貧しい人々を救う盗賊の首領を芹香斗亜が熱演、宝塚『群盗-Die Räuber-』開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

貧しい人々を救う盗賊の首領を芹香斗亜が熱演、宝塚『群盗-Die Räuber-』開幕

筆者: 中田 ゆりな 更新日: 2019年2月13日

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-が、2019年2月9日(土)に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕し、2月26日(火)からは日本青年館ホールで上演されます。原作は、1781年に出版されたシラーの戯曲処女作「群盗」。18世紀ドイツの文学運動シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)の代表作のひとつです。主人公は貴族の生まれで、のちに貴族から金品を奪って貧しい人々を救う盗賊の群れ-群盗-の首領となるカール。主演をつとめる芹香斗亜(せりか・とあ)さんが、正義感あふれる若者を演じます。

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

 

 

主人公のカール役を演じる芹香さんは、スラリとした長身を活かし、どんな衣装もかっこよく着こなしていたのが印象的。「いいことも、悪いことも全てやってみたい」というヤンチャなカールですが、貴族の出ということもあり、佇まいにどこか気品がにじみ出ている青年を熱演。堂々と歌い上げるソロナンバーはもちろんのこと、従姉妹のアマーリアや異母弟のフランツと綺麗なハーモニーを奏でるデュエット曲も聴き応えたっぷり。アマーリアのほっぺをツンとしたり、アマーリアを後ろから強く抱きしめたりするところは、特に胸キュンが止まらない必見シーンですので、ぜひチェックしてみてください。

 

カールに想いを寄せる従姉妹のアマーリア役を演じるのは、天彩峰里(あまいろ・みねり)さん。可憐な風貌のアマーリアですが、性格は意外と気が強いところも。天彩さんはカールに恋心を抱きながらも、どこかつれない態度をとってしまう、いじらしくて、かわいいアマーリアを好演。思わずため息がこぼれてしまいそうなほど、純白のウエディングドレス姿がよく似合っています。天彩さんの慈しみに満ちたやさしい歌声も聴きどころのひとつです。

 

カールの異母弟であるフランツ役を演じるのは、瑠風輝(るかぜ・ひかる)さんです。燕尾服姿と長髪がよく似合っていて、カールとはまた違った魅力がある瑠風さんのフランツ。カールを陥れようとするところや、無理やりアマーリアを妻にしようとするところは、いかにも悪役という感じがありますが、物語の序盤でフランツの過去が描かれている分、彼を完全悪として見られない部分も。嫉妬心や怒りなど、さまざまな感情を丁寧に演じわけている瑠風さんの表情にも注目です。

 

カールの学友で、のちに群盗のメンバーとなるのが、穂稀せり(ほまれ・せり)さん、愛海ひかる(まなみ・ひかる)さん、雪輝れんや(せつき・れんや)さん、なつ颯都(なつ・はやと)さんの4人。風貌もキャラクターも四者四様で、物語に深みをもたせる役どころです。カールを含めた5人は、いいことも悪いことも共に行い、青春を謳歌しながら友情を深めていきます。歌やダンスも息ぴったりで、5人が醸し出す雰囲気は、まさに強い絆で結ばれた仲間そのもの。その友情が深まっていく過程を目の当たりにしているからこそ、迎える結末がよりグッと胸に響くものになっていました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの全文と大きいサイズの写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出しと写真>

 

■ベートーヴェンのピアノソナタ『月光』の旋律から静かに始まる冒頭

 

■父から見放され、勘当されたと思っていたカール。その裏には…

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

 

■義賊としてもてはやされた群盗たちは、やがて民衆からも敵視され…

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

 

■フィナーレは、キレキレの踊りと、うっとりするデュエットダンスで魅了

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

 

 

<ミュージカル『群盗-Die Rauber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より->
【大阪公演】2019年2月9日(土)~2月17日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【東京公演】2019年2月26日(火)~3月4日(月) 日本青年館ホール

 

<関連ページ>
宝塚歌劇団 『群盗-Die Rauber-』のページ
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/gunto/
梅田芸術劇場 『群盗-Die Rauber-』のページ
http://www.umegei.com/schedule/773/

 

 

宝塚歌劇 関連記事:

⇒すべて見る

 

宙組 関連記事:

⇒すべて見る

 

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

宝塚歌劇宙組シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-=撮影・橋本正人

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中田 ゆりな / 関西在住のフリーランスライター。旅行が趣味で、観光地を巡るのが大好き。毎週、神戸や大阪、京都にも足を運び、人気の観光地や穴場スポットを訪れています。日本各地のおいしいお土産を探すのも、楽しみの一つです。⇒中田ゆりなさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.