「ある時、ぐいっとわかった瞬間があった」、小早川俊輔インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「ある時、ぐいっとわかった瞬間があった」、小早川俊輔インタビュー(下)

筆者: 吉野 淡雪 更新日: 2019年4月12日

 

2019年4月13日(土)に横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホールで開幕(4月13日と14日はプレビュー公演)する舞台『Being at home with Claude~クロードと一緒に~』。Blanc(ブラン)とCyan(シアン)のWチームで上演されるこの作品で、Cyanで主演を務める小早川俊輔さんのインタビュー、後半です。小早川さんが俳優を志したきっかけとこれまでの道のり、そして今作につながるご縁についてお話を伺いました。

 

小早川俊輔さん=撮影・NORI

小早川俊輔さん=撮影・NORI

 

 

――小早川さんが、一番最初に職業としての俳優を意識されたのはいつからですか?

 

中学3年生の時です。誰しもが将来のことを考え始めるタイミングですが、自分が興味を持っていたのは、職業よりもなによりも、なにが「かっこいい」のかということだったんです。「かっこいい」にも色々ありますよね、容姿がいいとか、スポーツができるとか。でも、そういうこととは違う、外面ではないかっこよさとは、どんなものがあるだろうと考えていました。そんな時に、テレビで『明日の記憶』という映画が放映されているのを見たんです。主演の渡辺謙さんがアルツハイマーの病になる役なんですが、それを見た時に「なんてかっこいい大人なんだ!」と、純粋に思いました。「本当はアルツハイマーではない人が、アルツハイマーの人になりきって、本物の涙を流してる」って。そのお芝居をされている姿のかっこよさに衝撃を受けたのが、僕にとっての俳優を志すきっかけでした。

 

それから自分もお芝居をやってみようと思ったのですが、高校の演劇部は自分がやりたいこととは違う気がして入部せず、それまでずっと続けてきたサッカー部を選びました。初めて舞台に立ったのは、大学の劇研の新人公演の時です。大学は芝居ができるところということで選びましたし、そこはいろんな方を輩出している劇研だったので、そんな方々が歩んだ道には何かがあるのではないかと思い必死に食らいつきましたが、そこでは自分の求めているものには出会えませんでした。劇研を辞めてからは、大学に通いながら小劇場に出させていただいたり、オーディションを受けたりしましたが、そのころの自分は単純に楽しいからというだけでやっていたのだと思います。サッカーを始めたての頃に、ボールを蹴るのが楽しいのと同じ感覚ですよね。

 

転機といえるものがあるとすれば、本当の意味でお芝居が面白いと思えた瞬間が訪れた時ですね。きっかけは、今回の演出家の保科由里子さんとの出会いでした。18歳の頃、人生で初めての「レッスン」を受けたのですが、それが保科さんの演技レッスンでした。通い始めたころは、レッスンを受けること自体に疑問を感じたり、教えていただく内容にもわからないことが多くて、今思い返すとツンツンしていたと思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、演出家の保科由里子さんから学んだこと、『テニスの王子様』出演などについて話してくださった内容など、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「ぐいっ」とわかった瞬間に得た「楽しい」という感覚は今でも特別です

 

■やってみたい2人芝居を見つけた。でも、作品を思い出で終わらせたくない

 

■『テニスの王子様』で得たもの、学べたことは本当に大きいものでした

 

■全身全霊で臨んでいる『クロードと一緒に』、その醍醐味を味わっていただけたら

 

 

<舞台『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』>
【東京公演】2019年4月13日(土)~4月28日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
(4月13日と14日はプレビュー公演)
【Blanc(ブラン)チーム】演出:田尾下哲
出演:松田凌、石橋祐、福澤重文、鈴木ハルニ
【Cyan(シアン)チーム】演出:保科由里子
出演:小早川俊輔、根本正勝、川野直輝、澤田拓郎
公式サイト
https://www.zuu24.com/withclaude2019/
公式ツイッター
https://twitter.com/withClaude
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/withclaude

