「思ったことを口にして、ちゃんと意思疎通できる人」、中川晃教&加藤和樹対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「思ったことを口にして、ちゃんと意思疎通できる人」、中川晃教&加藤和樹対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年9月10日

 

2019年9月14日(土)からKAAT神奈川芸術劇場で上演される、新作ミュージカル『怪人と探偵』に出演する、中川晃教さんと加藤和樹さんの対談インタビュー後半です。初めての共演からまもなく3年となるおふたりに、お互いのことについて伺いました。公私ともに信頼を寄せるおふたりならではのお話をお届けします。新作ミュージカル『怪人と探偵』は、江戸川乱歩が生み出した、日本文学史上最も有名なふたり、怪人二十面相と明智小五郎を主人公に、『少年探偵団シリーズ』など乱歩作品に登場するキャラクターたちが、騙し騙される華麗な対決を繰り広げる、新作ミュージカルです。中川さんが怪人二十面相を、加藤さんが明智小五郎を演じます。

 

中川晃教さん(右)と加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

中川晃教さん(右)と加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

 

ーー『フランケンシュタイン』ではじめて共演されてから、共演作品としては2作品目ですが、お互いの舞台を観たり、いろいろ交流もしつつ、3年近く経つなかで、お互いの変化や進化を見ていますよね。今一緒に作っていて、どんな風にお互いのことを思っていますか?

 

加藤:僕はアッキー(中川)さんに関しては、これはいい意味で変わらないなと思っています。ちゃんと自分を持ったうえで、その作品に、じゃあ自分がどういう立ち位置で取り組めばいいのかと理解していて、その作品で脚本を読んでいっても、疑問を持ったことをすぐに役者にぶつけてくれるんです。先日も『Brand New Musical Concert 2019』の楽屋で話し合ったりしていたんですが、自分たちの役割としてはこうだよねという意思確認をちゃんとしてくれる人。意外と実は役者同士ってそういうことを話し合わないことが多いんですよ。自分は自分で考えてやっている人が多いので、その意思疎通ができる俳優の先輩が、僕のなかでは他にいなくて。一緒に作品を作り上げているんだなという感覚にもなりますし、だからこそすべてを委ねてぶつけられる存在なので、絶対的な信頼もありますし、僕が疑問に思ったことを言える。より作品に対しての絆が深まりますよね。

 

中川:だから僕の戒めなんです(苦笑)。

 

ーー戒め?

 

中川:例えば舞台稽古中に「僕は楽屋から出ません!」と鍵を閉めるとか、いろんな失敗もしてきたわけですよ。そのなかで、いろんな先輩方からいろんなことを教わりながらここまで来たんです。先ほど、「安心感がある」と言い当ててくれましたが、そのとおりなんです。ふたりでこの作品を牽引していかなければいけないわけで、もちろんふたりだけでは形にならないですから、カンパニー全員がひとつの気持ちになっていく。言葉でいうのは容易ですが、それをどう行動に、また心のなかで思ってこの作品の幕を開け、閉じるところまでやりきるのか。それぞれ向き合い方も違いますし、意思疎通は人に対して、作品に対して、愛がなければいけない。それは作品が成功するためにであって、自分のためにではないんです。どこかそういう強い意思、プロ意識が、お互いのなかにあるんだなと思えるところまできた3年間のなかで、この作品で僕たちが再び出会えました。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク(中川晃教):松本ミキ

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、お互いの存在について感じていることや、作品への思いなどインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■中川:役同士でも、人としても、すごくパートナーだなと思える3年間になりました

 

■中川:この人がいなくなったら、広い海のなかで遭難です 加藤:ちゃんと見つけますから

 

■加藤:(『怪人と探偵』は)大げさなことをいいますが、新たな時代の幕開けの作品になる

 

■中川:緻密な積み重ねのなかで出来上がる、ミュージカルは文学的な理数系

 

 

<ミュージカル『怪人と探偵』>
【神奈川公演】2019年9月14日(土)~9月29日(日) KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
【兵庫公演】2019年10月3日 (木) ~10月6日 (日)  兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
http://www.parco-play.com/web/play/kaijintotantei/

