「受賞、中途半端じゃなかったと救われたような」、小池徹平インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「受賞、中途半端じゃなかったと救われたような」、小池徹平インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年8月18日

 

小池徹平さんのインタビュー後半です。有料部分ではミュージカルへの思いや、今年4月に第42回菊田一夫演劇賞を受賞した思いなどを伺いました。

 

小池徹平さん=撮影・岩村美佳

小池徹平さん=撮影・岩村美佳

 

 

――(夜神月役の)浦井(健治)さん、柿澤(勇人)さん、それぞれ特にこのシーンが面白いとか、この過程が面白いというのはありますか?

 

2人とも、死にゆく様が好きですね。後の余韻が全く違うんですよ。

 

――(小池さんが演じる)Lが死んだ後のラストシーンですね。

 

そうです。僕は死んでいる芝居をしていますが、もちろん生きているから耳には入ってくる訳です。月の命がふっと、ただの塊になっちゃうあの余韻。生きていたものが塊になる……。劇場に残る、あの余韻がたまらなく、2人とも共通して好きですね。音と空気感が全然違うんですよ。あれは本当に面白い所だなと思いますよね。

 

――そのラストの面白さに繋がっていく物語の過程がより興味深くなります。お2人と向き合う時、始まる時とかもしくは舞台上で初めて会う時などはいかがですか?

 

同じ空間ではないですが同じステージにいる、同時進行で舞台がものすごく動き回るシーンで初めて一緒になるので、何か変な感じですね。歌も別空間で歌っているけれど、対決しているというか。

 

――それはある意味、死にゆくシーンと同じ「感じる」部分ですね。

 

そう、感じるんです。面白い演出なんですよね。「秘密と嘘」のナンバーですが、歌もとても格好良くて、見応えのある場面だと思います。離れていても嫌でも熱量は感じますからね。あのナンバーからいよいよ戦いが始まっていくぞ、という感じがすごくしますね。

 

――目を合わせてみては、どうですか?

 

目を合わすのは探りあいという感じなので、お互いに出しちゃいけないというか。僕はもろに「あなたキラでしょ?」というスタンスですが、「何言ってんだよ」「いやいや、キラですよね」という感じのシーンなので、2人ともおちょくるのが楽しいですよ(笑)。

 

――やはり、その辺りからその日の生ものならではの、毎回の違いを感じる所がありそうですね。

 

そうですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ミュージカルへの思いや、今年4月に第42回菊田一夫演劇賞を受賞した思いなどを伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ミュージカルは、思いだけでは出来ないシビアな世界なのが面白い

 

■プレッシャーというか、常に戦っている感じが合っていると

 

■菊田一夫演劇賞、遠回りだと思っていたことが近道だったような

 

■『デスノート THE MUSICAL』は、日本人が誇りを持てる作品

 

 

<デスノート THE MUSICAL>
【富山公演】2017年6月24日(土)~25日(日) オーバード・ホール(公演終了)
【台湾公演】2017年7月21日(金)~23日(日) 臺中國家歌劇院 大劇院(公演終了)
【大阪公演】2017年8月19日(土)~8月21日(月) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2017年9月2日(土)~9月24日(日) 新国立劇場 中劇場

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/schedule/641/
ホリプロ http://hpot.jp/stage/death-note

 

小池徹平 関連記事:
⇒すべて見る

 

浦井健治 関連記事:
⇒すべて見る

 

柿澤勇人 関連記事:
⇒すべて見る

 

デスノート 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※小池徹平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月31日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小池徹平さん=撮影・岩村美佳

小池徹平さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. MF より:

    浦井くん、柿澤くん、そして小池くんと連続して素敵なインタビュー記事ありがとうございます。
    私は小池くんのファンなのですが、デスノート the Musical自体すごく好きな作品で、再演が決まってから心待ちにしていました。
    この二年、それぞれが経験したことそれを糧にまた新たな世界、それぞれの月、Lを見せてくれると楽しみにしていましたが、富山公演で鳥肌が立つほどその新しさ、けれど根底にあるかわらない箇所をこれでもかと見せて貰い、このあとの東京公演がまた更に楽しみになっています。
    富山で感じた進化、変化が、今回のインタビューを読ませていただいて答えあわせができたと嬉しくなりました。
    ありがとうございます。

  2. memi より:

    小池徹平くんのインタビュー上・下と読ませて頂きました。
    菊田一夫演劇賞受賞おめでとうございます。
    受賞された「キンキーブーツ」も観劇しました。とてもはまり役でした。
    「デスノート THE MUSICAL」再演も富山、台湾公演と観させてもらいました。Lらしさにより、凄みが増しているように感じられました。大阪、東京公演も楽しみです。

  3. かおな☆ より:

    徹平くんが菊田一夫演劇賞受賞された時ほんとに嬉しかったです。真のミュージカル俳優として確立して、それでいてストイックで常に”高い壁があればあるほど燃える”という姿勢は当時も今も変わらなくてそのらしさが徹平くんであってずっと惹かれてる部分で。大変なことがあっても楽しむことも忘れない姿勢も。

    WaT解散という大きな決断をして、徹平くんもウエンツくんもそれぞれミュージカルの世界で私もそれぞれに観劇しますけど二人お互いの観劇もかかさなくてこうしてカタチは変わっても変わらない部分もあったり、なにより大好きな歌声を今も変わらず届けてくれる二人に当時も今も変わらず感謝の想いでいっぱいです

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.