ビゼーの運命と劇中劇を重ねて、THE REDFACE『カルメン・オペラコミック』ルポ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

ビゼーの運命と劇中劇を重ねて、THE REDFACE『カルメン・オペラコミック』ルポ

筆者: 堀内優美 更新日: 2019年5月22日

 

作曲家、ジョルジュ・ビゼーの人生と、『オペラ・カルメン』の登場人物を重ね合わせた劇団「THE REDFACE」(ザ・レッドフェイス)の舞台『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)が、2019年4月13日(土)に、神奈川の横浜市開港記念会館で上演されました。オペラの中にフラメンコや芝居を融合させ、「オペラコミック」として独自の世界観を創り上げた作品の神奈川公演の様子をお伝えします。

 

THE REDFACE『Carmen Operacomic』神奈川公演より=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

THE REDFACE『Carmen Operacomic』神奈川公演より=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

 

作曲家のジョルジュ・ビゼー(芦沢真理)は新作『オペラ・カルメン』を生み出し、初演します。しかし、題材の主役であるカルメン(新宮由理)が下層階級の女性で、結末が死ということから、当時のブルジョワからは駄作だと酷評されます。その3ヶ月後、ビゼーは36歳という若さで他界します。彼の死後、妻のジュヌヴィエーヴ(新宮明日香)は『オペラ・カルメン』を監修し、新たな命を吹き込んで再演。『オペラ・カルメン』を成功に導いたのでした。

 

 

冒頭に登場したのは、榊原利彦さんが演じるストリーテラーの怪人、サー・トーマス。ビゼーの人生と劇中劇『オペラ・カルメン』の2つの物語の同時進行を、彼がわかりやすく観客に伝えられていきます。

 

カルメンを演じたのはメゾソプラノ歌手の新宮由理さん。初演から主人公カルメンを演じ、迫力ある歌声で、魅力的に数々の男たちを虜にしていきます。貫禄と色気を持ち合わせたカルメンの存在感はさすがで、ドン・ホセを誘惑するシーンや、エスカミーリョと歌う場面は息を飲むほど官能的で美しかったです。

 

ドン・ホセに思いを寄せるミカエラを演じたのは、ソプラノの五東由衣さん。清純で美しい心のミカエラはまるで一輪の花が咲いたような存在感でした。ビゼーの愛人で、ビゼーの子どもを産んだマリテレーズとの二役を彼女が演じることで、2つの物語が並行して進んでいくことを示します。衝撃的なラストシーンの演技力が見どころです。

 

カルメンの虜になったせいで、悲しいほどに人生があっけなく崩れていくドン・ホセを演じたのは、テノールの内田由則さん。魔性の女に翻弄される無垢さに、見る側も心をつかまれていきます。カルメンとドン・ホセが愛の言葉を歌で交わし合う場面はうっとりするほど美しかったです。

 

そして、劇中劇でもある『オペラ・カルメン』も見逃せません。ビゼーの運命と人間模様を重ね合わせられて進行していくのが、この物語の見どころです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)公演ルポの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■闘牛士のエスカミーリョ役はバリトンの月野進さん。カッコイイ!と心の中で叫んでしまうほど

 

■フラメンコは影山奈緒子さんと伊集院史朗さん。パーカッション、フルートで独自のスタイルに

 

■貫禄のある芝居の三井伸介さん。シリアスな展開の時でさえ、客席に笑いが起きた今若孝浩さん

 

■ビゼーの妻、ジュヌビエーヴ役には新宮明日香さん。カルメンと重なる心の変化を巧みに表現

 

■サー・トーマス役の榊原利彦さんがフランス語の歌の意味を、彼の言葉で解説するところがツボ

 

 

<『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)>
【愛知公演】2019月1月14日(月) 愛知県芸術劇場 小ホール(この公演は終了しています)
【神奈川公演】2019年4月13日(土) 横浜市開港記念会館(この公演は終了しています)

 

THE REDFACE 今後の予定

<舞台『七慟伽藍 其の二十』>
【神奈川公演】2019年6月29日(土)~6月30日(日) 横浜情報文化センター 情文ホール
公式ページ
https://theredface.stage.corich.jp/
CoRich舞台芸術!のページ
https://stage.corich.jp/stage/100113

 

<関連ページ>
榊原利彦 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/sakaki-blog/
榊原利彦 公式ツイッター
https://twitter.com/4g5gtv
榊原利彦 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/sakakibara.toshi/
『THE REDFACE』 公式ページ
https://theredface.stage.corich.jp/

 

榊原利彦 関連記事:

⇒すべて見る

 

REDFACE 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

THE REDFACE『Carmen Operacomic』神奈川公演より=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

THE REDFACE『Carmen Operacomic』神奈川公演より=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>堀内優美(ほりうち・ゆみ) フリーライター。兵庫県出身。行政の広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。女性ならではの繊細な感性で描くコラム、自身の経験を生かしたエンタテインメント分野の執筆・取材を得意とし、新聞・雑誌・WEBにて連載中。司会者、ナレーター、講師としても活動している。 ⇒堀内優美さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.