井上ひさし流 重喜劇 東京裁判・戦争の真実を問う『夢の裂け目』6月4日開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

井上ひさし流 重喜劇 東京裁判・戦争の真実を問う『夢の裂け目』6月4日開幕

筆者: 達花和月 更新日: 2018年5月16日

 

音楽でつづる井上ひさしの重喜劇 東京裁判、戦争の真実を問う『夢の裂け目』が、新国立劇場 会場20周年記念公演として、2018年6月4日(月)~24日(日)まで、東京・新国立劇場 小劇場で上演されます。作品についてプレスリリースよりご紹介します。

 

『夢の裂け目』

『夢の裂け目』

 

 

<作品について>
『夢の裂け目』は、2001年に「時代と記憶」シリーズのひとつとして書き下ろされ、続いて、03年『夢の泪』、06年『夢の痂』と、市井の人々の生活から東京裁判の、そして戦争の真実を問うた「東京裁判三部作」が生まれました。その後、2010年に「人はなぜ戦うのか」をテーマに三部作を一挙連続上演、改めて、風化させてはならない記憶、国家と国民の関係を描き、今新たに「日本人とは」ということを問いかける作品として高い評価を得ました。そして、新国立劇場開場20周年の今シーズン、劇場の財産として継承すべき1本として、本作を上演いたします。今回はキャストをほぼ一新し、歴史的な裁判に巻き込まれてしまった庶民、主人公の紙芝居屋に段田安則を迎えました。笑いと音楽をふんだんに盛り込んだ、深くて面白い井上流・重喜劇、新生『夢の裂け目』の誕生です。

 

<あらすじ>
昭和21年6月から7月にかけて、奇跡的に焼け残った街、東京・根津の紙芝居屋の親方、天声こと田中留吉に起こった、滑稽で恐ろしい出来事。ある日突然GHQから東京裁判に検察側の証人として出廷を命じられた天声は、民間検事局勤務の川口ミドリから口述書をとられ震えあがる。家中の者を総動員して「極東国際軍事法廷証人心得」を脚本がわりに予行演習が始まる。そのうち熱が入り、家の中が天声や周囲の人間の〈国民としての戦争犯罪を裁く家庭法廷〉といった様相を呈し始める。そして出廷の日。東条英機らの前で大過なく証言を済ませた天声は、東京裁判の持つ構造に重大なカラクリがあることを発見するのだが……。

 

<演出・栗山民也さんからのメッセージ>
この『夢の裂け目』の再演は、2010年4月新国立の小劇場において上演された。東京裁判を主題とした三部作の一挙上演の、一作目であった。その初日の終演後、楽屋でスタッフ、キャスト一同でささやかな乾杯があり、帰宅したのは深夜だった。まもなくして、一本の電話があった。そして、作者である井上ひさしの死を知った。だから、この作品のすべてが強く深い悲しみの記憶となって、今も全身に刻まれている。この作品のカーテンコールで、クルト・ワイルの「マック・ザ・ナイフ」が、歌われる。これは作者の指定で、その曲に「劇場は、夢を見るところ・・・」という劇場賛歌の歌詞が、井上さんによって新たに書かれた。だが、劇中では、夢のことごとくは、裂かれていく。そんな日本人の夢と、その後の日本人の罪、そして責任を綴った物語である。幾度となく、いろいろなことを思い返さねばならないと、歴史を刻んだ大事なモニュメントの前に立つような気分だ。

 

 

<『夢の裂け目』>
2018年6月4日(月)~24日(日) 新国立劇場 小劇場
作◎井上ひさし 演出◎栗山民也
出演◎段田安則、唯月ふうか、保坂知寿、木場勝己、高田聖子、吉沢梨絵、上山竜治、玉置玲央、佐藤 誓
公演オフィシャルサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009665.html

 

井上ひさし 関連記事:

⇒すべて見る

 

新国立劇場 関連記事:

⇒すべて見る

 

<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.