「すごく切ない役です」、『ラブ・ネバー・ダイ』小野田龍之介インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「すごく切ない役です」、『ラブ・ネバー・ダイ』小野田龍之介インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年11月26日

 

2019年1月15日(火)から2月26日(火)まで、日生劇場で上演されるミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』に、ラウル・シャニュイ子爵役で出演する小野田龍之介さんにインタビューしました。「上」「下」に分けてお届けします。「上」では、小野田さんが演じるラウル役の「切なさ」などについて語ってくださったお話のほか、共演する市村正親さん、石丸幹二さんについて伺った内容を掲載します。

 

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

 

 

――この作品への出演が決まって、どう思いましたか?

 

子どもの頃からお仕事をさせて頂いていますが、ミュージカルがずっと大好きなんです。観るのも大好きなので、いまも観ていますが、やはりミュージカルを代表する作品や憧れる作品ってたくさんあると思うんです。その中で、ファントムの作品、アンドリュー・ロイド=ウェバーが作りあげる世界は、ミュージカル俳優がものすごく憧れるというか、とても格式の高い世界だなと思っていたんですね。僕は決して、声楽を音大や芸大で勉強したというクラシカルな人間ではないので、『オペラ座の怪人』のような作品には縁がないだろうなとずっと思っていました。そう思っていた中で、キャスティングして頂いて、すごく嬉しかったです。

 

ファントムの世界にいられるのは、すごく光栄なこと。特に、『ラブ・ネバー・ダイ』は、それぞれの人物が『オペラ座の怪人』から10年経った人生を物語で綴っていますが、僕の印象は『オペラ座の怪人』よりも『ラブ・ネバー・ダイ』の方がものすごく人間味が溢れているなと。それぞれのキャラクターが、それまでは少し気取った、表面上の美しさが描かれている印象が強かったですが、この『ラブ・ネバー・ダイ』になって、ラウルもそうですし、ファントムやクリスティーヌ、メグ、マダム全員が生々しく描かれていて、ものすごくおもしろい。音楽だけではなくて、物語としても、俳優さんの演じ方によって、ドロドロした具合やその中で見えてくる愛や光というものが変わってくると思うので、とてもチャレンジし甲斐のある役ですね。

 

――『オペラ座の怪人』は少しファンタジー的な感じがありますもんね。

 

『オペラ座の怪人』は「そんな美しい話ある?」というくらいの話ですが、『ラブ・ネバー・ダイ』は逆に「そんなドロドロした話ある?」というくらい(笑)。

 

――確かに(笑)。

 

でも、僕は『ラブ・ネバー・ダイ』の方がおもしろいですね。少し昼ドラ感はありますが(笑)。元々、僕はこの『ラブ・ネバー・ダイ』が大好きで、日本版はもちろんですが、DVDなどで世界の映像も観たり、音楽を聴いたりして、キャスティングして頂く前から知っていたんです。今回のバージョンもそうですが、上演するごとに結構変わるんですよね。今回の日本版もまた少し変わるみたいなので、進化していく作品に携われるというのも嬉しいです。日本ではまだ2度目の上演ですが、進化してさらにおもしろいものになればと思っています。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、小野田さんが演じるラウル役についてさらに詳しく語ってくださった内容のほか、共演する市村正親さん、石丸幹二さんについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。11月27 日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、『メリー・ポピンズ』でも共演した濱田めぐみさんと平原綾香さんと今回は夫婦役になることについて濱田さんと平原さんと話した内容や、同じく共演する田代万里生さん、鳳蘭さん、香寿たつきさんらについて語ってくださった内容と、さらに『レ・ミゼラブル』でのアンジョルラス役についても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■闇がある役だからこそ、僕がキャスティングされる可能性があったんだと

 

■音楽を理解できないラウルは、つらい。音楽的な人たちの交流に入れない

 

■市村正親さんは拝みたくなる。ファントムのなかでドラマが続いている

 

■石丸幹二さんが仮面をつける瞬間を見たら、やっぱり、ぞわーっとしました

 

 

<ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』>
【東京公演】2019年1月15日(火)~2月26日(火) 日生劇場
公式サイト
http://hpot.jp/stage/loveneverdies2019

 

<関連リンク>
小野田龍之介-Ryunosuke.O- Twitter
https://twitter.com/ryunosukeonoda

 

『ラブ・ネバー・ダイ』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小野田龍之介 関連記事:

⇒すべて見る

 

石丸幹二 関連記事:

⇒すべて見る

 

※小野田龍之介さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月26日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

小野田龍之介さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. まさ より:

    最近益々ノリに乗っている龍之介くん。応援してます。
    龍之介くんというより、龍之介さんって言う方がしっくりくる安定感ですね。ますますのご活躍を楽しみにしています。

  2. ミッキー より:

    龍之介くんのいろいろな想いを知る事が出来てとっても嬉しいです。
    ミス・サイゴンの時の記事もファンにとってはとても貴重なお話だったのでまた取材してくれないかな?と待っておりました。
    どんな風に演じられるのか今から楽しみです!

  3. ようこ より:

    LNDよりもオペラ座のが好きだったのですが、今回は小野田くんがラウルをやるというので、どんなダメ男を演じるか楽しみです。ミスサイゴンのクリスもダメ男だったのですが、今回はフランス人。歌も演技もとても気になります。パワーアップした小野田くんを楽しみにしています。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.