「平敦盛追悼法要」に参加、歴史ロマンを肌で感じる 「須磨寺」ルポ(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「平敦盛追悼法要」に参加、歴史ロマンを肌で感じる 「須磨寺」ルポ(上)

筆者: Lapis 更新日: 2016年6月16日

 

現在、「ちょこっと関西歴史たび特別企画」でもピックアップされている「須磨寺」(すまでら)を訪ねてきました!期間は4月〜6月までです。丁度訪ねた日が「平敦盛追悼法要」という年に一度の供養会で、昨年に引き続き今年も参加してきました。(⇒ちょこっと関西特別企画のご案内

 

左から一番目:三浦直史(なおし)さん、二番目:朝倉経義(つねよし)さん、三番目:井上真英(しんえい)さん、四番目:小池弘三(こうさん)貫主(かんす)さま、五番目:小池陽人(ようにん)さん、六番目:児玉隆道(りゅうどう)さん、七番目:冨永龍弘(りゅうこう)さん=撮影・正宗

左から一番目:三浦直史(なおし)さん、二番目:朝倉経義(つねよし)さん、三番目:井上真英(しんえい)さん、四番目:小池弘三(こうさん)貫主(かんす)さま、五番目:小池陽人(ようにん)さん、六番目:児玉隆道(りゅうどう)さん、七番目:冨永龍弘(りゅうこう)さん=撮影・正宗

 

■須磨寺って?

 

この辺り一帯は平家物語ゆかりの地であり、義経の鵯越の逆落としで有名な一の谷の合戦の舞台となった場所です。境内にはその合戦で源氏の熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれた平家の若き公達、平敦盛(たいらのあつもり)の首塚があります。多くの文人墨客がここを訪れたことでも知られていて、松尾芭蕉や真鍋豊平、子規などの句碑・歌碑が点在しています。

 

本堂は、慶長7年(1602)に豊臣秀頼が再建し、内陣の宮殿は応安元年(1368)の建造で重要文化財=撮影・狸爺

本堂は、慶長7年(1602)に豊臣秀頼が再建し、内陣の宮殿は応安元年(1368)の建造で重要文化財=撮影・狸爺

 

■須磨寺の魅力

 

広大な敷地の中には本堂をはじめ宝物館、青葉殿、本坊、三重の塔などさまざまな建造物が建っており、重要文化財や貴重な宝物の数々が多数存在しています。宝物館には敦盛が愛用していた青葉の笛(さえだ)、義経腰掛けの松、敦盛首洗いの池…。歴史ロマンを肌で感じる事が出来るだけでなく、境内をぶらぶら散歩しているだけでも四季折々の草花を見つけることが出来ます。

 

奥に見えるのは三重塔。6月までの期間中は、特別開扉されています=撮影・狸爺

奥に見えるのは三重塔。6月までの期間中は、特別開扉されています=撮影・狸爺

 

■平敦盛と熊谷直実

 

須磨寺と言えば、この2人!「平家物語」では一番涙を誘う名シーンです。800年以上前の話だと言うのに、能や歌舞伎など様々な伝統芸能を通して現代まで語り継がれています。諸説ありますが、敦盛を討ってしまった直実が出家した後、弔う目的でこの話を語り継いだという話が有力です。この話は、須磨寺前管長・小池義人和尚の本にも記されていますので、興味のある方は是非とも読んでもらいたい一冊です!

 

<アイデアニュース関連記事>

「平敦盛追悼法要」に参加、歴史ロマンを肌で感じる 「須磨寺」ルポ(上)

源平の梅、夜音、柴燈護摩…フレンドリーで開かれたお寺 「須磨寺」ルポ(下) (6月17日掲載予定)

 

<関連サイト>

大本山「須磨寺」ホームページ
写真撮影に協力してくださった正宗さんのホームページ

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

■境内の源平の庭を画像でご紹介

 

 

アイデアニュース会員登録は⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>Lapis(ラピス) 佐賀県出身、鳥取県在住。平氏ゆかりの家に生まれ、平家物語を読むうちに源氏の弓の名手「那須与一」に惹かれる。平安から鎌倉時代に上級の武将がつけていた「大鎧」のコスチュームを手作りし、「大鎧を愛でる会」(⇒こちら)を主宰。栃木県大田原市のご当地キャラクター『与一くん』の公認アテンドとなり、那須与一ゆかりの地や、神社を巡っている。 ⇒Lapisさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.