「毎回、裸の心でいられるように」、初舞台から20年・曽世海司インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「毎回、裸の心でいられるように」、初舞台から20年・曽世海司インタビュー(上)

筆者: 桝郷春美 更新日: 2017年5月1日

 

2017年3月、東京と大阪で劇団スタジオライフ『エッグ・スタンド』が上演されました。第二次世界大戦下のパリで生きるキャバレーの踊り子ルイーズと少年ラウル、レジスタンスのマルシャンの孤独を抱える三人の心情を静かなトーンで描いた会話劇で、少女漫画家・萩尾望都さん原作の作品を舞台化したものです。『エッグ・スタンド』公演初日が、人生初舞台の日からちょうど20年目の日だったという曽世海司さん。インタビューでは、劇団スタジオライフの俳優として20年を経た今の思い、公演の手応え、ルイーズ役との出会いで感じたこと、落語を経験して曽世さんの中で起きた面白い変化などについて、じっくりとお話を伺いました。※アイデアニュース有料会員3名さまに、曽世海司さんのサイン色紙と写真1カットをプレゼントします。また、6月の劇団スタジオライフ公演に、アイデアニュース有料会員20名さま(ペア10組)を無料ご招待します。詳しくはこの記事の末尾をご覧ください。

 

曽世海司さん=撮影・桝郷春美

曽世海司さん=撮影・桝郷春美

 

 

■スタジオライフの客席には、よそでは体験できない空気感がある

 

――『エッグ・スタンド』千秋楽を迎えました。約1カ月の上演を経て、何か手応えを感じていますか?

 

久しぶりの静寂の芝居だと思いました。物語の中ではドラマチックなことが起きる部分もありますが、そんなに笑いが起きる舞台ではありませんし、客席の皆様がひしひしと観てくださっていると感じました。食い入るように観て、せりふを耳ダンボにして聴いてくださっているのは僕たちにも伝わってきました。

 

――そういう観客のテンションは伝わるのですね。

 

特にスタジオライフの客席の空気感は、ちょっとよそでは体験できない。客演で他の劇団の舞台に出る機会もありますが、やはり違うように思います。お客様それぞれのベクトルがあるとしたら何十本何百本の矢がすべてザーっと舞台に向いている感じがします。ですから役者としては一挙手一投足、一語一句、ミスできないぞと気合が入りますね。

 

――今回の作品は、感情をあらわにするより、抑えるからこそ伝わるものがありました。

 

こちらが出し過ぎてしまうと、お客様との交流が生まれにくくなると思うんです。僕は特に役者としては感情過多になる場合があるので、抑える表現については稽古段階で随分明確に演出いただきました。それをダメ出しと言うんですけど(笑)。つい何かを表現したくなる役者は割と多いのですが、感情表現の削ったり足したりは、稽古段階で毎回、演出と役者のせめぎ合いですね。特に今回のようなデリケートな作品では、やりすぎは厳禁と肝に銘じながら、裸の心でいられるように心がけました。最終的には役者が素直な心で舞台の上にいるのが理想形だと思います。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、曽世さんが劇団の宣伝を担当していた時代から目指してきた「感じてもらう舞台」などについてうかがったインタビューの全文を掲載しています。5月2日に掲載する予定のインタビュー「下」では、スタジオライフが賛同している「サイレントスタンディング」の活動に参加しての思いなどについて語っていただいた内容を紹介します。

 

<インタビュー「上」有料会員限定部分の小見出し>

 

■ダイレクトな面白さや、分かりやすさとは違う「感じてもらう舞台」

 

■アクセルを踏まずに中速・低速で、それが今回の僕のテーマでした

 

■落語の間(ま)を演劇で試すと、自分の中で面白いことが起きる

 

■感情を決め込まないのは勇気が必要で不安です。そんな自分との勝負

 

 

<劇団スタジオライフ 今後の公演情報>
スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES ~スモール・ポピーズ~』
【東京公演】2017年6月15日(木)~7月2日(日) 新宿御苑 シアターサンモール
1980年代、オーストラリア、アデレード。小学校入学を前にしたクリントとテオとレップの物語。クリントは母子家庭、ママは恋人のエディと一緒になりたいけれど面白くないクリント。テオの一家はギリシャからの移民家族。通じない言葉の中で生き抜こうとしている。レップはカンボジアからの難民。姉のノイとたった2人、移民局の世話でアデレードに到着したばかり。みんな5歳の子供たち、彼からは新しい世界の入り口の前で不安や混沌の中にいる。5歳なりの親との葛藤、ウォルシュ先生との触れ合い、芽生える友情…。これといった強烈なストーリーはないが、数々のスケッチから「人と一緒にいるということ」が見えてくるDAVID HOLMAN渾身の戯曲。それぞれの役者が、5歳の子供役と親や先生など大人役を切り換えながら演じます。役者たちにとって面白いと同時に恐い作品です。(公式ページより)
公式ページ http://www.studio-life.com/stage/the_small_poppies2017/

 

<関連サイト>
劇団スタジオライフ http://www.studio-life.com/
劇団スタジオライフ公式ツィッター https://twitter.com/_studiolife_
スタジオライフ公式facebookページ https://www.facebook.com/studiolife1985/

 

スタジオライフ 関連記事:

⇒すべて見る

 

曽世海司さん=撮影・桝郷春美

曽世海司さん=撮影・桝郷春美

 

 

※抽選でアイデアニュース有料会員3名さまに、曽世海司さんのサイン色紙と写真1カットをプレゼントします。有料会員がログインすると、この記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月15日(月)です。

 

※抽選で有料会員5組10名様を、スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES ~スモール・ポピーズ~』公演のうち6月16日(金)19時公演(kangarooチーム)と6月20日(火)19時公演(koalaチーム)に、無料ご招待します(合計10組20名様ご招待)。有料会員がログインすると、この記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。ご招待の応募締め切りは5月15日(月)です。当選された方には、5月16日にメールでご連絡し、招待券(当日引換券)を郵送します。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスのライターに。雑誌やウェブサイトにインタビュー、ルポなどを執筆。世の中と表現の関わりに関心を寄せる。表現の根っこにあるものを作品を通して見つめ、言葉で伝えていきたい。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. りとるむーん より:

    スタジオライフ、深夜にやっていたトーマの心臓。それを見たのが最初で。
    なかでも曽世さんの姿を印象深く。のちに舞台で仲良くなった友人が曽世さんのファン!名古屋在だったので彼女にあわせて舞台をみるようになりました!
    ライフの舞台は独特の世界観もあり、テーマが重いものがおおいですが
    それでもまた観たいとおもわせる不思議な魅力があると思います。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
■ 2017年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.