日本初の男女キャスト上演、三角関係を鮮明に ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

日本初の男女キャスト上演、三角関係を鮮明に ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」

筆者: 達花和月 更新日: 2016年11月24日

 

日本では「紅はこべ」というタイトルで知られた小説をもとにしたミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」が、2016年10月19日から東京・赤坂ACTシアターで、10月30日から梅田芸術劇場で上演され、そして、11月24日から11月29日まで東京凱旋公演が東京国際フォーラムで開かれます。日本では宝塚歌劇団で上演されているこの作品。今回は、日本で初めての「男女キャスト」による上演で、主人公であるパーシー(石丸幹二さん)とマルグリット(安蘭けいさん)、そしてショーヴラン(石井一孝さん)の三角関係が、よりクローズアップされる構成になっていました。

 

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

 

 

 

<ストーリー(公演HPより)>
1789年、王制に対する不満を爆発させた民衆が蜂起し、フランス革命が勃発。その後、ロベスピエールを指導者とするジャコバン党が権力を振りかざし、元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続いた。嵐が吹き荒れる混乱の中、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったのは、イギリス貴族のパーシー・ブレイクニー。彼は仲間と共に「スカーレット・ピンパーネル」を結成し、知恵を絞った救出計画を秘密裏に敢行。その活躍ぶりは瞬く間に広まったが、女優を引退しパーシーの妻となったマルグリットでさえも正体を知らず、いつしか夫婦の間に大きな溝が生じていた。フランス政府特命全権大使のショーヴランは元恋人であるマルグリットに接近。ある取引をチラつかせながら心のうちを熱く、甘く語りかけ、ピンパーネル団の素性を暴こうと執念を燃やす。愛を疑うパーシー、愛を信じたいと願うマルグリット、愛を利用するショーヴラン。恐怖政治の嵐の中で愛憎が交差し、物語はスリリングな展開をみせてゆく…。

 

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

 

「The Scarlet Pimpernel(スカーレット・ピンパーネル)」の元になっているのは、ハンガリー出身でイギリスの作家、Baroness Orczy(バロネス・オルツィ)の小説。元は出版社に取り合われない「小説」だったものを「戯曲」化し、ロンドンで大ヒット。後年、小説として大ベストセラーになった作品なのだそうです。今回のミュージカルは、脚本・作詞のNan Knighton(ナン・ナイトン)氏、音楽のFrank Wildhorn(フランク・ワイルドホーン)氏のお二人によって、1997年にブロードウェイミュージカルとして誕生し、日本では2008年に小池修一郎さんの潤色・演出で宝塚歌劇団で上演。その後も2010年に上演され、2017年にも上演が決定しています。日本で初めての「男女キャスト」による上演となった今回は、潤色・脚本にGabriel Barre(ガブリエル・バリー)氏を迎え、宝塚版でお馴染みの「王太子ルイ・シャルル(後のルイ17世)救出」のエピソードは含まれず、その分主人公であるパーシーとマルグリット、そしてショーヴランたちのひととなりと三角関係がよりクローズアップされて、三者三様の想いが伝わりました。

 

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

 

また、宝塚での初演時に作曲された「♪ A Peace Of Courage(ひとかけらの勇気)」は、「♪ WHAT IS A HERO(悲惨な世界のために)」と改題。歌詞も“恨みの連鎖”を嘆き、“この悲惨な世界のために何ができるだろう”と、自問する、世の情勢により踏み込み、深く憂えているパーシーの歌として生まれ変わっていました。さらに、2幕で歌われる、ロベスピエールの「♪ NEW AGE OF MAN(新たな時代は今)」と、パーシーの「♪ I WILL GO ALONE(ここから先は)」の2曲が新たにワイルドホーン氏によって作曲され、その歌詞と曲調でロベスピエール、パーシー両人の心情が、ダイレクトに客席に伝わり、作品世界がより奥深く広がって感じられました。

 

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より=撮影・渡部俊介、岩村美佳

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、さらに詳しい公演レポートを掲載しています。(有料部分だけの追加の写真はありません)

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■夫、兄、ヒーロー、多種多様な声と姿を堪能できた、石丸パーシー

 

■二刀流で戦う姿はまるで「夫婦ピンパーネル」の安蘭マルグリット

 

■過ぎ去った時の「熱」が感じられ、憎みきれない石井ショーヴラン

 

■圧倒的オーラで崇高な「正義」を歌い上げた佐藤ロベスピエール

 

■少年のような純粋さと素直さを前面に感じた矢崎アルマン

 

■見返りを求めないピュアな友情が感じられたピンパーネル団

 

■革命政府を恐れず批判を口にする、きっぷの良い則松マリー

 

■最後の最後に合ったような、カーテンコールのドレスの色

 

 

<ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」>
2016年10月19日(水)~10月26日(水) 東京・赤坂ACTシアター (この公演は終了しています)
2016年10月30日(日)~11月7日(月) 大阪・梅田芸術劇場メインホール (この公演は終了しています)
2016年11月24日(木)~11月29日(火) 東京・東京国際フォーラム ホールC
http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel/index.html

 

<アイデアニュース関連ページ>
「ピンパーネル団」、植原卓也・太田基裕・駒木根隆介・廣瀬智紀インタビュー(上)
「多数決で女の子に負けちゃって…」、植原・太田・駒木根・廣瀬インタビュー(下)
25周年・50歳の節目から「次」へ、石丸幹二さんインタビュー
清く正しくヅカ男子(1) 男心も奪うタカラヅカ

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.