「何回見ても爆笑を取れるものを」と、「THE REDFACE」榊原利彦インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「何回見ても爆笑を取れるものを」と、「THE REDFACE」榊原利彦インタビュー(上)

筆者: 堀内優美 更新日: 2019年5月20日

 

ドラマや舞台で活躍している榊原利彦さんのインタビューを上・下にわたって紹介します。19歳で芸能界入りし、パフォーマンスユニット「幕末塾」の一員としてデビュー、テレビドラマや映画、Vシネマなどに出演している榊原さん。2006年からは劇団「THE REDFACE」を主宰し、演出・主演を務めています。インタビュー「上」では、俳優になったきっかけや「幕末塾」時代のこと、ドラマ『スクールウォーズ2』、Vシネマ『仁義』のエピソードを、5月21日(火)に掲載するインタビュー「下」では、「THE REDFACE」を立ち上げたきっかけや、劇団の特徴、今後の展望などについて伺ったお話を紹介します。また、5月22日(水)には、2019年4月13日に横浜市開港記念会館で上演された「THE REDFACE」の舞台『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)の公演ルポを掲載します。

 

榊原利彦さん=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

榊原利彦さん=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

 

 

――俳優になったきっかけをお話しください。

 

高校生の時、原宿を歩いていたら、スカウトされたんです。「アイドルワンダーランド」というところでバイトしながらデビューさせるという話でね。当時の僕はアイドルということ自体にアレルギーがある人だったんですが、「とにかくオーディションに来てくれ」と言われて、受けに行ったら1位で通過しちゃって。それでしばらくは日当のいいアルバイトをしていたんですが、「これだとちょっとだめだろう」ということになって「幕末塾」というパフォーマンスユニットのグループを組んで、『ナイスガイ・コンテスト』に出場したんですよ。そこでグランプリになったのが吉田栄作さんで、僕らは準グランプリを受賞し、太田プロダクションにお世話になることになり、そうしていると、瞬く間に売れちゃったんですよ。とはいえ特別に歌が上手いわけでもなかったので、「何をやりたいんだ」といったことを聞かれたときに、「タレントというのとも少し違うから、やっぱり俳優だなぁ」と思ったのが、俳優になるきっかけになりました。

 

――「幕末塾」はアイドルグループですよね。スタートはアイドル?

 

そうです。スタートは「幕末塾」で、ちょうど19歳のときです。「幕末塾」はもともとパフォーマンスグループとして活動していて、男っぽい感じでいこうということでスカジャンを着てたんですが、事務所に入ると「男の子の場合は、もう少しかわいい路線の方がうけるだろ」ということになったんです。メンバーのみんなも歌手よりも役者をやりたいと言っていたので、秋元康さんにプロデュースをお願いし、「歌って、踊って、芝居もできる男たちの劇団で行こう」ということになりました。幕末塾のメンバーは10人だったんですが、芝居の基本はコントだからということで、シリアスでありながらも究極の場面で面白さを追求していこうと、一番最初にコントをやりはじめました。「ちょっとハプニングを起こして笑わせる小手先笑いみたいなものだと誰でも笑えるし、1回見たら笑えないから、きちんとしたネタを作れ。何回見ても爆笑を取れるものを作らないとダメなんだ。それが芝居なんだよ」とすごく怒られましたね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ドラマ『ええにょぼ』『スクールウォーズ2』『仁義』シリーズについてのエピソードなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月21日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、劇団「THE REDFACE」を立ち上げたきっかけや劇団の特徴などインタビューの後半の全文を掲載します。5月22日(水)には、2019年4月13日に横浜市開港記念会館で上演された「THE REDFACE」の舞台『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)の公演ルポを掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■緒形拳さんは「アクションできないヤツは、イモだ。すぐにひっくり返る」と

 

■(朝ドラ『ええにょぼ』で戸田菜穂さんの夫役)関西弁を覚えるのに苦労しました

 

■『スクールウォーズ2』は、いきなりジャージを差し出されて。みんなやんちゃで

 

■『仁義』ではカースタントも全部自分でやっていました。足の骨はよく折りました

 

■リキ(竹内力)さんとは20年。リキさんのセリフを僕がしゃべることになったことも

 

 

<『Carmen Operacomic』(カルメン・オペラコミック)>
【愛知公演】2019月1月14日(月) 愛知県芸術劇場 小ホール(この公演は終了しています)
【神奈川公演】2019年4月13日(土) 横浜市開港記念会館(この公演は終了しています)

 

THE REDFACE 今後の予定

<舞台『七慟伽藍 其の二十』>
【神奈川公演】2019年6月29日(土)~6月30日(日) 横浜情報文化センター 情文ホール
公式ページ
https://theredface.stage.corich.jp/
CoRich舞台芸術!のページ
https://stage.corich.jp/stage/100113

 

<関連ページ>
榊原利彦 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/sakaki-blog/
榊原利彦 公式ツイッター
https://twitter.com/4g5gtv
榊原利彦 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/sakakibara.toshi/
『THE REDFACE』 公式ページ
https://theredface.stage.corich.jp/

 

榊原利彦 関連記事:

⇒すべて見る

 

REDFACE 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※榊原利彦さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月20日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

榊原利彦さん=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

榊原利彦さん=撮影・堀江男二、写真提供・THE REDFACE

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>堀内優美(ほりうち・ゆみ) フリーライター。兵庫県出身。行政の広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。女性ならではの繊細な感性で描くコラム、自身の経験を生かしたエンタテインメント分野の執筆・取材を得意とし、新聞・雑誌・WEBにて連載中。司会者、ナレーター、講師としても活動している。 ⇒堀内優美さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.