「涙、涙の初日でした」、『デスノート THE MUSICAL』柿澤勇人インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「涙、涙の初日でした」、『デスノート THE MUSICAL』柿澤勇人インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年8月14日

 

『デスノート THE MUSICAL』インタビュー第2弾、夜神月役を演じる柿澤勇人さんのインタビューです。柿澤さんは、夜神月役を浦井健治さんとダブルキャストで演じます。再演がはじまっての思いなどについて伺いました。(上)(下)に分けてお届け致します。

 

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

 

 

――富山公演が終わって、手応えはいかがですか?

 

富山の初日はいい初日でしたね。舞台は生ものなので、稽古中にアクシデントがあって、急遽初演に出ていた前島亜美ちゃんが、髙橋果鈴ちゃんの代わりに1公演だけ初日に代役として出演したのですが、台詞も変わったなかで、2年越しの舞台に3時間の場当たりで出たんです。彼女もとても成長していましたし、2年間ずっと自分の持ち歌をボイストレーニングで練習していたそうなんです。だから、涙、涙の初日でした。本役の(髙橋)果鈴も、僕の初日に間に合い、本当に僕たちの中では一生忘れることのない感動的な初日でした。芝居もみんな集中しましたね。とはいえ、台湾公演まで3週間空いてしまうので、稽古出来ないのが不安ですが、何とか良い方向に向かっているんじゃないかと思います。

 

――再演に取り組んでいて、ご自身についてはいかがですか?

 

初演の時は自分の役についてやることで精一杯でしたが、僕の大好きな尊敬する吉田鋼太郎さんとずっと付きっ切りだったんです。開演5分前まで、鋼太郎さんの楽屋に行ってたばこを吸わせてもらって、2人でああでもないこうでもないと言いながら、プライベートの話から芝居の話まで、鋼太郎さんが全部引き受けてくれたんです。それが僕にとってすごく財産でした。その初演を1ヶ月間やることが出来て、夜神月としての経験があったから、さらに2年間で僕は色々と経験出来たので、富山の初日の時にはとても冷静でいられました。緊張というか、ソワソワはしましたが……。

 

――冷静というのは今回が珍しいことなんですか? 今までは違った?

『ラディアント・ベイビー』を経て、自分の中では結構変わったことがあります。無理をしないようになったというか。「辛いものは辛いと言う」「嫌なものは嫌だ」「好きなものは好き」という風にしないと、体も心も酷使する職業なので、耐えられないんです。素直でいようというか、あまり大きく見せようとしないで、自分は自分だと考えるようになりました。それが大きいかもしれないですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、演出の栗山民也さんから再演にあたって言われたことや、共演者についてなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。8月15日掲載予定のインタビュー「下」では、『フランケンシュタイン』『紳士のための愛と殺人の手引き』など、この一年間の活動や、今後について伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■初演の時は不安で、誰よりも早く稽古場に行って、誰よりも遅く残って

 

■色々な人がいる日本のいわゆる普通の授業中の様子をリアルにやってくれと

 

■(L役の小池さんとは)目を見て深いところで対話出来ている感覚がある

 

■みんなプロ意識が高く、さっぱりしていて、やる時はやる。だから安心出来る

 

 

<デスノート THE MUSICAL>
【富山公演】2017年6月24日(土)~25日(日) オーバード・ホール(公演終了)
【台湾公演】2017年7月21日(金)~23日(日) 臺中國家歌劇院 大劇院(公演終了)
【大阪公演】2017年8月19日(土)~8月21日(月) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2017年9月2日(土)~9月24日(日) 新国立劇場 中劇場

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/schedule/641/
ホリプロ http://hpot.jp/stage/death-note

 

柿澤勇人 関連記事:
⇒すべて見る

 

浦井健治 関連記事:
⇒すべて見る

 

小池徹平 関連記事:
⇒すべて見る

 

デスノート 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※柿澤勇人さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月28日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ゆう より:

    初めて見たミュージカルのデスノートで、柿澤さんの歌、声、芝居、全部好きだなぁと思いました。セリフからスッと歌いだす姿や表情が忘れられず、それ以来目が離せない役者さんです。地方の為なかなか観劇に行けないので、貴重なインタビューを読むことができてとっても嬉しいです。

  2. コージー姫 より:

    台湾初日にカッキーラを拝見しました。初演大楽からの月日と経験値が、進化、深化となって帰ってきました。大阪、東京とワクワクが止まりません。

  3. ゆー より:

    再演と言うことで、ブラッシュアップした柿澤さんをはじめカンパニーを拝見出来るのを楽しみにしております。

  4. Yun より:

    待ち続けた
    『デスノート THE MUSICAL』再演

    どう変わったのか
    このような目で見届けます。

    そこには柿澤勇人の
    新たな進化が見えるはず。

  5. MARIA より:

    柿澤さんの色々な面が分かるようなインタビュー、興味深かったです。
    再演ですが、ミュージカル「デスノート」侮ってはなりませんね。
    いつも本音を引き出せるような岩村さんのインタビューに感謝します。
    ありがとうございます。今後も期待しています。

  6. リヤ より:

    柿澤さんの歌唱力が本当にすごいです。初演のCDを何度も聞きました。進化した柿澤月の演技力や歌唱力を期待しております。

  7. ユミ より:

    初演柿澤月の東京千秋楽を見て以来のデスノート、9月の東京公演まで待ち遠しくてたまりません。期待値マックスにしてお待ちしてます!

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.