若者が目を輝かせて聴き入った、リヨン管弦楽団の「J.ウィリアムズの映画音楽」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

若者が目を輝かせて聴き入った、リヨン管弦楽団の「J.ウィリアムズの映画音楽」

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年7月19日

 

2016年6月27日と28日に大阪と東京で、レナード・スラットキンさん指揮・フランス国立リヨン管弦楽団による演奏会「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」が開かれました。大阪・フェスティバルホールでの公演を取材して、なによりも驚いたのは客層の若いこと、若いこと。制服を着た高校生から、大学生らしい若者、さらにスーツ姿の若手サラリーマンやOLが客席にあふれ、帰路での彼らの顔は満足感に輝いていました。何が若者を惹きつけたのか、現場の様子をお伝えします。

 

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

 

この日のフェスティバルホールのチケット代金は、S席が12,000円、A席は10,000円、B席は8,000円でした。高校生や大学生、若い社会人に簡単に出せる金額ではありません。お小遣いやアルバイト代をためたり、ご両親らから応援されたりしたこともあるでしょうか、それでも「聴きに行きたい、観に行きたい」という思いを呼び起こすことができるイベントでなければ、今どきの若者を動かせるものではありません。

 

もちろん、1979年から1996年までセントルイス交響楽団の音楽監督をつとめて現在はフランス国立リヨン管弦楽団およびデトロイト交響楽団の音楽監督であるレナード・スラットキンさんの指揮で、由緒ある「フランス国立リヨン管弦楽団」の透明な色彩的サウンドが聴けるということが今回の演奏会の最大の魅力ですが、それだけではなく、この催しが『スター・ウォーズ』『ジョーズ』『ハリー・ポッターと賢者の石』などの作曲で有名な「J.ウィリアムズ」の映画音楽を演奏するものだったということが、若者が多く参加した大きな理由であることは間違いありません。

 

フェスティバルホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」公演リハーサル風景=写真提供・KAJIMOTO

フェスティバルホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」公演リハーサル風景=写真提供・KAJIMOTO

 

私は大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が好きで、数えきれないくらい行っていますが、USJの音響の良さには訪れるたびにゾクゾクします。どこにスピーカーがあるのか全くわからないような高度な音響設定で、ゲートをくぐる前から、壮大な映画音楽に包み込まれ、またたくまに別世界にいざなわれます。

 

この日の「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」では、ハリウッドの映画音楽の中で生まれ育ったレナード・スラットキンさんが指揮するフランス国立リヨン管弦楽団の迫力ある演奏が、リアルな「音の渦」としてホール全体を包み込むのですから、映画のスクリーンの中の世界が、そのままダイレクトに生で味わえる感じなのです。

 

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

 

こちらはフランス国立リヨン管弦楽団の2016年来日公演全体を紹介する動画ですが、クリックすると「スター・ウォーズ」の一部を聴いていただけます。(そのまま再生すると「スター・ウォーズ」になり、2度目に再生すると動画の冒頭からの再生となります。ブラウザでページを更新して再生すると「スター・ウォーズ」の部分になります)

 

 

客席で見かけた女子高校生のうち何人かは、吹奏楽コースのある学校の制服を着ていました。私は中学時代に吹奏楽部に少しだけ在籍して高校時代は合唱部でしたが、日本では中学・高校・大学と吹奏楽や管弦楽、声楽などに触れる機会のある若者が多いので、クラシックファンのすそ野はかなり広く、そこに若者にも親しみ深い「J.ウィリアムズの映画音楽」が加わったことで、多くの若者が参加したように思われます。

 

この日の舞台上では、演奏の合間に指揮者、レナード・スラットキンさんのトークが入り、スラットキンさんやご両親とハリウッドのかかわりなど興味深い話が続きました。なかでも私が「なるほど」と思ったのは、「映画音楽は現代のクラシック」というお話でした。丸めていえば「バレエやオペラなどの音楽がクラシック音楽と言われますが、映画音楽は多くがオーケストラで演奏されるものであり、現代におけるクラシック音楽と言ってもよいものなのです」というようなお話でした。たしかにあと100年もたてば、ベートーベンやモーツァルトと並んで、J.ウィリアムズが「クラシック音楽」の作曲家と言われるようになるのは、間違いないと思いました。

 

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」より=写真提供・KAJIMOTO

 

「スター・ウォーズ」の演奏の一部では、会場から子供1人がステージ上に招かれ、「ライトセイバー」を手に持ってオーケストラを指揮する場面もありました。こうした会場と舞台上を近づける楽しい演出も、リピーターを生んでいる原因の1つだと感じました。

 

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」で「ライトセイバー」で指揮する子どもら=写真提供・KAJIMOTO

NHKホールで開かれた「グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽」で「ライトセイバー」で指揮する子どもら=写真提供・KAJIMOTO

 

スターウォーズの「ライトセイバー」を持ってNHKホールで指揮をした子どもとレナード・スラットキンさんとMCを務めたサッシャさん=写真提供・KAJIMOTO

スターウォーズの「ライトセイバー」を持ってNHKホールで指揮をした子どもとレナード・スラットキンさんとMCを務めたサッシャさん=写真提供・KAJIMOTO

 

 

<グレイテスト・ヒッツ: J.ウィリアムズの映画音楽>
The Magical World of John Williams With Personal Talk by Leonard Slatkin
指揮:レナード・スラットキン、オーケストラ:フランス国立リヨン管弦楽団
【大阪公演】2016年6月27日 (月) 19:00 開演 フェスティバルホール (この公演は終了しています)
【東京公演】2016年6月29日 (水) 19:00 開演 NHKホール (この公演は終了しています)
<演奏された曲目>
『フック』から ネヴァーランドへの旅立ち
『ジュラシック・パーク』から テーマ
『ジョーズ』組曲
『シンドラーのリスト』から テーマ
『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』から レイダース・マーチ
『E.T』」から 地上の冒険
オリンピック・ファンファーレとテーマ
『ハリー・ポッターと賢者の石』から ハリーの不思議な世界
『未知との遭遇』から
『スーパーマン』から スーパーマンのマーチ
『スター・ウォーズ』組曲
☆アンコール☆
「SAYURI」から SAYURIのテーマ
「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」から イウォーク族のパレード

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員限定部分> ⇒会員登録の検討はこちらからどうぞ

 

クラシックの演奏会などが「社交の場」として定着している欧米の状況はうらやましいようにも思えますが、スラットキンさんが動画で話されている内容を聞くうちに「じつは、日本の方が良いかも」と思うようになりました。そのことについて有料会員向けに書かせていただきます。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.