作品世界をイメージした衣装でパフォーマンス、舞台『黒蜥蜴』製作発表 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

作品世界をイメージした衣装でパフォーマンス、舞台『黒蜥蜴』製作発表

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2017年9月28日

 

江戸川乱歩の長編探偵小説で、1961年に三島由紀夫が戯曲化した『黒蜥蜴』が、2018年1月9日から日生劇場で、2月1日からは梅田芸術劇場メインホールで上演されます。9月28日には、出演者のうち緑川夫人(黒蜥蜴)役の中谷美紀さん、明智小五郎役の井上芳雄さん、岩瀬早苗役の相楽樹さん、家政婦ひな役の朝海ひかるさん、雨宮潤一役の成河さん、演出のデヴィッド・ルヴォーさんが参加し、製作発表が開かれました。この製作発表の様子を取材しましたので、動画で紹介します。

 

製作発表は東京モード学園コクーンホールAで開かれ、東京モード学園の学生さんたちも会見を鑑賞。会場のランウェイ(ファッションモデルらが服やアクセサリーのデモンストレーションを行う舞台)では、出演者らが作品世界をイメージした衣装で、パフォーマンス行ないました。まずは、このパフォーマンスの様子をご覧ください。

 

 

 

 

こちらは、井上芳雄さん、成河さん、デヴィッド・ルヴォーさんのお話の中で、やりとりが面白かった部分です。

 

 

 

アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、演出のデヴィッド・ルヴォーさんが「三島由紀夫」についてや、「夢のような」ということの意味について語られた部分などの動画を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■三島は『黒蜥蜴』で、「美」と「人間の不完全さ」という相反する概念を描いている

 

■「夢であるかのよう」とは、「あいまい」ではなく、カットしているということ

 

 

<『黒蜥蜴』>
【東京公演】2018年1月9日(火)~1月28日(日) 日生劇場
【大阪公演】2018年2月1日(木)~2月5日(月) 梅田芸術劇場メインホール
『黒蜥蜴』特設ページ梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/kurotokage/
 

 

黒蜥蜴 関連記事:

⇒すべて見る

 

井上芳雄 関連記事:

⇒すべて見る

 

成河 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、演出のデヴィッド・ルヴォーさんが「三島由紀夫」についてや、「夢のような」ということの意味について語られた部分などの動画を掲載しています。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
■ 2017年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.