転校生と自閉症児の友情描いた「ふしぎなともだち」、日本絵本賞の大賞に | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

転校生と自閉症児の友情描いた「ふしぎなともだち」、日本絵本賞の大賞に

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年4月3日

 

株式会社 くもん出版は2015年4月3日、同社が2014年6月に刊行した絵本「ふしぎなともだち」が、「第20回日本絵本賞」の「大賞」を受賞したと発表しました。「ふしぎなともだち」は、島の小学校に転校してきた「ゆうすけ」が主人公です。教室には、いつも教室を出て行ってしまう自閉症の「やっくん」がいました。やっくんとゆうすけの友情を通して、この創作絵本では、障がいの有無をこえて、共に育ち、共に生きる姿が描かれています。(2015年4月3日付「株式会社 くもん出版」プレスリリースより)

 

「ふしぎなともだち」表紙

「ふしぎなともだち」表紙

 

「ふしぎなともだち」は、絵本作家・田島征彦氏が、淡路島で出会った自閉症の青年と、その同級生や先生に取材を重ねて創作されました。田島氏が作品制作を続ける淡路市では、障がい児も健常児も普通学級で共に学ぶ教育が実現している学校があります。また、自閉症などの障がいのある青年たちがメール便の配達などをして地域に溶け込んでいます。そのことを知った田島氏は「絵本にしたい」と取材を重ね、約4年かけて創り上げました。

 

KUMONは、障がいのある子どもにもそれぞれできることが必ずあり、それぞれの「ちょうど」の学習を通じて自分の持っている能力を最大限に高めていけるようサポートしており、田島氏が描いた絵本の趣旨に共感し出版。大賞受賞について、田島氏は「今まで作ってきた絵本の中で、これほど周りの人に喜ばれた作品はない。障がい児を持つ多くの親御さんたちに喜んでもらえ、勇気を与えられるのであれば、これ以上に嬉しいことはない」と語っています。

 

 

  • 「ふしぎなともだち」
    ■ 作:たじま ゆきひこ
    ■ 対象:小学校低学年から
    ■ サイズ:B4変型判
    ■ ページ数:40ページ
    ■ ISBN:978-4-7743-2344-2
    ■ 発行:2014年6月27日

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.