「感情的にしない方が、より悲しみや怒りが見える」、加藤和樹インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「感情的にしない方が、より悲しみや怒りが見える」、加藤和樹インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年6月20日

 

加藤和樹さん合同インタビュー後半です。有料部分ではアイデアニュース単独取材で、『ハムレット』について振り返って頂きました。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

――稽古前に、事前に台本を読んで、台詞を入れ直すという作業があると思いますが、ご自身で考えていることはありますか?

 

あまりないですね。深作さんがどう作るかと、僕らに何を要求するかは、やはり稽古をしてみないと分からないですから。深作さんが、初めてやった時に僕らに要求したことは、「とにかく台詞を全部入れてきてください」ということでしたので、準備をするとしたら、台詞を全部入れておくことだけですね。言葉が途切れてしまうと、急に芝居にならなくなってしまうんです。相手の目を見てやらなければ成り立たない芝居なので、とにかく今日から頑張ろうと思います。

 

――加藤さんの台詞の覚え方はどんなやり方ですか?

 

今回のような作品に関しては、とにかく全部読みます。『ハムレット』のように独白が多い作品は別ですが、ほとんどが会話なので、相手の台詞も頭に入れていかないとダメなんです。

 

――録音して聞きながら、という形ですか?

 

そうですね。録音もします。最初はずっと読むだけですが、徐々に声に出していき、話していくという作業をしますね。今回は誰かしらに手伝ってもらわないと、ダメかもしれません。

 

――役者さんの集中力は本当にすごいですね。

 

『ハムレット』でも、内野(聖陽)さんが本当に凄いなと思いました。どれだけの量の台詞を覚えなければいけないか。リズムというのは稽古しないと出ないのですが、言葉ではなく、そのリズムで覚えることもあるんですよね。そういう部分は稽古をやってみないと分からない部分なので、とにかく言葉だけは情報として自分の中に入れておこうと思っています。

 

――他に気をつけようと思っていることはありますか?

 

『罠』も結構体を使うんです。アクションがある訳ではないですが、とにかく動くので、体力もいります(笑)。喋りっぱなしで、台詞の半分以上を怒鳴って言いあっているので気をつけなければいけません。言葉が潰れないようにやらなければいけないところと、感情的に何を言っているか聞こえないくらいの感情の高ぶりを、使い分けなければいけない。そこは注意しながらやっていこうと思います。そう考えると、昔の自分はよくあんなに叫んでいたなと。今思うとちょっと怖いですね。大丈夫かなと思います。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、稽古がはじまってからの気分転換の方法や、『ハムレット』で意識したことなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■食事を作るのは気分転換になります。そうめんチャンプルーがすごく好きなんです

 

■ジョン(・ケアード)さんの『ハムレット』演出は、お客様に考える余裕を与えない

 

■レアティーズ役では言葉の意味をあまり考えず、気持ちの赴くまま喋ることを意識

 

■『罠』の課題は、とにかく緊張感。何も起こっていない時も、一瞬も気を抜けない

 

 

<舞台『罠』>
【亀有公演】2017/7/13(木)かめありリリオホール
【兵庫公演】2017/7/15(土)・16(日)兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール
【東京公演】2017/8/8(火)~15(火)サンシャイン劇場
http://wana2017.jp/

 

<関連リンク>
加藤和樹オフィシャルウェブサイト http://katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ http://ameblo.jp/katokazuki-blog/

 

加藤和樹関連記事:
⇒すべて見る

 

『罠』関連記事:

⇒すべて見る

 

※今回の取材で撮影した写真にサインをしていただいた、撮り下ろし加藤和樹さんサイン入り写真1枚を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月10日(月)です。※このプレゼントの募集は終了しました。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. rico より:

    上下にわたるインタビュー、とても興味深く何度も読ませていただきました。
    7年前はまだ和樹さんに出逢っていなかったので、初めての「罠」観劇になります。
    ずっと観たいと思っていた舞台なので、再々演が決まり本当に嬉しいです。
    感情的にしない方が、より悲しみや怒りが見える…まさにそうですね。現実でも、悲しみや怒りが深いほど表面には現れないものだと思いました。
    「ハムレット」は言葉の滝に打たれる不思議な空間でした。
    「罠」では緊張の中、自分も罠にはめられるのをわくわくしながら、劇場空間に身をおきたいと思います。
    最後になりましたが、素敵な和樹さんの写真をありがとうございました!!
    綺麗な花のバックに全然負けてない和樹さんに、思わず「うわっ!」と声が出てしまいました…笑

  2. よよこん より:

    罠は初演、再演も観ていますので今回、今の加藤和樹さんのちょっと大人であろうダニエルがどうなるのか楽しみにしています。
    ハムレットは確かに決闘シーンの竹の音は印象的!また観たいです。
    いつもステキな写真でうれしいですw

  3. taro より:

    加藤さんの舞台「罠」にかける想いと、舞台「ハムレット」を振り返ってのお話、とても興味深く拝読いたし、7月の舞台が楽しみになりました。
    いつも、読み応えのあるインタビューをありがとうございます。

  4. くろ より:

    役への加藤さんなりの向き合い方や、作品への思いを知ることができて、とても良かったです。読み手のことを考えてくださっているインタビュー内容で、ますます罠が楽しみになりました。これからも良質な記事、期待しております!

  5. より:

    こんにちは、今回の記事もお写真もとても楽しめました。
    またこれからも沢山のインタビュー等を期待してます。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.