 

<チケット>
【一般】全席指定 8,300円
【学生】当日引替券(各回20席限定) 3,900円
【プレビュー公演】(Cyan 4月13日/Blanc 4月14日) 3,900円
カンフェティ
https://www.confetti-web.com/search_result.php?search_text_post=withclaude
イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/2885280001
チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1906859

 

<小早川俊輔(こばやかわしゅんすけ)>
1993年10月12日生まれ、大阪府出身。2013年、舞台『飛龍伝』以降、ミュージカル『テニスの王子様 3rdシーズン』(2016~2018)『プリンス・オブ・ストライド』(2017)などに出演。2018年には『白痴』、『銀河英雄伝説Die Neue These』でそれぞれ主演を務めている。2016年4月から、TV情報番組「猫のひたいほどワイド」(tvk)の番組リポーターに就任。最近ではドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(2019・テレビ朝日)に出演するなど幅広く活躍中。

 

<関連リンク>
小早川俊輔 Twitter
https://twitter.com/kbykw_shnsk
小早川俊輔 公式ブログ
https://ameblo.jp/shunsuke-kobayakawa/

 

クロードと一緒に 関連記事:

⇒すべて見る

 

小早川俊輔 関連記事:

⇒すべて見る

 

※小早川俊輔さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月11日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小早川俊輔さん=撮影・NORI

小早川俊輔さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>吉野淡雪(よしの・あわゆき)  ライター インディーズバンドを主体とする音楽ミニコミ誌のライターをきっかけに文筆活動を開始。以降、ジャンルを問わず、独自の活動を続ける魅力的なアーティストのお手伝いとしてインタビューやレポートを執筆中。三度の飯より観劇が好き。心をゆさぶられると、ついつい書き残さずにはいられない性分で、そこから広がったご縁はなによりの宝物。実家の猫”ひな”5歳とは、ちょっとしたライバル。 ⇒吉野 淡雪さんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. 水引 より:

    素敵なインタビューありがとうございました!小早川くんがこの作品を演じるにあたってのバックボーンを知る事が出来て、より深くこの作品を楽しむことが出来ました。ここまで深く掘り下げたインタビューを読む機会が無かったので、小早川くんはこんな事を考えているんだと新たな発見もありました(笑)天性の思慮深さとお芝居へのまっすぐな気持ちが小早川くんの人を惹きつけるお芝居に繋がっているんですね。これからも小早川くんを微力ながら応援していきたいなと思いました。

  2. くらげ より:

    上に引き続き素敵な記事をありがとうございます。
    小早川さんの演技に対する考えや、紡ぎだす言葉にとても感動しました。
    ひとつひとつの事柄に丁寧に向き合う姿が伝わってきて、役者として目指すもの、人としての芯の強さにより魅力を感じました。
    これからも記者の方や、保科さんをはじめとした素敵な出会いがありますようささやかながら応援したいと思います。

  3. ユキハル より:

    小早川さんの役者としての強い思いが伝わってきました。
    「クロードと一緒に」ではどのような姿を見せてくれるのか楽しみです。
    Wキャストにより、同じ作品でありながら全く違う舞台になりそうですね!
    人と人との繋がり…皆さんがどのように表現されるのか心待ちにしています。

  4. ふくらしこ より:

    俳優・小早川俊輔の生い立ちに迫る素敵なインタビューをありがとうございます!保科さんとの関わりも知れて、より公演が楽しみになりました。
    また「作品を思い出で終わらせたくない」という言葉に感銘を強く受けたので、小早川さんが多くの人に作品を届けられるようにこれからも細やかながら応援して行きたいです。

  5. すず より:

    インタビュー記事で小早川くんが役者を志すきっかけやなぜあの大学を選んだのかわかって良かったです。クロード本当に楽しみです。公演観劇後にもう一度前編から読み返してみようと思います。

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.