「間口が広い」、THE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』本田礼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「間口が広い」、THE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』本田礼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年12月10日

 

2018年12月14日(金)から12月17日(月)まで、TBS赤坂ACTシアターで上演されるTHE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』に出演する本田礼生さんにインタビューしました。「上」「下」に分けてお届けします。「上」では、THE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』についてのお話のほか、小さいころはどんなお子さんだったのか、上京した時のこと、役者になろうと決意したきっかけなどについて伺いました。

 

本田礼生さん=撮影・岩村美佳

本田礼生さん=撮影・岩村美佳

 

 

――THE CONVOY SHOWに参加されるのは3作目ですが、本田さんからみた、今感じている魅力をお聞かせください。

 

THE CONVOY SHOWの、とても素敵なところは、見どころが人によって違うところだと思います。年齢やその人の育った環境、職業によって、全然違うと思うんです。たとえば、前回の『星屑バンプ』だと、若者対おじさんの構図なんですが、多分年齢が僕らより大先輩の大人の方だったら、大人のシーンが見どころだったりするでしょうし、僕らに近い人だと、僕らのシーンに共感するところがあると思います。だから、どこに共感するかによって、作品の見方が全く違ってくると思います。その上で、僕が思う『ONE!』の見どころは、舞台に立つ俳優、表現者として僕が忘れてはいけないことが詰まっている作品だと感じていて。エンターテイナーや表現者は、こうあるべきというところが、僕としては見どころです。みなさんから観たときには、また違うものがあるんじゃないかと思います。そういうところが、THE CONVOY SHOWの魅力だと思います。

 

――「こうあるべき」とは、具体的に言えることは、ありますか?

 

僕は上京する前にダンスを趣味でやっていたころがあったんです。で、お祭りのときに「踊ってください」と頼まれることがあったりしました。そういうときは、仕事ではないので、出たいときに出る。やりたいときにやればいい。でも、いまは舞台に立つ事が仕事になっています。本質的なところでは、僕らの職業は絶対にお客さんに観てもらわないと成立しない仕事なんです。それを何年かやらせてもらっていると、忘れることはありませんが、『ONE!』の物語の中であるきっかけでショーをやるんですが、そのきっかけがとても素敵なんです。でもそれって、今の僕にできるのかなと。例えば仕事が重なっていたりとか様々なしがらみのなかで、僕は今、この作品と同じようにできるのかなって、ふと思ったんです。

 

――今の自分にできるかなと、考えさせられちゃう内容なんですね。

 

多分、それは舞台に立つ側が思っていることだろうと思います。でも見ている側にも通じるものがあると思うんです。いい意味で、誰にでも共感してもらえる。だから、THE CONVOY SHOWは家族で観に来てもらえると、とても楽しいだろうなって思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、THE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』についてのお話のほか、小さいころはどんなお子さんだったのか、上京した時のこと、役者になろうと決意したきっかけなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。12月11日掲載予定のインタビュー「下」では、ミュージカル『テニスの王子様』出演から、最近のSTAGE COMPANY THE MIX-UP 『TRANS-トランス-』、『GEM CLUBⅡ』出演などについても話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■THE CONVOY SHOWは体力的にきつい。果てしなくきついんです

 

■オーディションではダントツに下手くそ。でも、世界が変わった

 

■自分が感動したその気持ちを、色々な人に感じてもらいたいと

 

■TBS赤坂ACTシアターで「ここに立つまで愛媛に帰らない」って決めた

 

 

<THE CONVOY SHOW vol.36 『ONE!』>
【東京公演】2018年12月14日(金)~12月17日(月) 赤坂ACTシアター
http://theconvoyshow-one.com/

 

<関連リンク>
THE CONVOY SHOW
http://theconvoyshow.com/
本田礼生 オフィシャルブログ
https://lineblog.me/hondareo/
本田礼生 Twitter
https://twitter.com/honda_reo

 

 

ザ・コンボイショウ 関連記事:

⇒すべて見る

 

本田礼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※本田礼生さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月10日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

本田礼生さん=撮影・岩村美佳

本田礼生さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. さと より:

    期待以上のインタビュー記事でした。ギリギリになってしまいましたが、ゆっくり読めて、良かったです。
    本田さんのおかげで、今までも素晴らしい作品に出会わせて頂きました。
    今回の記事を読んで、更に やはり 素敵な役者さんだと思いました。

  2. より:

    すごく丁寧にインタビューしてくださっていて嬉しいです。礼生くんはコンボイショウに入ったことで本当に大きくなってくれました。安心して見ていられる役者さんだなと思います。彼が40,50,60になったとき、どんな役者になっているのか… すごく楽しみです。

  3. tmy より:

    こんなお話聞いてみたかった!
    というインタビューで拝読したいま充足感でいっぱいです。
    本田さんの魅力がちりばめられていてたくさんの方に読んでほしい記事です。
    聞いたことのあるお話も文字からだと違う印象を受けるので何度でも読み返したくなります!
    「ONE!」がとても楽しみになりましたし、後半もすぐに読みたくなりました!
    素敵なお写真と記事をありがとうございます。

  4. ゆう より:

    私は最近本田さんを好きになったので、役者を始める前のことや上京したての頃のお話をこうやって知ることが出来てとても嬉しかったです。本田さんの中で大きな存在である赤坂アクトシアターに立つお姿を客として拝見出来ること、心から楽しみにしてます。

  5. みのり より:

    礼生さんのインタビューとても楽しく読ませていただきました。役者仲間に胸を張って見て欲しいと思える、そんな作品を礼生さんの思い入れのあるACTシアターで感激できること、本当に幸せに思います。『ONE!』がさらに楽しみになりました。
    役者を目指したきっかけや、地元でのお話なども聞くことが出来てとても嬉しかったです。
    素敵な記事、お写真ありがとうございます。後半の記事も楽しみにしています!

  6. りさ より:

    本田さんのインタビュー記事、とても楽しく、そして興味深く読ませていただきました。本田さんがそんなにも人に見て欲しいと言える『ONE!』をTBS赤坂ACTシアターに見に行くことがより一層楽しみになりました。
    それ以外にも過去のお話なども読むことが出来てとても嬉しかったです。
    インタビュー記事後半も楽しみになりました。
    素敵な記事、お写真をありがとうございました!

  7. るみ より:

    読みごたえがあり大満足の記事でした。
    礼生さんが誇りを持ちコンボイの舞台に立たれているのが伝わってきました。
    『ONE!』の見どころから、公演を拝見した際自分がどんな印象を持つか興味深く、益々楽しみになりました!
    幼い頃や上京した時の話、役者になるきっかけも、また違った側面からのお話を聞けて嬉しかったです。
    インタビュー後編の公開も楽しみです!

  8. KAORI より:

    本田さんの「ONE!」のインタビュー、とても興味深く読ませて頂きました。新規のファンなので、上京前や活動し始めた頃のお話も聞いてくださりすごく嬉しかったです。後半のインタビューも楽しみにしています。これから他の記事も読ませてもらおうと思います。素敵なインタビューとお写真をありがとうございました!


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.