人に寄り添うっていう部分はずっとあるかも 間慎太郎インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

人に寄り添うっていう部分はずっとあるかも 間慎太郎インタビュー(下)

筆者: きた あつこ 更新日: 2016年4月22日

2016年5月3日に、ニューアルバム「この胸のざわつきを」をリリースされる間慎太郎さん。3月27日に35歳になったばかり。インタビュー(下)では、デビュー前のことや曲作りのことについてお聞きしています。

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

■チケット握りしめて毎日仕事頑張ってたのかなぁって

――ニューアルバム「この胸のざわつきを」のテーマは、「大人」ということでしたが…。

大人ですね。

――前回のアルバム「今夜、月がキレイ」の収録曲「リフレイン」も好きなんですが、「行くぜ!」という感じではなくて、聴く人に寄り添ってる感じがしますね。

僕はライブの本数が多くって、目の前にお客さんがいる中で、お客さんがなんかの曲のイントロ聞いたときに「きた!」って顔とか見ると、この人はこのライブの為にチケット握りしめて、毎日仕事頑張ってたのかなぁって思うと、「ついて来い!」って言うよりも「いつもありがとね。また、曲聞きに来て下さいね」みたいな。確かに人に寄り添うっていう部分は、ずっとあるかもわからないです。無理やり肩組むんじゃなくて、肩をポンポンってしてあげるみたいな。そういう意味では寄り添うって意味はあるんですけど…んーそんなねぇ、んーー、そこまでそんなに深くない。深くないようには書こうとしてます。あまりむつかしいことは言いたくないというか…多分ああゆう曲って、グサッといこうと思ったらナンボでも書けると思うんですよ。容赦なく。でもそういうことはしたくないなぁと思ったんで。うん。うん。

――「容赦なく」って、どういうことですか?

「うわぁ~わかるぅ!」みたいにしたくなかったんですよ。もっとドライに「ま、そういう気持ちもあるよね」みたいな。ライブでもそういう気持ちでやってるんで。さっき言ってた、寄り添うぐらいの。「行こうぜベイベー!!」って感じではない。

――それは昔からですか?

いや、ここ最近。30過ぎてからのツアーで変わったんですかねぇ。やっぱり。

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

――昔は?

バーンとライブやって、「じゃぁ!!」みたいな(笑)…から、ちょっと次の街から街に移動するときに、「あー、次どういう曲歌ってあげるとあの人たち喜ぶのかなぁ、また半年後戻って来れんのかなぁ」って。丸くなるんすかねぇ…(笑)

■中身は9歳くらいから変わらない(笑)

――この3月で35歳になったんですよね。

もーね(笑)。何歳ですか?

――40です。

歳って、とるもんですね。

――中身は一緒なんですけどね。私自身は18くらいから変わってない気がします(笑)。

僕ね、9歳くらいから変わらない(笑)。

■中学の頃に作った歌は、♪風疹なったら、ブツブツだぜ~(笑)

――小学校3年生?そのくらいから野球されてました?

もうちょっと下かな?小学校2年生?

――作詞作曲っていつから?

中学。

――走ってたころから?

その頃からぜんぜん作ってた。しょうぶない曲やったけどね。♪風疹なったら、ブツブツだぜ~。ベイベーって(笑)。ライブは大学からやってて。

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

間慎太郎さん=撮影・橋本正人

――大学時代は走られてましたよね?

走って、音楽もやって。ライブハウスが近くにあって、すごいライブやってて。曲作って。

<間慎太郎ライブツアー詳細>
『間慎太郎 LIVE TOUR 2016~ロマンチックな男の旅~』詳細

<関連サイト>
間 慎太郎 OFFICIAL WEB SIT
間慎太郎オフィシャルサイト – Yahoo!ブログ
間慎太郎 Twitter
間慎太郎 Facebook

<アイデアニュース関連記事>
間慎太郎インタビュー(上)
間慎太郎インタビュー(下)
間慎太郎、ニューアルバム「この胸のざわつきを」5月3日に発売へ

<プレゼント>
間慎太郎さんのサイン色紙と写真1枚をセットにして、アイデアニュース有料会員3名さまに抽選でプレゼントします(プレゼント応募時にお書きくださったコメントは⇒こちらに順次掲載します)。このプレゼント募集は終了しました。応募くださったみなさま、ありがとうございました。

<アイデアニュース有料会員限定部分>ここから先は、アイデアニュースの有料会員(月額300円)だけが読める部分となります。有料会員になると過去の記事を含むすべての記事をお読みいただけます。

■桑田圭祐さんの気持ちになりたいと思いながら

■約束記念日、たまに、いまだに歌ってます

■2年前にやらせてもらった宝塚のホールワンマン、節目節目でまたやりたいなぁ

有料会員登録は ⇒ここをクリック

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。⇒きた あつこさんの記事一覧

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.