「福島の自然や村の風景を思いながら、歌っています」、アカリさんインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「福島の自然や村の風景を思いながら、歌っています」、アカリさんインタビュー

筆者: 松中みどり 更新日: 2017年8月9日

 

2017年7月30日、大阪キタの繁華街・堂山にあるバー「Heaven Hill ヘブンヒル」で、日曜日恒例「天国ライブ」がおこなわれました。初めて声を聴いた時から紹介したいと思っていた、福島県会津若松出身のアカリさんが歌うというので駆けつけた次第です。4組のミュージシャンが出演する「天国唄あしびBIG4」、トップバッターのアカリさんは三味線、相方のトバリさんはアコースティックギター。異色のデュオ「アカリトバリ」による福島民謡「相馬盆歌」でライブは幕を開けました。

 

こちらは当日、「相馬盆歌」を歌うアカリさんを撮影した動画です。

 

 

 

アカリさんの歌には、伸びやかで素直な声が聴く人の胸にまっすぐ届く魅力があります。それは、そのままアカリさんの魅力。福島で生まれ、家族に愛されて育った人の声です。だからこそ東日本大震災と福島第一原発事故がもたらした衝撃は大きかっただろうと思います。ライブに先立って、2017年6月、アカリさんにインタビューしました。

 

 

――2011年の3月11日は、福島にいたのですか?

 

私はもう大阪に住んでいました。福島に両親がいたので、大阪に逃げて来て欲しかったんです。でも、90になるおじいちゃん、おばあちゃんを連れて避難できないし、もちろんおじいちゃんたちを置いてくることも出来ないと言われました。私はすぐ帰りたかったけれど、両親からは、何が起きるかわからないからこっちに来たらダメだと言われました。あかりちゃんが大阪で元気でいることが私たちの願いだよって。

 

――それは辛かったですね。原発事故後、初めて帰ったのはいつ?

 

3月末に、野菜と水を持って家に帰りました。そのお礼にとおじいちゃんがくれたのが三味線だったんです。大阪で民謡を習うようになりました。そしたら余計に、福島の人たちが、土地や山をどれだけ大事に生きてきたかが分かった気がします。

 

山菜やキノコ採りに連れていってくれたおじいちゃん、おばあちゃんを思って作ったアカリさんのオリジナル曲「山の唄」も素敵です。当たり前のように感じていた自然の恩恵。大人から子供へと伝えられていた昔ながらの知恵。それが今は、土の汚染はどうだろうとか、この食べ物はどうだろうとか、考えなくてはいけない。そんな環境になって初めて、失ったものの大きさを感じたと、アカリさんは話してくれました。

 

こちらは当日、「山の唄」を歌う「アカリトバリ」のアカリさんを撮影した動画です。

 

 

  1. あなたの愛した山々を
  2. 守っていけずにごめんなさい
  3. 日々は流れて 季節はめぐり
  4. 私の心は置いてけぼり

 

初めて「山の唄」を聴いたとき、歌詞のこの部分で涙があふれました。アカリさんは、この曲について以下のように話しています。

 

「『山の唄』は原発事故から1年たった頃出来た曲です。今だけでなく来年、そして再来年とずっと続けていける知恵が受け継がれていた山の暮らし。その中で疑うことなく受けていた自然の恩恵が、原発事故後は規制値という数字で語られるようになる一方、山の除染は出来なかったり…。県内でも地域により状況が様々なこともあり、いろいろと難しい問題はありますが、私が見てきた美しい自然や私が教えてもらったこと、そして今感じていることを歌っています」

 

 

※アイデアニュース編集部注:きのこや山菜の放射性物質の検査結果による出荷制限などの状況は、林野庁のこちらのページに掲載されています。http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/syukkaseigen.html

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、アカリさんのインタビューの後半と、もうひとつのオリジナルソング「魔法の石」の動画を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■怖いと思った自分のことを考えました。父と母は私を守ろうとしてくれたんだなと

 

■今、レパートリーは民謡が8曲くらい、オリジナルは10曲くらいあります

 

■原発をどう思っている人たちかわからないようなところでも歌いたい

 

■私もチェルノブイリを忘れていた。だから、お年寄りが教えてくれたことを伝えたい

 

■「アカリトバリ」のアカリさんが歌う「魔法の石」(動画)

 

 

<アカリトバリ ライブ情報>

 

<第46回 釜ヶ崎夏まつり>
【大阪】2017年8月15日(火) 釜ヶ崎三角公園 アカリトバリ出演は8月15日13時からを予定
会場:西成 釜ヶ崎 三角公園(萩之茶屋南公園) 大阪市西成区萩之茶屋3-7
概要:釜ヶ崎労働者を中心とする地域の恒例夏祭り、8月12日前夜祭から8月15日まで開催
サイト:https://www.facebook.com/events/348216798933436

 

<ROCK AND ART OSAKA 2017>
【大阪】2017年8月27日(日) さをり会館 アカリトバリ出演は11時30分からを予定
会場:さをり会館 大阪市都島区中野町5-13-4(JR桜ノ宮駅、地下鉄都島駅)
概要:誰もがあるがままの自己を自由に表現するスペシャルイベント
サイト:https://www.facebook.com/happycomecomerockandart/

 

<みやこ&アカリトバリ ライブ>
【大阪】2017年9月9日(土) 花海 ~Hanami~ ライブは19時00分から
会場:食処BAR「花海 ~Hanami~」 大阪府和泉市府中町1-9-2
サイト:https://hanami-naru.jimdo.com/

 

 

<関連サイト>
トバリアカリさん Facebookページ
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007985713094
「天国ライブ」が行われたバー「Heaven Hill ヘブンヒル」
http://heavenhill.pa.land.to/
さをり会館(SAORI本部の日々)
http://saori57.exblog.jp/

 

原発 関連記事:

⇒すべて見る

 

福島民謡「相馬盆歌」を歌う「アカリトバリ」のアカリさん=2017年7月30日、撮影・松中みどり

福島民謡「相馬盆歌」を歌う「アカリトバリ」のアカリさん=2017年7月30日、撮影・松中みどり

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.