誰でもどこでも目の不自由な人の”目”になれるアプリ登場 Be My Eyes | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

誰でもどこでも目の不自由な人の”目”になれるアプリ登場 Be My Eyes

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年4月29日

 

 

筆者は、半月ほど前にようやくスマートフォンにしたのですが、事情があってiPhoneではなくアンドロイドのスマートフォンです。だから、まだこのアプリを入れられないのがとても残念です。自身も視覚障害をもっているデンマークのハンスさん(Hans Jorgen Wibergさん)が開発した素敵なアプリ、”Be My Eyes “を紹介します。

 

この男性が開発者のハンスさん。目の不自由な人が味わう生活のちょっとした不便さを、軽妙に語っています。

 

「みなさんも目が見えないと思って想像してください。真っ暗なキッチンで、料理をしようとして、ココナツミルクが要るというとき、戸棚に3つの缶が入っていて、どれかひとつがココナツミルクなんだけど、手触りではどれがそうなのかわからない。どうする?あてずっぽうに開けてみる?いやいや、それは無謀だ。ジャケットを着て、杖を持って、お隣に出かけ、親切な人だから彼に聞くのが一番だと思いながら、ドアベルを鳴らし、どれがココナツミルクの缶かを尋ねる・・・」

 

たまには、それでもいいかもしれない。でも、いつもいつもそうしていては、お互いに大変だ。そうでしょ?というわけで、ハンスさんが開発したのが”Be My Eyes “です。目の不自由な人と目の見えるボランティア希望者を取り持つアプリで、このサービスに登録した視覚障害者がアプリを起動して助けが欲しいと呼び掛けると、それに気付いた世界のどこかにいるボランティアが協力するのです。マッチングがおこなわれ、ふたりはビデオでチャットします。缶詰のうちどれがココナツミルクなのかを、もしかしたら外国で、スーパーのレジの順番を待っているボランティアが教えてくれるかもしれません。目が見える人がほんの一瞬、目の不自由な人の”目になって”助ける。

 

 

ハンスさんは言います。このアプリなら、ボランティアに登録した人に頼むので、家族や友人を煩わせずにすみます。ボランティアの人は、自分のiPhoneに映る缶を見て、「左端の缶がココナツミルクですよ」と言うだけ。ほんの一瞬だけヘルプしてもらって、「ありがとう」と言って電話を切ればいい。珈琲をふるまってお礼をする必要はない。ハンスさんは、この仕組みをマイクロボランティアリングと呼びます。どこからでも参加できるし、気軽です。目が見える人がほんの少しの時間で、負担なく出来ることが目の不自由な人への大きなヘルプになる。本当に素晴らしいアイデアだと思います。

 

ハンスさん自身も、視野が狭いという障がいを持っていて、生まれた時には180度見えたけれど、今は5度しか視野がないのだそうです。ビデオの中でも、「まっすぐ前を見ると、ふたり、お客様が見えます。聴きにきてくれてありがとう!」と語りかけて笑いをとっていますね。デンマーク視覚障害者協会で働き、目の不自由な人を訪ねてコンサルタントをした経験から、ハンスさんは、「1日に1度か2度でいいから、目が欲しいなあ、そしたらあとはなんでも自分で出来るのに」という声を耳にします。自立して暮らしている視覚障がい者が、ほんの少しだけ助けてほしいこと。牛乳の賞味期限を読んでもらう。パソコンの操作のちょっとわからないところを教えてもらう。買い物に行ったときに、欲しい商品を説明して選んでもらう・・・家族や友人に頼むことはできるでしょうが、お互いの時間がとられ、精神的な負担が大きくなってくる。そこでこのアプリが登場したというわけです。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
■ 2018年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品