 

<関連リンク>
中川晃教 オフィシャルサイト
http://www.akinori.info/
中川晃教 オフィシャル Twitter
https://twitter.com/nakagawa1982aki
ASSIST| 加藤和樹 Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹 Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
加藤和樹 IMPERIAL RECORDS
http://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/

 

 

怪人と探偵 関連記事:

⇒すべて見る

 

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

※中川晃教さんと加藤和樹さんのサイン入りチェキ写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月9日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

中川晃教さん(右)と加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

中川晃教さん(右)と加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. かっぱ座衛門 より:

    お二人のコメントから「怪人と探偵」という作品を大切に、未来あるコンテンツとして盛り上げようという意識を強く感じました。観る側の人間としては、演者の方がプロ意識を強く持って取り組んでくださることに感謝しかありません。
    加藤さんは見た感じクールな方かと思いきや熱いものを持ってらして、先輩の中川さんはその加藤さんの気質を引き出すのが上手い方なのかなと思いました。中川さんも加藤さんに信頼を寄せていらっしゃって、リスペクトし合えるとてもいいコンビだと思いました。
    楽しい対談を有難う御座います!

  2. ピーチ より:

    『怪人と探偵』を複数回鑑賞させて頂きました。
    とても素晴らしい作品でした!
    こちらの対談で加藤和樹さんと中川晃教さんがおっしゃっている通り、日本のミュージカル史における歴史的な瞬間に立ち会えた気がしています。
    お二人とも、今後の日本ミュージカル界を牽引なさっていって下さい!
    心より応援しています。

  3. シャンこ より:

    日本オリジナルのミュージカルを作り出すカンパニーの先頭に立つお二人の、作品にかける愛と、おふたりだけに通じる愛も話して頂き、作品を観る前から、そして終わった今も、
    愛について考える時間を頂きました。これからもお二人の共演作品をアイデアニュースさんに
    伝えて頂きたいです。

  4. RYU より:

    昨日の横浜千穐楽を観てきました。そして今、この記事を読むという(笑)
    計3回観たのですが、観るたびに熱く深くなっていき、新作オリジナルってこういうことなのだ!、と思いました。2人の対決、また観たいです!

  5. よもぎ より:

    加藤和樹さんの記事が出る度に(と言ってもファン歴が浅いので最近ですが)有料登録させていただいています。
    インタビューもお写真もいつも素敵で、この内容で300円でいいのかな、なんて思ったりもします(笑)
    これからも加藤和樹さんの素敵な記事を楽しみにしています!

  6. まのか より:

    お二人の作品にかける熱い思いを感じる記事でまた今すぐにでも観に行きたいと思える内容でした。お写真も憂いを含んだお二人の表情と光と影の具合が作品ともリンクしてとても美しくて見とれてしまいました。ありがとうございました

  7. たかこ より:

    お二人の作品に寄せた熱い想いと、他ではなかなか触れることの出来ない素直な想い、いつもながらステキな写真の数々!楽しく読ませていただきました。きっとたくさんの人々の記憶に残り日本のミュージカルの歴史に残る作品になると思います!この歴史に立ち会いに劇場に向かいます!

  8. 咲咲 より:

    岩村さんの記事を読んで、中川さんと加藤さんのお二人が、このオリジナルミュージカル「探偵と怪人」にかける思いがとにかく凄い!ということが良く分かりました。
    観劇が楽しみで待ち遠しいです。きっと期待を裏切らない舞台が観れると思っています。
    そして、そう思わせてくれるのも岩村さんの記事のおかげです。これからも楽しみに読ませていただきます。

  9. フーコ より:

    一回目はただ楽しんで、二回目は役者の奥に込めた想いを観る、三回目は・・・何度出かけても楽しめそうです。
    心まで開いて鑑賞したいと思います。(今作は帰り道であの曲を口ずさむだろうな)

  10. りー より:

    フランケンシュタインの共演から、お二人の絆が想像より深まっていた事を知れた読み応えのある記事でした。新作ミュージカルに対する真摯な気持ちが伝わってきて、更に加藤さんと中川さんを応援したい気持ちが強くなりました。いつも素敵な写真もありがとうございます。

