宝塚周辺で、黒猫を見かけませんでしたか? 行方不明の「りゅた」君を探しています(2) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

宝塚周辺で、黒猫を見かけませんでしたか? 行方不明の「りゅた」君を探しています(2)

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年11月20日

 

兵庫県宝塚市鶴の荘のお宅に預けていた黒猫が網戸から出て行ってしまい、行方不明になって探しているというお話を2016年10月4日に、記事として紹介させていただきました(記事は⇒こちら)。その後、アイデアニュースの読者から「りゅた君はその後、見つかったのでしょうか?」という問いあわせもあり、伊丹市内に住む飼い主さんと連絡をとりましたが、2016年11月20日現在、りゅた君は見つかっていないとのことでした。飼い主さんにこれまで寄せられた、りゅた君に似た黒猫の目撃情報を、グーグルマップ上に配置しましたので、もし、この周辺で黒猫を見かけたという情報がありましたら、ぜひお教えください。

 

 

(地図は最新のものに更新しています)

 

行方不明になっている黒猫「りゅた」君

行方不明になっている黒猫「りゅた」君

 

黒猫「りゅた」君、行方不明になった時は、黒い首輪をしていました=写真提供・飼い主さん

黒猫「りゅた」君、行方不明になった時は、黒い首輪をしていました=写真提供・飼い主さん

 

アイデアニュースの読者から寄せられた声を、ご紹介します。「その後、りゅたくんは見つかったのでしょうか。私は鶴の荘近辺に住んでおり、我が家にもチラシが配られました。家で猫を飼っており、とても心配です。近所に買い物や犬(犬も飼っています)と散歩に行くときは、りゅたくんを探しながら歩いています。チラシは家の壁に貼ってあります。チラシを見ながら『心配だね。無事だといいね』と妻と話しています。どうかりゅたくんが無事元気に見つかりますように。祈っています」。

 

飼い主さんにうかがったところ、このページの上に掲載したグーグルマップに記入した場所で「黒猫を見かけた」という情報が寄せられ、探しに行っていますが、今のところ、見つかっていないとのことでした。

 

アイデアニュースで以前取材した、人と猫が共存できる社会を作りたいと願って「TNR」活動を続けている豊中市内の「のらねこさんの手術室」を飼い主さんにご紹介して連絡をとっていただいたところ、それほど遠くまで行っていない可能性があるので、のらねこ用の餌を準備するなどして、探してみるのがよいのでは、とのことだったそうです。

 

アイデアニュース編集部でも、「目撃情報」をもとにして、その周辺の黒猫を探しはじめました。地図の赤印は、飼い主さんが、その黒猫がりゅた君かどうかを、まだ確認できていない場所とのことで、そこを重点的に調査してみようと考えています。まずは、地図右上の今里町を訪ねて望遠レンズつきのカメラを持って歩いてみたところ、小さな児童公園に3匹の地域猫がいるのを見つけましたが、黒猫はいませんでした。先に紹介した「のらねこさんの手術室」は、地域猫を無事に捕獲することについてはプロフェッショナルなので、黒猫を見つけることができたら、その写真を撮影して飼い主に確認していただき、それが「りゅた」君であることが間違いないということになれば、「のらねこさんの手術室」にも協力していただいて、りゅた君を保護したいと考えています。

 

「りゅた君」探しで出かけた先の公園で見かけた地域猫=撮影:アイデアニュース・橋本正人

「りゅた君」探しで出かけた先の公園で見かけた地域猫=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

寒さもだんだん厳しくなってきましたので、できるだけ時間を見つけて、周辺を探してみたいと考えています。

 

宝塚周辺で地域猫の黒猫を見かけた情報があれば、ぜひ、アイデアニュース編集部(0797-82-3323)まで、お電話ください。首輪をつけていない黒猫の情報でも結構です。以下のフォームから連絡をくださっても大丈夫です。どうかよろしくお願いいたします。

 

お名前【必須】

 

メールアドレス【必須】

 

電話番号【任意】

 

黒猫「りゅた君」探しについての情報【必須】

 


 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、グーグルマップの指定した場所に、マークを設置してゆく方法について、「りゅた君」の地図を使って説明した動画を掲載しています。

 

<アイデアニュース関連記事>
黒い首輪をつけた黒猫「りゅた君」を探してください 宝塚で預け先から行方不明に
首輪をつけた黒猫を探しています 宝塚でいなくなった「りゅた」君(2)
人と猫が共存できる社会へ、TNR専門病院「のらねこさんの手術室」オープン

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.