「ジャベールは舞台の袖で救われる」、『レ・ミゼラブル』吉原光夫インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「ジャベールは舞台の袖で救われる」、『レ・ミゼラブル』吉原光夫インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年4月13日

 

5月21日に帝国劇場で開幕するミュージカル『レ・ミゼラブル』に、ジャン・バルジャン役とジャベール役で出演される吉原光夫さんにお話を伺いました。吉原さんが『レ・ミゼラブル』に初出演したのは2011年。オリジナル演出版の日本公演最後の年で、ジャン・バルジャン役でした。さらに、2013年にはジャン・バルジャン役とジャベール役の2役で出演。2015年を経て、今年が4度目となります。オリジナル演出版と新演出版、さらにジャン・バルジャン役とジャベール役、様々な観点から『レ・ミゼラブル』を知る吉原さんに色々と語って頂きました。

 

吉原光夫さん=撮影・岩村美佳

吉原光夫さん=撮影・岩村美佳

 

 

■『レ・ミゼラブル』は俳優としては辛いです。地獄のようというか

 

――吉原さんは2011年のオリジナル演出版から出演されて新演出版と両方を経験し、今回が4度目の出演となりますが、『レ・ミゼラブル』にはやみつきになる魅力や、やめられない魅力はありますか?

 

実は逆で、結構「やめよう、やめよう」と思ってしまうんですよね。それは『レ・ミゼラブル』だからではなくて、どの舞台もそうなんです。今年1月にミュージカル『手紙』も再演しましたが、もうやめようと思ったくらい。再演を嫌がっている訳ではないですが、再演を含めたリズムで公演をやりたくないんです。

 

――1作品、1作品を今回しかないという思いでやっていきたい?

 

やはりそういう思いが強いです。みなさんがよく記者会見で、「今回で終わるぐらいのつもりで」と言いますが、「つもり」ではなく「これが最後」という思いでやらなくちゃいけないと思っています。『レ・ミゼラブル』は俳優としては辛いです。地獄のようというか。「観る」と「やる」とでは本当に違う。終わった瞬間は、正直なところ、もう二度と『レ・ミゼラブル』の曲を聞きたくないという状態になります。

 

――それはバルジャン役でもジャベール役でもそうですか?

 

僕はどちらでも一緒です。もう「ダンターン」(幕開きの音楽)を聞くのが、千秋楽以降しばらく嫌ですね。iPodを触っていて操作ミスでかかってしまうと「わー!」って。

 

――それでもこの作品に戻ってきてしまうのは。

 

何でしょうかね、何なんだろうな……。役者ですからね。舞台に立ってなんぼというところもありますから。特にこういう大きな作品はビジネスライク的な側面ももちろんなくはないんです。やっぱり自分は2017年、この作品とこの役のおかげで、また新たに演劇の道を歩ませて頂いているということも含めて、『レ・ミゼラブル』で自分が変化しようと、変化しなくてはいけないと思っているんです。俳優は守るのではなく、壊して、壊して、変化を求めていかなくちゃいけないと思うので、その思いに惹かれるのかなと。でも、はっきりとこれだとは言えないんですよ。はっきりしているものがあれば、再演のオファーに対してすぐに出演を決められると思いますが、いつも結構考えて、考え抜いて出演を決めています。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、「ジャベールは自殺したままで苦しいでしょ」とよく言われながらも「僕は全然苦しくないです」と言うその理由など、『レ・ミゼラブル』についてさらに掘り下げて伺ったお話の全文を掲載しています。4月14日に掲載する予定のインタビュー「下」では、昨年に出演された『グランドホテル』『ジャージー・ボーイズ』などのお話や、演劇に対する思いなどについて語ってくださった内容を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ジャベールのときに袖でバルジャンを見ていたら、舞台上に自分がいるような感覚になった

 

■「Stars」は神に向かって歌っていると思いますが、その返事が頂けたんですね

 

■「自己満足劇団だと! このやろう。何でもいいから出てやる」と思いオーディションに

 

■ジャベールをやるときは、評判が悪いんですよ。「なんだ、アイツは」みたいな

 

 

<ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演>
【東京公演】2017年5月21日(日)~7月17日(月・祝) 帝国劇場
【福岡公演】2017年8月1日(火)~8月26日(土) 博多座
【大阪公演】2017年9月2日(土)~9月15日(金) フェスティバルホール
【愛知公演】2017年9月25日(月)~10月16日(月) 中日劇場
http://www.tohostage.com/lesmiserables/index.html

 

<関連サイト>
吉原光夫-カムトゥルー
http://c-true.net/artist/yoshihara-mitsuo/
吉原光夫オフィシャルtwitter
https://twitter.com/mitsuoyoshihara

 

レ・ミゼラブル 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※吉原光夫さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月28日(金)です。(このプレゼント募集は終了しました)

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. aiaimaru より:

    2015年公演で吉原さんジャベールのカリスマ性にハマりました!二役をされる吉原さんならではの、役へのアプローチのお話がとても興味深かったです。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
■ 2017年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.