有限の時間の中で感じた無限、スタジオライフ『なのはな』東京・大阪公演を観て | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

有限の時間の中で感じた無限、スタジオライフ『なのはな』東京・大阪公演を観て

筆者: 桝郷春美 更新日: 2019年5月3日

 

この春、まちの風景の中で、なのはなに目をやるようになった。青空の下、鮮やかな黄色い花が風にそよぎ、揺れている姿を眺めては、ひとつの物語に思いをはせる。そうして、いつもの春とは違うまなざしを向けるようになったのは、劇団スタジオライフの舞台『なのはな』を観たことがきっかけだ。2019年2月27日から3月10日まで東京で、その後4月12、13日に大阪で上演された舞台。東京と大阪、両公演の初日を観て感じたことなどをお届けする。

 

『なのはな』K(クークラ)チーム公演より=写真提供・Studio Life

『なのはな』K(クークラ)チーム公演より=写真提供・Studio Life

 

 

この作品は、少女漫画家の萩尾望都さんが、東日本大震災と同年の2011年8月に発表した短編漫画『なのはな』を、スタジオライフが2019年に初めて舞台化したもの(脚本・演出 倉田淳)。物語は、ナホという小学6年生の女の子と家族が主軸となっている。原発事故の影響で自宅を離れて、避難先で暮らすナホと家族。ばーちゃんは津波で行方不明のまま。ある時、ナホは夢の中でばーちゃんと再会する。隣には人形を手にした西洋人の女の子。再び夢の中で会った時、女の子は、ばーちゃんの使っていた種まき器を持っていた……。

 

原作者の萩尾さんは、大震災・原発事故の影響により、多くの人の運命が変わってしまったことに心を痛め、想いを寄せて『なのはな』という短編を生み出したという。それをスタジオライフが、1時間の舞台として立ち上げた。本作品では、家族の物語というスタンスに忠実に、ナホの夢と現実が交錯していく展開をダイナミックに見せて、かつ心の機微を繊細に表現。そうして、“なのはな”に希望を見い出していく地点に至るまでの過程を丹念に見せている。

 

私は東京公演初日を観終わった後、この作品をまた観たいと思った。この舞台が生き物のように感じられたからだ。この作品が生まれた根っこには、原発事故がある。現在進行形の深刻な事実を扱うからこそ、家族の小さな営みを大切にする姿勢。そこに好感を覚えた。そして私自身、福島県沿岸部に足を運んでいたことにもよる。2012年から14年当時、私はある高校生たちの演劇に出会って、観て終わりにしてはいけないという衝動に突き動かされて福島県沿岸部に通い続けた。だが大震災と原発事故の爪痕が生々しかった時期、現場を見れば見るほど、話を聞けば聞くほどに伝えることの葛藤に苛まれて一時期書けなくなった。とことん悩みあがいた末、それから世の中と表現とのつながりへの関心が強まった。あの時の経験が今も身体の中に沁み込んでいて、それが書いて伝えることの原動力の一つになっている。地に足をつけながら、どこまで広がりをもって豊かに表現できるか。その可能性を見つけていきたい。そうした中で、スタジオライフの『なのはな』に出会った。

 

スタジオライフは、ファンタジー色の強い漫画原作を舞台化することも多い。そんなスタジオライフによる『なのはな』だからこそ、この舞台における現実感とファンタジーとの融合が、公演を重ねることで、どのように変化していくのだろうということに興味があった。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、この続きを掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■吐く息が白かった早春から、なのはなが咲き誇る陽春へ

 

■ナホ役の松本慎也さん、悲しみを抱えている状態を見せられる安心感

 

■「なのはな」「種まき器」という物理的な角度からつながる

 

■今を生きる人に伴走するように、これからの道標を作ってくれた

 

<スタジオライフ『なのはな』>
【東京公演】2019年2月27日(土)~3月10日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト(終了)
【大阪公演】2019年4月12日(金)~4月13日(土) ABCホール(終了)
http://www.studio-life.com/stage/nanohana2019/

 

<関連リンク>
劇団スタジオライフ
http://www.studio-life.com/
劇団スタジオライフ 公式ツィッター
https://twitter.com/_studiolife_
スタジオライフ 公式facebookページ
https://www.facebook.com/studiolife1985/

 

 

『なのはな』 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤原啓児 関連記事:

⇒すべて見る

 

スタジオライフ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

『なのはな』K(クークラ)チーム公演より=写真提供・Studio Life

『なのはな』K(クークラ)チーム公演より=写真提供・Studio Life

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。京都市在住。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターの道へ。アサヒ・コム(現・朝日新聞デジタル)編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスとして雑誌やウェブサイトに執筆。世の中と表現の関わりを軸に、舞台、映画、美術などジャンルを問わず、人物インタビューや現地取材に取り組んでいる。英語での取材・執筆も行う。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.