YouTubeで学ぶ英語:(49)世界難民の日 フレディ・マーキュリーへのメッセージ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(49)世界難民の日 フレディ・マーキュリーへのメッセージ

筆者: 松中みどり 更新日: 2019年6月22日

 

2019年6月20日の「世界難民の日」に向けて、世界的な人気女優レナ・ヘディさんがビデオメッセージを公開しています。今日のYouTubeで学ぶ英語は、フレディ・マーキュリーへの敬意をこめた彼女の力強い言葉で、学んでいきましょう。

 

YouTubeの「Dear Freddie Mercury, A Letter from Lena Headey」= International Rescue Committeeチャンネルより

YouTubeの「Dear Freddie Mercury, A Letter from Lena Headey」=
International Rescue Committeeチャンネルより

 

GOTという略称で呼ばれる大人気の海外ドラマ「Game of Thrones:ゲーム・オブ・スローンズ」で、サーセイ・ラニスター役を演じ、ゴールデングローブ賞にもノミネートされたレナ・ヘディさんが、World Refugee Day :  世界難民の日に合わせてメッセージを発表しています。歌手であり、作詞家であり、作曲家であり、そしてrefugee だったクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーに宛てた言葉です。出だしの部分、( )の中を書き取ってください。

 

 

  1. Dear Freddie, what if the UK never welcomed you in? 親愛なるフレディ、もし英国があなたを迎え入れなかったら、世界はどうなっていたでしょう?

 

  1. Without a safe ( 1    ) to find your voice, the world would never hear it and so many would never find their (   2   ).   あなたが自分自身を見出させるほど安心できるホームがなかったら、世界はあなたの声を聴くことができなかったはず。そしてあなたの声がなかったら、多くの人が、自分自身を見出すことができなかったはずです。

 

 

タンザニアのザンジバル島で生まれたフレディは、ティーンエイジャーの頃家族と共に英国に逃れます。もし、英国が彼を受け入れなかったら、彼の名曲の数々は生まれず、彼の声が私たちに勇気を与えることもなかった…。このメッセージはIRC(International Rescue Committee : 国際救済委員会)がおこなっているキャンペーンの一環として発表されました。難民は、助けを必要としている非力な存在ではなく、コミュニティに多様性を与え、活性化させます。難民の中から素晴らしい人材が数えきれないほど生まれていることに目を向けるため、フレディ・マーキュリーを始め、アルベルト・アインシュタインやシャガールなどの著名な難民出身者をとりあげて、その活躍を讃える言葉が発表されたというわけです。

 

では、レナさんの残りの言葉を聴いて、(  )の中を書き取ってください。

 

 

  1. Your fearlessness would never embolden us all to be fearless. (もしあなたが難民として受け入れられなかったら)あなたの大胆不敵な姿が、私たちを勇気づけることもなかったでしょう。

 

  1. Your anthems (      3       ). あなたの讃美歌は沈黙したでしょう。

 

  1. We would never be (      4       ). あなたのいない世界では、私たちはチャンピオンになれません。

 

  1. Our world without you wouldn’t be as (      5         ), triumphant or brilliant. It just wouldn’t be our world. あなたのいない世界では、ラプソディもない、勝利も、輝きもなかったのです。私たちの世界は全く違うものになっていたでしょう。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、聴き取りの答えと解説、IRCが発表した別のビデオを載せています。ぜひご利用ください。質問もお待ちしています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

聴き取りの答えと解説

 

Dear Albert Einstein, a letter from Keegan-Michael Key

 

Dear Elie Wiesel, a letter from Mandy Patinkin

 

<関連リンク>

International Rescue Committee  YouTube チャンネル⇒https://www.youtube.com/user/theirc/featured

 

International Rescue Committee  ホームぺ―ジ⇒https://www.rescue.org/

 

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.