YouTubeで学ぶ英語(9) カナダの首相、ピンクのシャツで「いじめ反対」意思表示 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語(9) カナダの首相、ピンクのシャツで「いじめ反対」意思表示

筆者: 松中みどり 更新日: 2016年3月7日

 

カナダの若き首相、ジャステイン・トゥルードーさん(Justin Trudeau )がまたやってくれました。皆さんは『ピンクシャツデー』をご存じでしょうか? カナダでは2月の最終水曜日をピンクシャツデーとして、文字通りピンク色のシャツを着たり、何かピンク色のものを身に着けて学校や会社に行き、「いじめ反対」の意思表示としているそうです。

 

この動画のジャステインさんも、ピンク色のTシャツを着て、「ハッピーピンクシャツデー!」と語り掛けています。動画は、カナダの公用語である英語とフランス語が交互に話されています。内容は同じ。ジャステインさんはバイリンガルなのです。

 

(今回掲載した動画はYouTubeではなく、ジャステイン・トゥルードーさんのFacebookのページ ⇒https://www.facebook.com/JustinPJTrudeau/ から共有したものです。以下の画面をクリックすると動画が再生されます)

 

 

ジャスティンさんによると、数年前にカナダのノバスコシャ州のハイスクールで、ピンク色のシャツを着て学校へ行った男の子がいじめられたという事件があった次の日、たくさんの生徒たちがピンク色の服を来て登校、「いじめはダメだ」、「もうこんなことはうんざりだ」という気持ちを表したことが始まりだそうです。

 

ジャスティンさんの言葉の中に、あることわざが紹介され、「それは本当じゃないよね」と語り掛けるところを聞いて下さい。41秒から47秒の部分です。

 

 

” ‘Sticks and (         ) may break my bones but (            ) will never hurt me’ – is simply not true –”

 

聞き取れましたか? ことわざの意味は、「棒や石で打たれれば骨が折れるかもしれないけれど、言葉で私を傷つけることは出来ない」という意味です。 but words will never hurt me と表現することも多いですが、ジャスティンさんはwords の代わりになんと言っているでしょう。

 

ジャスティンさんはこう続けます。「言葉によって、人は本当に痛みを感じるよね」「いじめは心と体に傷を残してしまう」「君はひとりじゃない。支えてくれる人がいるよ。君は愛されているんだよ」

 

今回、彼が身に着けているTシャツの言葉が入った部分は聞き取れるでしょうか?(     )の中に単語をいれてください。1分15秒から最後までの部分です。

 

 

“We remember that our differences are a (     ) of strength, not weakness, and that kindess is one size (     ) all. It takes all of us, speaking in one voice, to stand up to bullying together.”

 

“So let’s (    ) our differences and be open with one another. It’s about respect. it’s about (     ) Canadian. Thank you. Merci.”

 

ジャステイン・トゥルードー首相のTシャツに書かれている言葉は、「優しさはフリーサイズ。誰にでもぴったり合うんだ」という意味です。フリーサイズは和製英語なので、OSFAと省略されるこちらの表現をおぼえましょう。 one-size-fits-all :フリーサイズ

 

いじめに反対するピンクシャツデーに協力し、bullying にはみんなで団結して声をあげようと呼びかけるジャスティンさんは、シリア難民を2万5千人受け入れました。「ありのままのあなたで、すでに立派なカナダ人です」と表明している政治家として、この動画でもこう続けています。

 

「違うことを喜び、抱きしめよう。多様性を認めることは尊厳を認め合うこと。そして、それがカナダ人であることなんだよ」

 

<関連サイト>
ジャスティン・トゥルードーさんのfacebookのページ → https://www.facebook.com/JustinPJTrudeau/timeline

 

アイデアニュースは、自由な編集方針を守るため、企業広告を一切掲載せず、記事のようでじつは企業からお金をもらっている「タイアップ記事」も掲載せず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、会員になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになります。会員向けプレゼントなど特典もたくさんあります。ぜひ有料会員になってアイデアニュースの独自取材を支えてください。有料会員登録はこちらです⇒”https://ideanews.jp/p15561

 

<ここからアイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

 

■聞き取りの答えと解説

 

■スピーチの英語部分全スクリプト

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.