【動画】早霧せいな主演ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』稽古を公開 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

【動画】早霧せいな主演ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』稽古を公開

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2018年5月7日

 

元宝塚歌劇団雪組トップスターの早霧せいなさんの宝塚退団後初の主演ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』の公開稽古が、2018年5月7日に開かれました。公開されたのは3つの場面で、合わせて「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」「戻らない時間」「女だけど男」の3曲が披露されました。また、早霧さん、相葉裕樹さん、宮尾俊太郎さんの囲み取材も行われました。当日の様子を、動画でご紹介します。(撮影・岩村美佳)

 

こちらは1曲目の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の一部です。

 

 

 

こちらは囲み取材冒頭の「公演への意気込み」の部分です。

 

 

 

ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』は、『シカゴ』『キャバレー』『蜘蛛女のキス』などで知られるジョン・カンダー&フレッド・エッブによる華やかな楽曲と笑いあふれるラブロマンスで、トニー賞4冠に輝いた作品です。

 

<ストーリー>(公式ページより)
その年の最も輝いた女性に贈られる賞“ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の授賞式を控えた人気ニュースキャスターのテス(早霧せいな)。お互い一目惚れでスピード結婚した風刺漫画作家・サム(相葉裕樹)との新婚生活をスタートさせ、公私共に順風満帆の筈だったが……!? バリバリのキャリアウーマン(バリキャリ)道まっしぐらのテスは、何よりも仕事が最優先。気付けばサムとの関係には亀裂が生じ、早くも離婚危機に陥ってしまう。愛するサムの事は大切にしたい、でも今まで築き上げてきたキャリアは絶対的なもの。そんな時、テスが取材をした亡命中の有名バレエダンサー・アレクセイ(宮尾俊太郎)の思いがけない決断が、彼女の心を大きく突き動かす。家庭と仕事、女性の本当の幸せは、果たしてどちらにあるのか? キレっ切れのテス・ハーディングが目指すパーフェクトな人生とは……。

 

 

アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、相葉さんが歌った2曲目の「戻らない時間」と、早霧さんらが歌と軽やかなダンスを披露した3曲目の「女だけど男」のシーン、囲み取材の全体を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■2曲目の「戻らない時間」と3曲目の「女だけど男」より(計1分58秒)

 

■【囲み取材】ご自分の役の紹介を(3分34秒)

 

■【囲み取材】稽古場で感じることは?(2分2秒)

 

■【囲み取材】音楽的な魅力(2分40秒)

 

■【囲み取材】女性役の難しさ(2分33秒)

 

■【囲み取材】テスと似ている部分は?(1分33秒)

 

■【囲み取材】男性との共演で戸惑ったことは?(2分32秒)

 

<ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』>
【大阪公演】2018年5月19日(土)~5月27日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【東京公演】2018年6月1日(金)~6月10日(日) TBS赤坂ACT シアター
特設ページ
http://www.umegei.com/womanoftheyear/

 

ウーマン・オブ・ザ・イヤー 関連記事:

⇒すべて見る

 

早霧せいな 関連記事:

⇒すべて見る

 

相葉裕樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.