YouTubeで学ぶ英語:(42)MSと診断された女優セルマ・ブレアの新たな挑戦 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(42)MSと診断された女優セルマ・ブレアの新たな挑戦

筆者: 松中みどり 更新日: 2019年3月9日

 

2019年2月24日(現地時間)第91回アカデミー賞授賞式後のパーティに、多発性硬化症と診断されてから初めて公の場に現れた女優、セルマ・ブレアさんの姿がありました。今日の「YouTubeで学ぶ英語」は、彼女のインタビューをとりあげます。

 

YouTubeの「Actress Selma Blair opens up about 'tears' and 'relief' of MS diagnosis 」=GMA Good morning America チャンネルより

YouTubeの「Actress Selma Blair opens up about ‘tears’ and ‘relief’ of MS diagnosis 」=GMA Good morning America チャンネルより

 

 

セルマ・ブレア さんは、『キューティブロンド』や『ヘルボーイ』など人気映画への出演で知られています。一方で激ヤセ写真が出たり、飲酒などの問題を抱えていると言われたりして、「お騒がせ」女優と思われてきました。アメリカABCニュースのキャスター、ロビン・ロバーツさんの独占インタビューは、セルマさんがMS(多発性硬化症=multiple sclerosis)と診断されてから初めてのもので、病気が分かるまでの苦難の日々を正直に語っています。

 

MSと診断されて、どんなことを思ったかと問われたセルマさんの答えを聴いて、(  )の中を書き取って下さい。

 

 

  1. I cried. I had tears. 泣きました。They weren’t tears of panic. でもパニックを起こして流した涙ではなかったのです。
  2. They were tears of knowing I now had to give in to a body that had loss of control. それは、やっと分かったから流した涙でした。コントロール出来なくなった体にもう抗わなくてもいいんだって。
  3. And there was some(   1    ) in that. それは、一種の解放だったわ。’Cause ever since my son was born, I was in an MS flare-up and didn’t know.  息子が産まれてからずっとMSの発作が起きていたのに、自分でそうと分からなかったわけですから。
  4. And I was giving it everything to (     2    ) normal. 健康に見えるように全力を尽くしたわ。
  5. And I was self-medicating when he (   3   ) with me.  息子と一緒にいないときは、自分で判断して薬を飲んだり。And you know, I was drinking. お酒も飲みました。
  6. I was in pain. I wasn’t always drinking, but there were times when I couldn’t take (  4  ).  痛みが酷かったんです。いつでもお酒を飲んでたわけじゃないけど、飲まないと耐えられない時があったわ。
  7. And I was really struggling with, ‘How am I gonna get by in life? ’ どうやったら切り抜けられるんだろうって、本当に悪戦苦闘していたんです。
  8. And not (    5    ) seriously by doctors, just, ‘Single mother, you’re exhausted, financial burden, blah, blah, blah. 医者からも、まともに取り合ってもらえなかったの。「あなたはシングルマザーだから、過労でしょう」とか、「経済的な重荷」がどうしたこうしたって・・・。

 

*flare-up (名)発作、再発、病気の再燃

 

アメリカの映画業界で、難病を抱えながら最前線で活躍する俳優と言えば、マイケル・J・フォックスさんでしょう。「バックトゥーザフューチャー」などで人気絶頂の頃にはすでに症状があったというパーキンソン病であることを公表し、「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立して、病気の研究や啓蒙活動を続けています。セルマさんは、誰に相談していいか分からなかったとき、このマイケルさんに連絡したそうです。その部分を聴いて(  )の中を書き取って下さい。

 

 

  1. I said, ‘I don’t know (    6   ) to tell, but I am dropping things. I’m doing strange things’.  私は「誰にうったえたらいいのか分からないんですが、物をとり落とすし、おかしな振る舞いをするようになってしまったんです」と(マイケル・J・フォックスさんに)言いました。
  2. He got (   7   ) touch with me and we began conversations. マイケルさんが連絡をくれて、ふたりで話をするようになりました。
  3. So he really helped me. すごく助けてもらったんですよ。
  4. Plus I was like “I have Michael J. Fox’s email now.  My God, pretty cool. Like I’m cool” that I thought.  それに、私は、「マイケル・J・フォックスのメールなんて、すごい。カッコいいわ」なんて思ってたんです。Really he gives me hope. 本当に、彼には希望をもらいました。

 

多発性硬化症(MS)とは、感覚障害や運動麻痺など、色々な症状をおこす中枢神経系の病気です。人によっても症状が違い、再発と寛解を繰り返します。セルマさんは、このインタビューの時、症状が悪化していて、話すことが難しい状態でした。Spasmodic dysphonia =痙攣性発声障害をおこしていたのです。それでも、「私は話すわ」と語る部分を聴いて、( )の中を書き取って下さい。( )には複数の単語が入ります。

 

  1. I was a little scared of talking. 話すのが少しだけ怖かったんです。
  2. And even my neurologist said,  私の神経科のお医者さんもこう言ってました。
  3. ” No, this will bring a lot of awareness because no one has the energy to talk when they’re in flare-up. ”  (私が話すことで)病気への関心が高まるだろう。発作が出ている時には話をするエネルギーが残っている人はいないからと。
  4. (                  8                ) でも私には話すエネルギーがあるわ、だってカメラが大好きなんだもの!

 

「私はまだ女優よ、私が一家の稼ぎ手なんだから」と笑うセルマさん。NetflixのドラマAnother life に出演することが決まっています。素晴らしい。これからも応援したいです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、聴き取りの答えと解説、セルマさんが特別製の杖と虹色のドレスで登場したオスカ―ナイトの動画も紹介しています。ぜひご利用ください。質問がありましたら、コメント欄にお寄せ下さい。お待ちしています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

■聴き取りの答えと解説

■レッドカーペットに帰ってきたセルマ・ブレア

■セルマさんのインタビュー動画

 

 

<関連リンク>

Selma Blair  twitter  ページ https://twitter.com/selmablair

Selma Blair  Instagram ページ  https://www.instagram.com/selmablair/

GMA ABC  (Good morning America) Youtube  チャンネル

 

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.