脚本・作詞・訳詞・翻訳の高橋亜子さんがゲスト、4月12日に「Bumpy Lens」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

脚本・作詞・訳詞・翻訳の高橋亜子さんがゲスト、4月12日に「Bumpy Lens」

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年3月30日

 

フォトグラファー・ライターの岩村美佳さんが、ゲストの「舞台仕事のトップランナー」の素顔を“深掘り”するトークイベント「Bumpy Lens ~劇場で出会ったクリエティブな人たち~」の第10回が、2019年4月12日(水)に丸の内 vacansで開かれます。ゲストは、脚本・作詞・訳詞・翻訳の高橋亜子さんです。

 

高橋亜子さん

高橋亜子さん

 

 

<ナビゲーター 岩村美佳さんより>

昨年4月に第1回を開催した「Bumpy Lens」の記念すべき第10回のゲストは、脚本・作詞・訳詞・翻訳の高橋亜子さんをお迎え致します。この企画をはじめた頃から、ぜひご登場いただきたかった方。日本語の魅力を知り尽くした方ではないでしょうか。日本人があたりまえに日常的に使う“日本語”。舞台のなかで、演者が心をのせることができ、なおかつ、効果的に観客の心に届く言葉は何なのか。さらには、違う言語を訳して、日本語で元の音符にのせるという難しさ。その言葉に日々向き合っている亜子さん(ご快諾いただいたのであえて“亜子さん”と呼ばせていただきます!)に、その方法論や秘密を伺っていきます。

はじめてお会いした亜子さんは、一見ほんわかムード。かと思えば、第一線のクリエイターならではの、鋭い切れ味のお話の数々。今のお仕事にたどり着くまでの人生をお伺いすると、意外な面白いエピソードがたくさんありました。なかなか知ることのない、そんなお話も伺っていきます。帝国劇場すぐ近くの新しい空間で、一緒に亜子さんワールドに包まれましょう。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

<脚本・作詞・訳詞・翻訳 高橋亜子さん >

ミュージカル劇団フォーリーズ出身。脚本、作詞、訳詞、台本の翻訳を手がける。近年の主な訳詞作品に、『メリー・ポピンズ』、『ビリー・エリオット』、『ジャージー・ボーイズ』、『シークレット・ガーデン』、『パレード』、『紳士のための愛と殺人の手引き』、『デスノート The Musical』、『 Red Hot and COLE』、映画『メリーポピンズ・リターンズ』、上演台本と訳詞を兼ねるものに、『トップ・ハット』、『ソーホー・シンダーズ』、『深夜食堂』、オリジナル作品に『ハル』などがある。

 

 

<Bumpy Lens #10 ~劇場で出会ったクリエイティブな人たち~>
日時:2019年4 月12 日(金)19:00-20:30*18:30 開場
会場:丸の内 vacans(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2F,FLOCブロックチェーン大学校内)
https://vacans.tokyo
出演:ゲスト高橋亜子(脚本家、作詞家、訳詞家、翻訳家)
ナビゲーター岩村美佳(フォトグラファー/ライター)
申込:特設WEBページにて予約受付中
https://www.marunouchi-musical.org/events/bumpy-lens-10
参加費:4,000 円(好評につき、残席わずか!)
お問い合わせ: theatre.at.dawn@gmail.com

 

※会場の「丸の内 vacans」は、2018年12月オープン。丸の内仲通りに面し、帝国劇場のすぐ裏という好立地。ブロックチェーンやその他多彩なテーマでのセミナー、イベント会場として場を提供している。キャッチコピーは「余白を楽しむコミュニティスペース」。帝国劇場と丸の内仲通りバカラショップの間、国際ビルエントランスを入り、目の前の階段を2Fへお上りください。

会場:丸の内 vacans

会場:丸の内 vacans

 

 

Bumpy Lens 関連記事:

⇒すべて見る

 

高橋亜子 関連記事:

⇒すべて見る

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.