中原中也の生きざまを連作歌曲劇で表現、「中井智彦 Premium Show vol.1」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

中原中也の生きざまを連作歌曲劇で表現、「中井智彦 Premium Show vol.1」

筆者: 岩村美佳 更新日: 2016年7月22日

 

東宝ミュージカルや劇団四季などで活躍してきた中井智彦さんが、「表現者」として挑戦する新たな活動を開始した。その第一歩ともいえる「中井智彦 Premium Show vol.1」が、7月2日に品川プリンスホテルClub eXで開催された。中原中也の世界を表現する第1部「詩人・中原中也の世界〜在りし日の歌〜」と、今なお歌い継がれるスタンダードナンバーを歌う第2部「ゴールデンヒットセレクション〜愛のかたち〜」の構成。新たな出発を喜ぶ中井さんと、共に祝う観客の温かさが印象的なライブだった。

 

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

 

第1部は、中井さんが惚れ込んだ中原中也の詩に自ら曲をつけ、自ら創作し表現するという独り舞台。開演前に中原中也についての紹介とともに、「曲間で拍手を頂くことなく最後まで見て頂けたら」と中井さん自身によるアナウンスがあった。中原中也の物語として、途切れることなく入り込んで欲しいという思いが込められているのだろう。音楽はピアノと中井さんの声のみの究極にシンプルな構成だが、繊細な音からドラマティックな音まで、情感豊かに届いてきた。

 

この作品の企画から作曲・構成・演出も自身で行った中井さんは、「今回演じる作品は『連作歌曲劇』という新たな形で、ピアノと声による響き、そしてリアルな人間中原中也の生きざまを表現したいと考えます。中原中也の詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』からも抜粋しています。『在りし日の歌』が息子・文也の在りし日に献上して書かれた題に対し、僕が感銘を受けた中也に寄せる題として『〜在りし日の歌〜』というタイトルをつけました」と説明している。

 

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

 

黒いマントに身を包み、黒いハットを被った中井さんが登場し、中原中也自身を演じていた。ステージは円形で、机が置かれており、引き出しから原稿用紙を取り出して詩を書いたりもする。子供が生まれてからの後半の物語は、着物に着替え、時が過ぎていったことが視覚からも感じられた。照明もさまざまに変化し、季節感や、感情の表現に効果的な役割を果たしていた。音楽劇と朗読劇が融合したような印象の一人舞台。詩の平面的な世界が、立体的に膨らんで、多角的に感じることができる。どこか抽象的な余白が観客に委ねられているように感じる舞台だった。

 

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

 

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

「中井智彦 Premium Show vol.1」公演より=提供:ヴァストミュージックエージェンシー、撮影:土居政則

 

<中井智彦 Premium Show vol.1>
【東京公演】2016年7月2日(土) 品川プリンスホテル Club eX (この公演は終了しています)

 

<関連ページ>
中井智彦オフィシャルウェブサイト
中井智彦1stアルバム「私の歌を聴いてくれ」
中井智彦Facebookページ
中井智彦オフィシャルTwitter

 

中井智彦 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

アイデアニュース有料会員向け部分では、「中井智彦 Premium Show vol.1」第2部の様子をご紹介します。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.