  11. ユウ より:

    後編の記事も楽しく読ませていただきました。
    今回はお二人の絆、信頼し合っていることが言葉一つ一つからしっかりと伝わってくるインタビューでした。
    このお互いを信じぶつけ合えるお二人だからこそ表現できる、お互いを認め合うライバルとして戦いを楽しんでいる怪人と探偵の姿を劇場で観られるのを楽しみにしています。
    また、お二人の日本のミュージカルへの熱い思いが語られていて、日本発ミュージカルの新たな幕上げを目撃したいと思います。

  12. ももこ より:

    怪人と探偵の記事をきっかけに登録させて頂きました。お二人の関係性が覗ける、雰囲気を感じ取れる記事で楽しく読ませていただきました。作品について、また作品にかける思い。更に稽古場での様子。また間には作品が出来るまでの誕生秘話のようなことも少し聞けたり、色々な面でのお話を聞ける記事でした。これからもここならではの鋭い視点による楽しい記事、楽しみにしています。また、公演中だったり公演後などの記事もあったらいいなと思っています。そういった記事はあまり見かけないので。
    お写真も嬉しいので、これからも記事と写真、両方を楽しめる記事期待しています!

  13. あきこ より:

    いつも岩村さんの記事は一歩踏み込んだ内容で読み応えがあります。
    上下通して読ませていただきましたが、中川さんと加藤さんの信頼関係の本質を知ることが出来ました。加藤さんよりも中川さんの方がとても頼りにしている印象が意外でしたが、そこをしっかりと受け止めるのが加藤さんらしいとも。
    雪之丞さんと白井さんのタッグ、最高じゃないですか!おふたりの本気のぶつかり合いをもうすぐ拝見できるのを楽しみにしています。

  14. 明日香 より:

    日本発の新作ミュージカルであるということがどんなに特別で大変で凄いことなのかが分かり、期待が更に高まりました。お二人の仲の良さや信頼感が伝わってくる素敵な記事をありがとうございました!

  15. taro より:

    熱く深い、おふたりの思いが犇々と伝わってきました。

  16. のこ より:

    後半の記事もお写真も素晴らしくて、一気に拝読いたしました。
    お二人の信頼関係についてより深く知ることができましたし、日本発の新作ミュージカルに対するお二人の熱い思いも、強く伝わってきました。
    公演を観に行けることを誇りに思います!

  17. りかりん より:

    前半も良かったですが後半の内容が素晴らしい。中川さんと加藤さん、今までも信頼し合う仲であることは他記事でも存じ上げてましたが、こちらのインタビュー記事ほどお二人の空気感や共通の熱い思いが臨場感を持って伝わってきたのは初めてではないかと思いました。ありがとうございました。怪人と探偵、本当に楽しみです。

  18. あすか より:

    いつも素晴らしいインタビュー記事をありがとうございます。上下共に読み応えがあって、ゆっくり時間をかけて楽しませていただきました。怪人と探偵を劇場で観るのが楽しみです。新たな歴史の始まりを目撃させていただきます!

  19. say より:

    いつもながら上下共にとても読み応えのある記事でした。岩村さんの撮るお二人の写真も素敵です。熱い思いが詰まった『怪人と探偵』もいよいよ開幕ですね。ますます楽しみになりました。

  20. リナ より:

    早速(下)の公開、ありがとうございます!
    さらに深く掘り下げられたお二人のお話、とても興味深く読みました。
    中川さんから投げかけられた鋭い言葉を受けた加藤さんが反応して信頼が生まれたという、お二人の関係の原点を知ることができて嬉しかったです。
    また、怪人と探偵を今観ることの意味を力強く語られていたので、心して観たいと思います!
    ミュージカルはロジックに基づいて計算されて作られていくものだというお話がありましたが、観る者の心を動かすのはそうやって細部まで突き詰める情熱なのかもしれない、などと考えました。
    逆に観る側としては、まずは頭を使わずに受け止めてみたいと思うようになりました。
    その時が楽しみです!


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.