「マタ・ハリでしかないと思ってくださるように」、柚希礼音インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「マタ・ハリでしかないと思ってくださるように」、柚希礼音インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年1月12日

 

柚希礼音さんインタビュー後半です。マタ・ハリ役について色々と伺いました。有料部分では、『マタ・ハリ』の楽曲についてや、2017年に経験した大きな変化ついて伺いました。

 

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

 

 

――稽古が始まって、役に対する印象や、ここを見せたい、大事にしていきたい思いなどはいかがですか?

 

あの時代に必死に生きている強さ、自分一人の力で何とかここで戦ってやると思って生きている姿と裏腹に、なぜか純粋さを感じていたんですが、今もやはりそこが大切だなと思っています。描かれていない過去をしっかりと自分のものにして、それを通ってきたからこそ、今、こんなに自分の力で生きたいんだと。待つだけで行動を起こさなかったばかりに、色々な事件が起きてしまった過去を、本当に悔やんだのだろうなと思います。だから失敗しても行動する、絶対にやる、戦うという意思が強いんだと思うので、そのあたりをしっかりと表現したいです。

 

「純粋」というと、「マタ・ハリが純粋なのか?」と思うかもしれませんね。この何日間の稽古で思うのは、パリに出てマタ・ハリになったのは、本名のマルガレットが、大女優のマタ・ハリを演じて、なんとか生き延びていこうとしているんだなと。お金持ちの人たちの力を借りたり、その人たちに気に入られて支援して頂きながら女優を演じているんだと思いますが、本来はやはり純粋だったんじゃないかなぁと。純粋だったらそんな娼婦みたいなことはしないと、普通は思うでしょうが、絶対に過去に戻りたくないからここで生きるしかないという気持ちが上回る。だとしたら、やはりお金持ちの方々に支援してもらわないと絶対に生きていけないという強さがそうさせているだけで、心が淫らなわけではないというところを強く感じるので、そのあたりを大切にしたいと思っています。

 

――退団されてから色々な作品に出演されていますが、ここまで恋愛色が強い役は初めてですよね。そこがとても楽しみなところでもありますが。

 

そうですね。『ミュージカルバイオハザード~ヴォイス・オブ・ガイア~』でも、恋愛色は一応あった……。

 

――そうはいっても、戦いがメインでしたよね。

 

そうでしたね。『お気に召すまま』もこういう感じではなかったですし、確かにそうですね。でも、これまでの作品とガラリと変わった、こういう大人な恋愛物も、自分が観る方だとしたらとても好きな世界観です。時代も、衣裳も、男と女の関係性も、好きな世界観ですし、自分も思い切って「やるぞっ!」と思っています(笑)。

 

――(「やるぞっ!」の表情がめちゃくちゃ可愛くて、思わず)可愛い…(笑)。

 

(笑)。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』を経験したことがとても大きかった」と」いうお話など、2017年の変化について伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■譜面が「喜んで」「抑えながらワクワクして、爆発!」と教えてくれる

 

■『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』で自由になった

 

■宝塚のトップの時は「自分がストーリーを進めていく意思を」と

 

■『マタ・ハリ』、新しい自分を迷うことなく思い切り見せてみたい

 

 

<ミュージカル『マタ・ハリ』>
【大阪公演】2018年1月21日(日)~1月28日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2018年2月3日(土)~2月18日(日) 東京国際フォーラム ホールC

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 ミュージカル『マタ・ハリ』
http://www.umegei.com/schedule/675/
ミュージカル『マタ・ハリ』」twitter
twitterhttps://twitter.com/matahari_2018
柚希礼音オフィシャルサイト
http://reon-yuzuki.jp
柚希礼音オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/reonyuzuki_official/?hl=ja
柚希礼音アミューズオフィシャルサイト
http://artist.amuse.co.jp/artist/yuzuki_reon/
柚希礼音 STAFF Twitter
https://twitter.com/yuzukireonstaff

 

<関連リンク>

 

マタ・ハリ 関連記事:

⇒すべて見る

 

柚希礼音 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

※『マタ・ハリ』柚希礼音さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月25日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

柚希礼音さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. Muku より:

    宝塚時代から柚希礼音さんが大好きで応援しています。ご卒業後もいろんな事に挑戦され、気づいたらバリバリのかっこいい男役から綺麗な女優さんへと変身されつつありますよね。マタハリでもまた新たな一面を見せていただけるのかなとワクワクしています。マタハリとして生きる柚希さんを早く拝見したいです!

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.