「どれだけ保護しても根本的問題を正さないと終わらない」、杉本彩インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「どれだけ保護しても根本的問題を正さないと終わらない」、杉本彩インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年7月25日

 

杉本彩さんインタビュー後半です。有料部分では、久しぶりの舞台活動について、次回出演作の「森奈津子芸術劇場 第一幕~パトス編~『いなくなった猫の話』」について伺いました。杉本さんが演じる小夜(さよ)役は、動物への愛情だけでなく、酸いも甘いも知った人生の機微を感じさせ、女の色気も感じさせる女性の役。全てを兼ね備えた方に演じてほしいからと、プロデューサーの方が杉本さんに出演のお願いをしたそうです。

 

舞台「森奈津子芸術劇場 第一幕~パトス編~『いなくなった猫の話』」公演ビジュアルより=写真提供:Zu々

舞台「森奈津子芸術劇場 第一幕~パトス編~『いなくなった猫の話』」公演ビジュアルより=写真提供:Zu々

 

 

――個人の保護活動をされていた杉本さんが、財団を立ち上げることになったのはどうしてですか?

 

10年程前に、広島ドッグパークの経営破綻で、犬が放置されている事件がありました。そこに100頭以上の犬がほったらかしで、餓死したり、共食いしたり、もう悲惨な状態で警察の捜査が入って……という報道がメディアで大きく取り上げられました。それで、広島へ行って色々な状況を見て、動物を取り巻く問題はどういうことがあるのかを、猫だけでなく全体的に、ますます知るようになったんです。今度は保護だけではなく、啓発活動をしなければいけないと思い、色々なことを発信するようになりました。でも、1人でやっていても出来ることには限界があるので、このままでは無理だなと思い、それが財団を立ち上げるきっかけになりました。

 

――啓蒙活動の必要さを感じられたのがきっかけだったんですね。

 

やはりどれだけ保護しても、根本的な問題を正さないと、終わりがないんだなと思いました。そう考えた時に、自分の役割は、元の問題をみんなに伝えて、その問題を解決していくような活動をした方がいいんだろうなと。しなければいけないというか。

 

――もう使命感ですよね。

 

そう思うようになってしまいました。

 

――日本人の国民性として流行に左右されますし、色んなことにすぐに影響を受けますよね。ある意味、一つスイッチが入ったら一気に動く。

 

そうなんです。だから、何かのきっかけがあれば、すごく簡単なんだと思いますが、そのきっかけが何なのかは本当に難しいです。

 

――それを探しながら常に活動をされているんですか?

 

メディアの力が大きいと思います。ただ、今はメディアも保護犬や保護猫のことを取り上げてくれるようになりましたが、同時にペットショップの生体展示販売も疑問を持たず堂々と肯定的な番組や情報を流しますよね。だから、本当にメディアがガラリと変わってくれたら状況は変わるのにとは思いますが、今の状況を見ると、あまりメディアに期待は出来ないなと思っています。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、2016年のミュージカル『クリスマス・キャロル』、今回の『いなくなった猫の話』と、久々の舞台出演で感じた「舞台の良さ」について語ってくださった内容など、インタビュー後半の全文を掲載しています。。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■まだまだテレビの影響が強い。テレビのあり方がいかがなものかと思うことは多々あります

 

■久々にやって舞台っていいと思いました。自分を活性化してくれる誤魔化しの利かない世界

 

■原作を読んで、小夜の気持ちを、自分の心と身体を使って伝えたいと思いました

 

■動物たちと一緒に生活をしていて、命の尊さなどを感じた人には、絶対見て欲しいなと

 

<森奈津子芸術劇場 第一幕 ~パトス編~ 『哀愁主人、情熱奴隷』『いなくなった猫の話』>
【東京公演】2017年7月28日(金)~8月1日(火) 紀伊國屋ホール
(7月28日は「前夜祭」としての『哀愁主人、情熱奴隷』上演とトークイベントで、杉本彩さんは出演しません)
【出演者(予定)】『哀愁主人、情熱奴隷』:伊藤孝太郎、加藤ひろたか、野尻大介、『いなくなった猫の話』:杉本彩、野尻大介、鈴木ハルニ、伊藤亜斗武、村上健斗、木下政治
※この作品は15歳未満入場不可です(映画のR-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りしています)
【公式サイト】http://www.zuu24.com/mngg_pathos/
【公式twitter】https://twitter.com/mngg_zuu

 

<関連リンク>
杉本彩さんオフィシャルブログ https://ameblo.jp/sugimoto-aya/

 

杉本彩 関連記事:
⇒すべて見る

 

いなくなった猫の話 関連記事:

⇒すべて見る

 

猫 関連記事:
⇒すべて見る

 

舞台「森奈津子芸術劇場 第一幕~パトス編~『いなくなった猫の話』」公演ビジュアルより=写真提供:Zu々

舞台「森奈津子芸術劇場 第一幕~パトス編~『いなくなった猫の話』」公演ビジュアルより=写真提供:Zu々

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年9月掲載分
■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.