「『フランケンシュタイン』の歌は、難しかった」、柿澤勇人インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「『フランケンシュタイン』の歌は、難しかった」、柿澤勇人インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年8月15日

 

柿澤勇人さんのインタビュー後半です。有料部分では『フランケンシュタイン』『紳士のための愛と殺人の手引き』など、この一年間の活動や、今後について伺いました。

 

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

 

 

――小池(徹平)さんが、2人の夜神月が初演よりリアルで怖いとおっしゃっていました。

 

例えば狂気一つをとっても、ヒステリックな狂気もあれば、真顔で無表情で刺す狂気もあるし、色々な表現方法がありますよね。単純に声を一色にするのではなくて、モノトーンに棒読みのごとく言った方がヒヤッとする、逆に「この人何を考えているか分からなくて怖い」という怖さがあったりするので、そこを初演より感情を抑えるようにはしています。もちろん爆発させるところは爆発させますが、そればかりをやっていたらつまらないというか、一色になってしまうので、色々な声を使いたいなと思っています。

 

やはりそれは2幕にかけて、夜神月が新世界の神への階段を登っていく過程を表現するのに、色々な方法があると思います。僕もまだ定まっていないところもありますし、試してみたいところもあるので、富山公演は1回しか出来なかったから、早く台湾に行きたい思いもあります。大阪を経て、東京で大千秋楽を迎えられるというのもすごく嬉しいですね。

 

――東京で大千秋楽というのも珍しいですよね。

 

このスケジュールは珍しいですよね。色々な各地の空気をまとって、また新たな『デスノート THE MUSICAL』が出来ると思うので、それが東京で終わることが出来るのは嬉しいですね。

 

―― 新・父親役(夜神総一郎)の別所(哲也)さんはいかがですか?

 

僕の印象では、初演の鹿賀(丈史)さんは本当に「尊敬出来るお父さん」「警視総監」というイメージでしたが、別所さんは「パパ」という感じで、近い存在に感じますね。本当に居そうなお父さんという感じです。今回、台詞も若干変わったんです。お母さんはもちろん出てこないですが、台詞にはお母さんが出てくるようになったり、そういった夜神家の家族の描写が分かりやすくなるような台詞にマイナーチェンジされています。

 

――歌の技術的なところとかはいかがですか? 2年の経験を経て、さらにグレードアップするんじゃないかと期待もありますが。

 

そんなに変わらないんじゃないかな(笑)。月に関して言えば、細かく繊細に反応するように演出側からもダメ出しをたくさん頂いているので、自ずと歌い方も変わるだろうと思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『フランケンシュタイン』での共演者の印象や、WOWOWの『グリーン&ブラックス』、『紳士のための愛と殺人の手引き』などについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■『フランケンシュタイン』の歌は、少しでも調子が悪いとひっくり返る

 

■小西君は芝居が好きなんだろうなと。和樹はミステリアスで仲間思い

 

■『紳士のための愛と殺人の手引き』は、きつかった。セリフが飛んだら終わり

 

■30代になったら、新作をやることが多くなると思います。全部が挑戦

 

 

<デスノート THE MUSICAL>
【富山公演】2017年6月24日(土)~25日(日) オーバード・ホール(公演終了)
【台湾公演】2017年7月21日(金)~23日(日) 臺中國家歌劇院 大劇院(公演終了)
【大阪公演】2017年8月19日(土)~8月21日(月) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2017年9月2日(土)~9月24日(日) 新国立劇場 中劇場

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/schedule/641/
ホリプロ http://hpot.jp/stage/death-note

 

柿澤勇人 関連記事:
⇒すべて見る

 

浦井健治 関連記事:
⇒すべて見る

 

小池徹平 関連記事:
⇒すべて見る

 

デスノート 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※柿澤勇人さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月28日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ruka より:

    とても素敵なインタビュー、写真ありがとうございます。興味深く読ませていただきました!!
    色々な作品について書いてあったので、思い出しながら読みました。
    中でも、「フランケンシュタイン」は凄く大好きだったので、懐かしいなと思いニヤニヤしちゃいました。
    今後の作品も発表され、30代も本当に楽しみな俳優さんだと感じました。一番最後の質問、凄くありがたかったです。またインタビューしてくださる事を期待しています!

  2. コージー姫 より:

    カッキーから目が離せなくなりそうです。
    困った(笑)

  3. ToMaTo より:

    デスノート初演では、柿ラには神と言うより殉教者のような印象を受けました。パワーアップした再演の柿ラにはどういう印象を受けるのか…楽しみです。
    そして、岩村様。素敵なお写真をありがとうございます!

  4. ぴよ より:

    富山の初日を拝見しました。台湾・大阪を経てさらにパワーアップした舞台を楽しみにしています。

  5. はるりん より:

    柿澤勇人さんの演技と歌が大好きです。
    デスノートも楽しみにしています!

  6. リヤ より:

    台湾公演時、そんな圧倒的な歌唱力に感動し鳥肌がとまりません。
    デスノートは見れば後悔しない作品です。
    今後柿澤さんの新作も期待しております!。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年9月掲載分
■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.