・岩村美佳
(左から)加藤和樹さん、浦井健治さん、田代万里生さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あんず より:

    カムフロムアウェイ体感してきました。
    記事内容の理解度がより深まりました。
    シーンをみる、それが積み重なって…という部分が特に!
    舞台に集中していたらあっという間の100分、様々な気づきがあって見終わったら感想をヒトと話したくなる〜
    もう是非みてほしい!!ツアー公演でより多くの方に舞台からのメッセージが届きますように!

  2. ささっぱー より:

    最初にキャストの豪華さに驚き、
    現地で見た方の感想と意見に
    「作品の色合いが変わって
    しまうのでは?」と危惧したり
    実際に観劇するとそんなことは
    みんな吹っ飛ぶような心地でした。
    アンサンブルワークで完全に
    その辺の一般人と化す皆様の
    いつもの舞台とは真逆の演技力に
    さすがだ…と思いました。
    もう一枚、チケットを取りました
    日生はこの作品には広すぎたかな?と思いますが、とても楽しみです。

  3. ちょち より:

    本当に素敵な三人。
    この作品から愛や思いやりをいただいて、キャストのみなさんから美しい心をいただきましたた。宝物です。

  4. より:

    3人へのインタビュー普段聞けない深い部分迄引き出して下さりありがとうございます。
    ミュージカル界のアベンジャーズ12人が
    必死にセット動かしたり、アンサンブル的な役回りしたりと貴重な公演だと思いました。
    折れた2本の木のセットみて
    9.11が脳裏に蘇り冷静に観れるか
    心配もありましたが杞憂でした。
    裏にあった人の温かさがありました。
    有事の事態の際はやはり助け合いは
    必須である事再確認させて頂きました。

  5. まるまるこ より:

    舞台を3回観ました。演じない、シーンを観ていないと置いていかれる、などなるほどなと感じるお話、3人の言葉を噛み締めながら読みました。上下とも濃い内容の記事をありがとうございました。あと2回観る予定なので、また記事を読んで劇場に向かいたいと思います。

  6. らんらん より:

    稽古中の対談でしたが、実際に観劇してからインタビューを読めたので次回を観るのがより楽しまになりました。
    浦井さん、田代さん、加藤さんの仲良しな雰囲気も伝わりとても癒されました。

  7. non より:

    舞台稽古終盤でのインタビューは、皆様の言葉が明確でとても読み応えがありました。ありがとうございます。
    大切な出会い…和樹さんのマネさんに拾ってもらった話は有名ですが、万里生さんや浦井さんの共演者や制作サイドというのも、納得のいく話でした。
    皆さま一期一会を大切になさっているから、いつ観ても「ここが凄い!」と思える部分があるのかな?と思いました。
    今日までに3回観たのですが、確かに何も変わらない…でも伝わってくる言葉やメッセージは強くなってるんですよね。本当にとても不思議で素敵な舞台です!

  8. シュウマイ子 より:

    より深く掘り込んだ読み応えのある
    素晴らしいインタビュー記事でした。
    お写真も、みなさん自然体で素敵です。

  9. yuki より:

    浦井さんの「人を助けるのは当たり前のことじゃんっていう人たちの物語」という言葉、シンプルにその通りだと思いました。
    観劇を重ねる度に、演じる皆さんを通してガンダーの人々の無償の愛、寄り添う心に触れ、大好きな作品になっています。
    素敵なインタビューを通して、浦井さん、万里生さん、和樹さん3人のお話も楽しく広がり、それぞれの想いを知ることができて嬉しかったです。届けてくださってありがとうございました。

  10. めい より:

    観る度に新たな発見があるし何度も何度も劇場へ足を運びたくなる作品です。
    歌の持つ力は改めてすごいなと思います。

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.