ミュージカル『SHE LOVES ME』で初主演、木暮真一郎インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

ミュージカル『SHE LOVES ME』で初主演、木暮真一郎インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年8月3日

 

AKA Company 第2回公演『SHE LOVES ME』が2017年8月10日より東京芸術劇場シアターウエストにて上演されます。本作はJoe Masteroffの脚本、Jerry Bockの音楽、Sheldon Harnickの歌詞で1963年が初演のブロードウェイミュージカル。1998年には作品を元に、Tom Hanks、Meg Ryan主演で『You’ve Got Mail』として映画化されました。日本では1995年、1997年、1998年、2009年と上演を重ねた、とてもキュートなミュージカルラブコメディです。今回の公演が初主演となる、ジョージ・ノワック役の木暮真一郎さんにお話を伺いました。

 

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

 

 

――『SHE LOVES ME』は、日本での上演は2009年以来だそうですが、どんなミュージカルでしょう?

 

1930年代のヨーロッパが舞台で、僕が演じるジョージ・ノワックという青年は、香水店で働いているんです。普段はあんまり冴えない、等身大の青年というか、ちょっとパッとしない感じの男性なんですけど、実は手紙をやり取りしている文通相手がいて、その顔も名前も知らない女性に密かに想いを寄せているんです。それで、どんな人なんだろうなという感じで仕事しつつ生活しているのですが、そこで、その香水店にアマリアという女性が働きたいと入ってくるんですね。で、入ってくる経緯とかもあるんですけど、ちょっとジョージとはあまりウマが合わなくて。顔を合わせれば言い合いじゃないですけど(笑)。それで、彼女や香水店の人たちとの間でいろいろなことが起こるんですが、観た後はすごいホッコリするラブコメディです。

 

――ラブコメディなんですね。ジョージは木暮さんの実年齢に近い設定ですか?

 

そうですね、台本を見るとそこまで大人という感じではない。まだオジサンじゃない(笑)ですね。

 

――お話としては、ジョージとアマリアを中心とした、この香水店の従業員の皆さんが巻き起こすドタバタ、という感じでしょうか?

 

香水店の店長からジョージがいびられたりとか、まぁ、それにも訳があったりして。

 

――いびられる! 結構しんどい目にあったり?

 

そうです(笑)。それも身に覚えのないことだったり。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『王家の紋章』に続いての共演となるアマリア役の島田彩さんのことや、ジョージの恋が文通から始まることについてなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。8月4日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、『王家の紋章』のウナス役についてや、昨年結成されたヴォーカルユニット「Adam’s」などについて伺ったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■島田彩さんご本人に言うと、すごい「え゛~?」みたいな感じなんですけど…(笑)

 

■普段の僕は完全にいじられキャラですよ(笑)。でも、結構、年上の人には甘えちゃう

 

■文通は、会ってないからこそ、盲目になっちゃうのかも。どんどん気持ちが高ぶって

 

■結構、聞くのも好き。聞いた上で、どんどん自分の考えを広げていく方が好きです

 

<AKA Comapny 第2回公演『SHE LOVES ME』>
【東京公演】2017年8月10日(木)~8月13日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
公式サイト http://katashima-office.com/shelovesme

 

<関連リンク>
木暮真一郎 Official Twitter  https://twitter.com/kogushin
木暮真一郎 Official Instagram https://www.instagram.com/kogu_shin/
木暮真一郎 (ORCHARD) http://orchard-net.com/wordpress/?page_id=3307

 

 

木暮真一郎 関連記事:
⇒すべて見る

 

※木暮真一郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月17日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

木暮真一郎さん=撮影:達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. Moe より:

    Adam’sの動画で流れていたBGMが思わず笑みがこぼれて口ずさんでしまうくらい、とても素敵な曲でした!いつかLIVEとかステージで聴きたいなって夢見てます。これからどんなに素敵な俳優さんになられるでしょうか、客席から楽しみに待っています!

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.